PDE5阻害薬などのED/勃起不全治療薬の服薬指導を十分にすると患者コンプライアンスが上昇すると報告されています。



バイアグラ、レビトラ、シアリスの服薬指導とコンプライアンスの上昇

シルデナフィルは新宿ライフクリニック。


【バイアグラ、レビトラ、シアリスの服薬指導とコンプライアンスの上昇】
バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED/勃起不全治療薬の服薬指導、 つまり使用方法を患者さんに十分に説明すると、 患者さんの治療途中での脱落が予防される、 すなわち患者さんのコンプライアンスが向上するという報告が有ります。
バイアグラ、レビトラ、シアリスはPDE5阻害薬という薬剤グループに分類されるED/勃起不全の治療薬です。 バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのPDE5阻害薬は、 その登場からすぐにED/勃起不全治療のメインストリームとなり、 ED/勃起不全の治療メソッド自体を一変させる事に成功しました。 しかし、詳しくは後述しますが、これらの勃起改善薬は推奨される既定の飲み方、 使用方法が有り、それを順守しないとED/勃起不全に対する効果は低下してしまう傾向が有ります。 つまり、バイアグラ、レビトラ、シアリスはあらゆる状況下で100%の効果を示すものでは有りません。
バイアグラ、レビトラ、シアリスを最初に処方してもらう時、人はある程度の勇気を必要とすると思います。 これらPDE5阻害薬はEDクリニックに受診する勇気、ED/勃起不全と外来で告白する勇気、 こうした状況を乗り越えて、やっと手にする事ができる薬剤です。 しかし、苦労の末に手にする事が出来た薬剤が、思ったような効果を示さなかったら…。 おそらく患者さんはバイアグラ、レビトラ、シアリスなどによる、 安全性・有効性の高いED/勃起不全治療を中断してしまう、 つまり治療からの脱落、コンプライアンスの低下を招く可能性が高いと思われます。
この「思ったような効果を示さない」という状況にはいくつかのケースが考えられますが、 代表的な例としては薬用量が控えめ過ぎて、本人の必要量を大きく下回っているような状況が有ります。 バイアグラ、レビトラ、シアリスは年齢や疾患背景に従って、 用量を調整しないと十分な効果を示さない事が有ります。 その他の例としては、薬剤の使用方法自体を間違ってしまっている場合が想定されます。 これらのPDE5阻害薬は食前後や効果が出現する時間など製剤によって、使用方法が異なります。
こうした「思ったような効果を示さない」という状況を予防する事が、 バイアグラ、レビトラ、シアリスの服薬指導の大きな意義の一つです。 一方、安全に、かつしっかりとこれらの薬剤の効果が示された場合には、 患者さんのこの治療方法に対するコンプライアンスは向上し、治療方法からの脱落も減少すると思われます。
今回、ご紹介させていただく報告は、 こうしたED/勃起不全治療薬の服薬指導によって患者さんのコンプライアンスが上昇するかを検証したものです。 またこの報告の他に、バイアグラ、レビトラ、シアリスの服薬指導上の注意点、 またED/勃起不全治療薬の服薬指導と患者コンプライアンスの今後に関しても記載しております。 是非ともご参照下さいませ。


【バイアグラ、レビトラ、シアリスの服薬指導】
ここでバイアグラ、レビトラ、シアリスの服薬指導上に関して、要約して説明したいと思います。
まずバイアグラですが、これは基本的には空腹時に服用して頂きたい薬剤です。 食直後にご使用になると、薬効が遅れて出現したり、効果が落ちる事が有ります。 またバイアグラの薬効は服薬すぐに出現する訳ではなく、 出現するのに約1時間ほどかかります。 服用すぐにセックスに入っても、薬剤が効いていない事が有りますのでご注意ください。 またアルコールの併用もバイアグラの効果を落としてしまう事が有ります。ご注意ください。
次にレビトラですが、これも基本的には空腹時に服用して頂きたい薬剤です。 特にレビトラは油分の多い食事の直後にご使用になると、薬効が落ちる可能性が有ります。 またレビトラの薬効も服薬すぐに出現する訳ではなく、 出現するのに約30分ほどかかります。 服用すぐにセックスに入っても効いていない事が有りますのでご注意ください。 またレビトラもアルコールを併用すると効果が落ちてしまう場合が有るのでご注意ください。
最後にシアリスですが、シアリスは上述の2剤と違い、食前後関係なく服用する事が出来る薬剤です。 特にシアリスは食事の影響を受けないとされています。 シアリスも上記2剤同様に服薬すぐに薬効が現れるわけでは無く、 効果が出現するのに1時間以上かかるとされています。 服用すぐにセックスに入っても効かない事が有りますのでご注意ください。


【バイアグラ、レビトラ、シアリスの服薬指導とその効果ならびにコンプライアンスへの影響の報告】
今回、ご紹介させていただく報告は、 ED/勃起不全治療薬の詳しい服薬指導のなかった期間の患者群と、 ED/勃起不全治療薬の詳しい服薬指導のある期間の患者群とで、 統計学的に治療からの脱落数に差があるかを、 患者コンプライアンスの評価として検証したものです。
上記2群の比較上は治療初期の患者脱落に関しては統計学的に有意差は無かったものの、 複数回処方していった状況での患者脱落に関しては、 やはり服薬指導の無い群の方が脱落者が多い傾向が確認されたとの事でした。
つまり、バイアグラ、レビトラ、シアリスの使用方法をしっかりと説明した患者は、 治療の途中での脱落が少なく、他の群に比較してコンプライアンスの向上が確認されたとの事です。
これは、おそらく服薬指導をしっかりされた患者は、 キチンと作用が出るべく、服用出来たので、ED/勃起不全に対する効果が高く出現し、 本治療方法に対する信頼性の高さから、コンプライアンスが向上したものと思われます。 一方、服薬説明をしっかりとされていない患者は、 状況によっては服薬の効果が見られないもしくは低下する時が有り、 本治療方法への信頼性が低いため、結果としてコンプライアンスの低下を招いたものと想定されます。


【バイアグラ、レビトラ、シアリスの服薬指導と今後のコンプライアンス解析】
今回、ご紹介させて頂いた報告のバイアグラ、レビトラ、シアリスの服薬指導に関しては、 一般的な病院の薬剤部の女性比率から考えても、女性が担当したタイミングがあると思われ、、 これは服薬指導の結果としてのコンプライアンスに影響を及ぼした可能性があると想定されます。
当院のような完全男性患者用のEDクリニックにおける患者さんの性格的傾向を考えますと、 女性によるED/勃起不全治療薬の服薬指導をナイーブな男性患者さんは、 回避したいと考えるケースが多いように思われます。
そうした意味合いで、バイアグラ、レビトラ、シアリスの服薬指導において、 男性が担当した場合と女性が担当した場合とで、患者コンプライアンスに統計的な差異が有るかを検討する事は、 患者さんにとっても有意義なレポートになる可能性が有ります。
現在、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどの長期持続使用で、 血管内皮機能の改善に基づく、ベーシカルな性機能の改善が様々な分野で検討されています。 こうした新しいED/勃起改善薬の使用方法とその効果は、 これらPDE5阻害薬の初期脱落や患者コンプライアンスの質的な意味を刷新する可能性が有り、 こうした治療方法が明らかな効果と一般性を得た暁には、 PDE5阻害薬の患者コンプライアンス解析一つとっても、 新しい目標が掲げられる可能性が有ります。


written by タダラフィル処方なら新宿ライフクリニック.