新宿ライフクリニック|眠気予防注射


《眠気予防注射》

注射の対応日は休日・平日問わず、月・火・水曜日になります。

カフェインによる眠気予防。

新宿ライフクリニック
院内処方

【眠気予防注射】 ... 1,000円

「眠気予防注射」とは、安息香酸ナトリウム・カフェインを注射です。
“ここぞ”と言う時の為の、頑張る方へご提案します。
眠気は、仕事や勉強の能率を下げます。
眠気をどう制御し能率を上げることは、人生のクオリティを左右すると言っても過言では有りません。
皆さんも、仕事や勉強を頑張るに当たり、マグにたっぷり入った熱いコーヒーが有効だったことを経験されたことはございませんか?
有史以来、人類がお茶やコーヒーなどの嗜好品を愛飲し続けてきたのは、単に嗜好品というだけでなく、眠気を制御する上での一つ方法でもありました。

仕事
料金表(価格)

新宿ライフクリニックは、カフェインの医薬品である安息香酸ナトリウム・カフェインを、提供いたします。
安息香酸ナトリウム・カフェインの効果は、眠気の改善のみならず、倦怠感の改善効果もございます。

新宿ライフクリニックが提案する「眠気予防注射」をお試しください。
さらに、疲労回復と滋養強壮に定評のあるにんにく注射、 肝機能低下の方には肝臓強化注射 を同時に行うことで、より効果が期待できます。

【カフェインとは】

カフェインとは、キサンチン誘導体の一種です。
茶葉の1~3%、またコーヒー豆の1~4%ほど含有されています。 カフェインは、水に溶けにくい性質が有すため、お茶やコーヒーで抽出できるカフェインは全体の一部に過ぎません。 そのため、お茶やコーヒーを摂取した場合でも、カフェインの量としては、僅かでしかありません。
つまり、その摂取法(投与法)が重要になります。
眠気予防注射は、直接血管内に安息香酸ナトリウム・カフェインを投与するため、非常に効率の良い方法です。

カフェインは、大脳の知覚や総合中枢に対する刺激作用を有すとされており、精神機能の亢進、思考や連想などの精神機能の改善、眠気や疲労感の除去などの作用を示します。
カフェインを上手に利用する事は、仕事や私生活上、様々な有益な効果をもたらします。
(ただし、カフェインの超大量摂取においては、中枢神経の興奮による不穏状態、耳鳴り、震え、動悸などを自覚する事が有ります。そのため、医師の管理の元、適正な使用が望まれます。)

【使用例】

眠気予防注射の、有効な使用例の一部を列記します。
・忙しい日中を過ごされた後、さらに、残業であったり勉強をしなければならない
・連日のハードワークによって疲労が蓄積しているが、まだ頑張らないといけない
・仕事の締め切りが迫っており、徹夜してでも完遂しなければいけない
・彼女との久しぶりのデートで頑張らないといけない
・仕事で疲労が蓄積しているが、休日は家族サービスで頑張らないといけない
・etc

このような例など、とにかく”頑張る”必要が有る方は、眠気予防注射を行うことで、倦怠感と眠気が消失し、活気を取り戻すことが期待できます。
睡魔が襲う食後などは、特に眠気予防注射は有効です。

【注意点】

コーヒーなどの服用後に落ち着きの無さ、興奮、不眠などの症状を呈し、この事によって苦痛を感じ、社会面などにおける機能障害を惹起される方は、カフェイン中毒である可能性があります。
このような状態の方には、眠気予防注射は投与する事が出来ませんのでご了承ください。
また、カフェインを一度に1.0g以上(眠気予防注射10回分以上)の過剰摂取は、中心神経への刺激により思考が混乱したり不整脈を生じる事が有ります。
カフェインの一度に10.0g以上(眠気予防注射の100回以上)の過剰摂取は、痙攣発作などの発生の可能性も有り非常に危険です。
当院では一度に投与できる眠気予防注射は1回分のみになります。

医者