勃起改善薬が選ばれ、使用されるまでの経緯に関して記載しております。



バイアグラ、レビトラ、シアリス選択の経緯の調査

新宿でバイアグラ購入なら新宿ライフクリニック。


【バイアグラ、レビトラ、シアリスの選択の経緯】
バイアグラ、レビトラ、シアリスの選択の経緯に関する調査が報告されており、 これらPDE5阻害薬の選択においては、 患者さんが最終的に自分で選択した場合が49%で、 医師が推奨する場合が38%と報告されており、 また本報告によれば、バイアグラが37%、レビトラが32%、シアリスが31%の比率で選択され、 服用されているとの事でした。 なお初診時に低力価の薬剤を全体的に選択する傾向が強く、 初診にてバイアグラ、レビトラ、シアリスを処方された方の内、 約20%程が二回目の受診が無い事が報告されており、 その原因においては、低力価薬剤の自己選択により、 充分な勃起改善効果が見られなかった事が大きなウェイトを占めると推測されます。
現在、日本における勃起改善薬はファイザー社のバイアグラ、 バイエル社のレビトラ、イーライリリー開発で日本新薬社によるライセンス生産のシアリスが、 厚生労働省によって正式に認可されています。 これらバイアグラ、レビトラ、シアリスは、PDE5阻害薬という、いわば陰茎局所の血管機能を賦活する薬剤です。
これらのPDE5阻害薬は、それぞれに持続時間や薬効の現れる速さ、 食前服用の推奨、勃起改善の力、副作用の発現頻度など機能面で様々な差異が有り、 こうした機能面の違いが個人における、薬剤との相性となって、その嗜好の差を作り出しているものと思われます。
しかし実際の所、こうした性能差を十分に把握して選択され、 これらの勃起改善薬が使用されているかと言うと、その頻度は低めと思われ、 むしろインターネットなどにおける医療従事者ではない個人が、 発信した個人的な主観を参考に、 バイアグラ、レビトラ、シアリスを自己選択し、 それが自分にとってのベストチョイスかという検討の無いままに継続して使用しているという傾向が、 多いように思われます。 (本稿に関しては、二万人以上のED/勃起不全の診療経験のある医学博士が作成しております。)
本稿においては、バイアグラ、レビトラ、シアリスを使用する患者さんの受診のきっかけや、 これらPDE5阻害薬の選択の経緯などに関しての報告を中心に、 推奨されるPDE5阻害薬の選択基準などに関して記載しております。


【バイアグラ、レビトラ、シアリス選択のきっかけ】
EDの処方、つまりバイアグラ、レビトラ、シアリスの選択に至るきっかけとなったものに関しての報告としては、 EDに関する自覚症状をもって自ら医療機関を受診した方が84%と最も多い割合を占めたとの事です。 また15%ほどがEDでは無い他の疾患で受診している医療機関の先生に相談して最終的に処方に至った方で、 9%が奥さんなどのセックスパートナーに勧められた方と報告されています。
なお受診したED患者さんの年齢構成としては、 全546名において、30歳代が13%、40歳代が35%、50歳代が35%、 60歳代が17%となっており、40~50歳代が最も多いという、 ED受診者においては世間的な主観よりも比較的若い傾向が有る事が見て取れます。
バイアグラ、レビトラ、シアリス選択のきっかけとなった併存疾患に関しては、 もっとも多かったものが、高血圧で21%、その後は脂質異常症、糖尿病と生活習慣病が続きます。


【バイアグラ、レビトラ、シアリス選択における主因】
バイアグラ、レビトラ、シアリスの選択の主因となったものに関しては、 49%が最終的に自己判断で選択したものになり、 38%が医師の推奨による選択との事でした。
初診でバイアグラ、レビトラ、シアリスを処方された方の内、 約20%近くが次回の処方が無い、すなわちこの治療方法からの離脱が見られると、 別のレポートで報告されております。
こうした治療方法からの離脱の原因としては、 その状態に対して相対的に弱い程度のPDE5阻害薬を選択している事が大きく関わっていると推測されます。 初診者のED患者さんの傾向として、 総体的に力価の弱いPDE5阻害薬を自己選択する傾向が強いのですが、 生活習慣病の存在や加齢の影響が強いと、 これら勃起改善薬は弱く効くと言うより、 明らかな勃起改善効果が表れない頻度が多くなります。 つまり状態によっては勃起を改善させる為に初診から高力価の薬剤が必要になる場合が多々有ります。
初めてバイアグラ、レビトラ、シアリスを処方してもらう時は正直、 勇気が必要なシチュエーションが多いかと思われます。 しかしそんな困難を乗り越えて手にした薬剤が明らかな勃起改善効果を示さない時、 その失望は十分にこうした薬剤による治療からの離脱を促す理由になると思われます。
これらの薬剤は適正な用量、適正な製剤を選択すれば、 殆どの状況において、十分な勃起改善効果を示します。 ご自身の状態に見合った薬剤を医療従事者に選択してもらうのがベストと言えます。


【推奨されるバイアグラ、レビトラ、シアリスの選択の基準】
インターネットにおいて個人から発信された情報のすべてが誤りだとは申しません、 しかし個人つまり一人の人間の主観で語られた情報には、 客観性はもちろん有りません。それが医療従事者でないなら科学的根拠も曖昧になりがちです。
EDクリニックの医師はクリニックによっては数万人のED患者さんを診察しており、 その意見はED治療において充分な客観性を持っていると言えます。 また生理学、薬理学、統計報告などの、その選択を補助する専門的情報が彼らには有ります。
基本的には、個人がインターネットなどで発信する情報よりも医療従事者、 特にEDクリニックの医師による情報提供の方が正確と思われますが、 バイアグラ、レビトラ、シアリスの選択、ならびにその用量の選択に関しては、 その人のセックスの傾向や年齢、併存疾患の有無など、 その選択を規定するのに重要な関連パラメータが無数に有るので、 なかなかインターネット上でこれらEDクリニックの医師が選択の基準に関するメッセージをシンプルにまとめるのは、 難しい傾向があると思われます。
やはりご自身にとってのベストな選択として推奨されるのは、 EDクリニックの専門家に、ご自身の情報、つまり年齢や今までの処方内容、 既往疾患、セックスの傾向、EDの状態など、 バイアグラ、レビトラ、シアリスなどの勃起改善薬の選択に重要な情報の適切な開示をもって、 担当医に薬剤をオーダーメイド的に選択してもらうのが安全かつ効果的と思われます。
EDにて受診の際は特に服薬内容の正確なインフォメーションなどきちんと準備していくと、 よりその選択の正確性が上昇します。 是非、ご参考にされて下さいませ。


written by 新宿でシアリス治療のご相談なら、新宿ライフクリニック.

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠