『始めてはバイアグラが選ばれやすい? 新宿ライフクリニックの初診でバイアグラ系が選ばれやすい3つの理由を日本性機能学会専門医が解説』

バイアグラ系は初診時に最も選ばれやすい

  • 始めての患者さんには、バイアグラが選ばれやすい傾向が有ります。
  • 新宿ライフクリニックの初診でバイアグラ系が選ばれやすい理由は下記の3つ
  • 『コストパフォーマンスが一番良い』 : 3系統のED薬で現在、最も費用対効果が良い
  • 『作用が適度』 : 長すぎず短すぎず、作用時間が適度
  • 『知名度が高い』 : 3系統のED薬の中でもっとも知名度が高い

始めて来院したED患者さんには、バイアグラが選ばれやすい傾向が有ります。
当新宿ライフクリニックにおける、初診のED患者さんにバイアグラ系が選ばれやすい理由としては、
『コストパフォーマンスが一番良い』 『作用が適度』 『知名度が高い』 の3つがあげられます。



ED薬、すなわち勃起不全治療剤には現在3つの系統があり、
それは バイアグラ系、レビトラ系、シアリス系になります。


現在は、このいずれにも厚生労働省認可 公式の後発医薬品 (ジェネリック医薬品) がリリースされており、 それぞれ、バイアグラ系がシルデナフィル、レビトラ系がバルデナフィル、 シアリス系がタダラフィルと、名称の先頭にカタカナで 『その薬剤の成分名』 が必ず入り、 名称末尾のカッコ内に 『生産企業名の略称』 が入るのが公式な表記となっています。 この生産企業名の略称は、例えば東和薬品で有れば 「トーワ」 となっています。


これら3系統のED薬はいずれも同じカテゴリーの局所血管拡張薬であるため、 実は、副作用の頻度、また勃起の改善効果などはあまり変わりません。


しかし、それぞれ正式なジェネリックもそろって、ラインナップが同じになった状況において、 当新宿ライフクリニックの初診患者さんに、一番選ばれやすいED薬はいずれかと言うと、
それはバイアグラ系になります。


なぜ始めての方にバイアグラ系が選ばれやすいのか、
こちらのページではその三つの理由 『コストパフォーマンスが一番良い』 『作用が適度』 『知名度が高い』 に関して、 日本性機能学会専門医がそれぞれ解説をさせて頂いております。
宜しければ、是非ご一読くださいませ。


<当ページのもくじ>

  1. 【コストパフォーマンスが一番良い】
  2. 【作用が適度】
  3. 【知名度が高い】

1.【コストパフォーマンスが一番良い】

バイアグラ系は最もコストパフォーマンスが良い

始めてのED患者さんにはバイアグラ系が選ばれやすい。
こうした新宿ライフクリニックの初診患者さんにおける傾向について、 まず始めに 『バイアグラ系のコストパフォーマンスが一番良い』 事が、その理由としてあげられます。


ED薬は保険診療で処方される薬剤のように薬価が指定されていないので、 その基準的な価格は、競合によって段々と定まって行く傾向が有ります。


またED薬は厚生労働省認可、公式の後発医薬品が出現すると、 先発医薬品と複数の後発医薬品との間で、卸値の競合が発生して納入価格が全体的に下がってくるので、 その影響を受けて処方価格の方も下がって行く傾向が有ります。


現在、バイアグラ系のコストパフォーマンスが一番良い理由としては、昨今やっと公式の後発医薬品が出た、 レビトラ系、シアリス系に比べて、バイアグラ系はこうした先発医薬品と後発医薬品との間の価格競合が、7年ほど先を進んでいるので、 この長期に渡る競合によって、納入価格・処方価格が共に下がりきっている事があげられます。


前述したように、この3系統のED薬は同じカテゴリーの局所血管拡張薬なので、その副作用の頻度、また勃起の改善効果などは実はあまり変わりません。 その上でバイアグラ系が最も処方価格が安いという状況は、 初診時においてバイアグラ系が選ばれやすい最も大きな理由となっています。


2.【作用が適度】

バイアグラ系の作用は適度

始めてのED患者さんにはバイアグラ系が選ばれやすい。
こうした新宿ライフクリニックの初診患者さんにおける傾向には、 バイアグラ系の作用が適度であるという事も、その理由として関与しています。


シアリス系は標準量の20mgにおいては、薬効が36時間ほど継続します。薬効が現われるのにも2時間程かかる事もあって、 基本的にこのシアリスの系統は、単発の性行為では無く、旅行などでの運用がその主要なニーズとなっておりますが、 実の所、初診時から36時間の薬効時間を希望される方は、そう多くは有りません。


そうなると、EDの初診時にはレビトラ系、バイアグラ系の選択になりやすいのですが、 この2系統に関してはどちらも短時間の持続で、薬効が現われる時間も早く、 始めてED薬を利用する方にとっては、適度な作用時間と言えます。 また単発の性行為に当てて設計されたもの同士として、 バイアグラ系とレビトラ系はその使用感自体も良く似ています。


その上で1.【コストパフォーマンスが一番良い】 に記載の通り、 現在の状況においては、バイアグラ系の方が処方価格が安くなっているので、 最終的な選択としてはバイアグラ系が選ばれやすい環境となっています。


このようにバイアグラ系の作用が適度で有ることも、 初診時において、バイアグラ系が選ばれやすい理由の一つとなっております。


3.【知名度が高い】

バイアグラ系は最もよく知られているED薬

始めてのED患者さんには、バイアグラ系が選ばれやすい。
こうした新宿ライフクリニックの初診患者さんにおける傾向には、 バイアグラの知名度が最も高いという事も、その理由として関与しています。


バイアグラ系、レビトラ系、シアリス系と正式なED薬には3系統あれども、その知名度には大きな差が有り、 バイアグラの名前は知っているけど、他は始めて聞いたという方も多いのではないかと思われます。


これには理由があり、勿論バイアグラであっても、その広告やCMを見た事のある方は一切いないと思われますが、 実はこうした処方箋医薬品は、薬事法によってその広告自体が禁止されています。 みなさんも、薬局で売っている花粉症の薬のCMは見た事があっても、 病院で処方される高血圧の薬のCMは見た事が無いかと思われます。 こうした状況も、処方箋医薬品の広告が禁止されている事によるものです。


ED薬もこれと同じで、公共の媒体に広告が打てない事もあって、 バイアグラ以降の勃起不全治療剤の名称は、ほとんど世間に広まっていません。 なぜにバイアグラだけ、その名がよく広まったのかと言うと、 バイアグラに関しては、ED薬で最初に開発された薬剤だったので、 例外的に、ニュースなどの公共媒体に乗った事もあり、 その結果として、広く周知されているという状況になります。


人間は、特に始めての経験の場合、名前を知っているものを選びやすいです。 これはED薬にも同じ事が言え、新宿ライフクリニックの初診でも、 名称を知っているから、バイアグラ系を選ぶという方は少なくは有りません。 このようにバイアグラ系が最も知名度が高い事も、 初診時においてバイアグラ系が選ばれやすい理由の一つとなっています。



以上、新宿ライフクリニックの初診にてバイアグラ系が選ばれやすい3つの理由に関して、 解説させて頂きました。


日本性機能学会専門医として、初診のED患者さんに提案させて頂くと、 まずはエントリーとして、ED薬でもスタンダードなバイアグラ系から勃起不全治療剤の使用経験を蓄積して貰い、 その上で、他の系統をトライアルした方が、自分もしくは自分の生活にフィットしたED薬を選択し易いかと存じます。
ED薬のご相談はお近くの日本性機能学会専門在籍のEDクリニックでどうぞ。

(記載:新宿ライフクリニック-日本性機能学会専門医:須田隆興、最終確認日:2021-04-26)

日本性機能学会専門医証
※日本性機能学会について詳しくはこちら
新宿ライフクリニック院内看板
※新宿ライフクリニックについて詳しくはこちら
※バイアグラについては詳しくはこちら



 ―このページの内容に関連した記事―