エストロゲンとプロゲステロンの作用



エストロゲンとプロゲステロンと性周期

新宿でバイアグラは新宿ライフクリニック


【エストロゲンとは】
性ステロイドホルモン であるエストロゲンとは、主に卵胞から分泌される女性ホルモンになります。
卵胞ホルモンと呼ばれる事もございます。
卵巣の卵胞から主に分泌されますが、他にも副腎、胎盤、脂肪組織などからも分泌されます。
女性の内生殖器 また外生殖器 の形成・成長をコントロール致します。 第二次性徴においては乳房や子宮、外陰、膣などの発育を促進させます。
また、プロゲステロンと連動して、女性の生理周期をコントロールしています。
性ステロイド受容体と結合する事によって生理作用が発生します。
天然型エストロゲンの中で最も生理活性が高いのは、エストラジオールとされております。 その他にも、30種類近くのバリエーションが有るとされます。

エストロゲンは女性においては、 内性器・外性器の分化・発育から月経の形成など様々な生殖に関連した生理的作用を示す重要な内因性物質であり、 エストロゲンの分泌低下・分泌の消失は女性に更年期障害の発生から様々な症状を引き起こします。

実は、男性においても、女性ホルモンは分泌されております。
男性には卵巣が存在しないので、主に副腎や脂肪組織などから分泌されています。
また、逆に女性の体内でも男性ホルモンであるテストステロン は分泌され、それぞれ生理学的役割を果たしています。


【プロゲステロンとは】
主には女性の黄体から分泌されますが、胎盤で、また男性の睾丸、 そして男女の副腎皮質でも産生分泌される性ホルモンになります。
黄体ホルモンと呼ばれる場合もございます。
上記のごとくエストロゲンと連動して生理周期をコントロールするほか、 妊娠の成立や維持に働いたり、排卵抑制、乳腺の発育などにも関連します。

【女性ホルモン補充療法】
性ステロイドホルモンの女性ホルモンは、 体内において女性の内生殖器ならびに外生殖器の形成や生育をコントロールするほか、 乳腺の生育のコントロール、またプロゲステロンと連動して女性の生理周期のコントロール等を司ります。
性ステロイドホルモンのプロゲステロンは、手術的に卵巣を摘除したり、 また、自然な経過によって発症する更年期障害などに性ステロイド補充療法として使用される他、 補充療法とは少し使用のニュアンスが変動しますが、避妊目的のピルの成分として使用される事があります。


written by 新宿でレビトラなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠