2014年にはついにバイアグラのジェネリック医薬品が正式に販売になる見通しです。



バイアグラ、レビトラ、シアリスのジェネリック医薬品について

新宿でバイアグラ効果のご相談は、新宿ライフクリニックへ。


【ジェネリック医薬品とは】
2014年には本邦でもバイアグラのジェネリック医薬品が販売される見通しです。 ジェネリック医薬品の販売は薬品の有効成分の特許が切れた後に販売されるので、 開発年度がバイアグラよりだいぶ後になるレビトラ、シアリスに関しては、 ジェネリックの販売まで、まだだいぶ間が有ります。
ジェネリックとは英語で「総括的」という意味合いになり、 もともとの語源は、医薬品の有効成分を示す一般名のgeneric nameから来ているとの事で、 ジェネリック医薬品という言葉は正式には後発医薬品の事を示すものでは無く、 これは通称のニュアンスに近いものが有ります。 おそらく医療従事者から広がっていった表現と思われますが、 昨今の厚生労働省の後発医薬品のプッシュならびに、 薬剤メーカーのコマーシャルによって「後発医薬品」という正式な名称よりも、 「ジェネリック医薬品」という言葉が市民権を得ている状況になっております。
おそらく、英語圏の方にとっては、日本で交わされる「ジェネリック医薬品」というキーワードは、 語源の「総括的」というニュアンスから推察するに、比較的奇異な状況に見える可能性が有ります。
割と医学界においてはジャーゴン(jargon)と呼ばれる、 仲間内にだけ通じる特殊用語、専門用語、造語が横行しており、 日本の医学界の黎明期においてはドイツ語の教科書が主体であった事もあって、 今なおドイツ語、英語、造語が入交り飛び交う、複雑な会話が日常的になされております。
最近ではこうしたペダンチックかつ閉鎖的な医学界の言語環境を是正しようとする動きも有るので、 「ジェネリック医薬品」という造語的かつ本意からそれる用語の広範な市井への広がりは意外な心地が有ります。 しかし本稿においては一般性を重要視し「ジェネリック医薬品」という名称で解説を進めさせて頂きます。
バイアグラ、レビトラ、シアリスは未だジェネリック医薬品が、 厚生労働省に正式に認可されていないにも関わらず(2013/10月当初)、 これらのジェネリックの存在はネットユーザーを中心に髙い認知を得ています。
これは後述致しますが個人輸入による違法性の高い薬剤販売におけるインターネット広告によって、 海外のED/勃起不全治療薬や偽造品がジェネリックという曖昧な名称のもとに販売されている状況と、 関連が指摘されます。
この事態は2014年のバイアグラのジェネリック医薬品の正式な販売開始の折には、 少なからず正規品のジェネリックと正規品では無いジェネリックの間でユーザーに混乱を招く可能性が有ります。
本稿ではバイアグラ、レビトラ、シアリスなどのPDE5阻害薬のジェネリック医薬品の話を中心に、 ジェネリック医薬品販売後のED/勃起不全治療の有り方などに関して私見を交え記載しております。 どうぞご参照くださいませ。


【ED/勃起不全治療薬のジェネリック医薬品】
現状、日本国内では正式に厚生労働省によって、 認可されたバイアグラ、レビトラ、シアリスのジェネリック医薬品:後発医薬品は存在しません(2013/10月当初)。 これは、これら製剤の特許が関連している話であり、 開発年代が最古のED/勃起不全治療薬であるバイアグラが、 やっと2014年からのジェネリック医薬品の販売が予定されている言う状況になります。
ED/勃起不全治療薬のみならず医薬品の特許には大きく4つあり、 物質特許、製法特許、用途特許、製剤特許がそれに当ります。 この内、物質特許なるものが非常に大切であり、 これが医薬品の効果の主体である有効成分そのものに対する特許に相当します。 こうした特許権の期間や有り様は各国における制度によっても差異が有り、 日本と欧米はおおよそ同様なシステムをもって運営されていますが、 インドなどは特許制度のシステムが全く違うものになっている事も有り、 欧米とインド間において薬剤輸入上の摩擦が発生する原因ともなっております。
日本においては特許の続く期間は特許を申請した日から20年と規定されています。 しかし特許の取得と医薬品の製造・販売の許可は別のものになるので、 特許を取得しても、すぐにその医薬品を販売出来るわけでもなく、 こうした期間的ギャップを埋め合わせる為に特許権期間の調整がされる場合も有ると言うことです。
ちなみにバイアグラに関しては本邦での販売開始が1999年3月からになるので、 特許申請日からでなく、販売開始からの期間で言うと約15年かけて、 ジェネリック医薬品の販売予定となった事になります。


【ED/勃起不全治療薬のジェネリック医薬品の社会的問題】
ジェネリックという言葉の不安定な要素は冒頭でのべた通りですが、 この言葉の曖昧さを利用して、 医師法・薬事法に準拠しないED/勃起不全治療薬がジェネリックという言葉のプレゼンテーションとともに、 インターネットにて販売されている状況が有ります。
つまりバイアグラ、レビトラ、シアリスの偽造品や不認可品がジェネリックという名目で、 インターネットを介して販売されているケースが横行していると言うことで、 無辜の人々が後発医薬品と信じて通販品の偽造ED/勃起不全薬を使用してしまう事などが危惧されています。
偽造品のバイアグラ、レビトラ、シアリスなどはもちろん、 これらの正規品のように大きく、最新で清潔なプラントの中で、 専門の技術者によって開発・生産されているわけでは無く、 薬理学的基礎知識すらない悪徳業者が、 衛生面に問題のある環境で製造しているのがほとんどと認識されており、 こうした偽造品のバイアグラ、レビトラ、シアリスの中には、 人体に有害な成分が検出される事も間々有り、健康被害の恐れが有ります。
後発医薬品は厚生労働省が強力に推奨している薬剤カテゴリーであり、 それは日本における医薬品に関連した莫大な出費の削減を目的の一つとしているため、 その方針自体は医療をうける一般の人々にとっても望ましいものである事に違いは有りません。
しかし医薬品のプレゼンテーションは日本の場合、非常に制約が多く、 きちんとしたルールを順守する巨大企業体ほど、この制約に拘束されてしまう傾向は否めません。
こうした、むしろ違法業者が活動しやすい広告的状況と、 ジェネリックという一般化を果たすも言葉の内容が曖昧なキーワードを利用して、 偽造のバイアグラ、レビトラ、シアリスの販売が横行している状況を鑑みるに、 バイアグラの正式なジェネリック医薬品の登場に置いては、 広範かつ正式な告知を官民一体となって施行するべきとも思われ、 これが無い状況においては、 正しいバイアグラのジェネリック医薬品と、 偽造品バイアグラが一般の方のイメージの中で混在してしまうリスクが有ると思われ、 せっかくの後発医薬品発売の啓蒙が進まなくなってしまう可能性が危惧されます。


【今後のED/勃起不全治療とジェネリック医薬品】
ED/勃起不全治療におけるバイアグラ、レビトラ、シアリスの使用は、 基本的に保険外診療に該当する事も有り、 ED/勃起不全に苦しむ患者さん達は今まで多額の出費を余儀なくされて来ました。
中にはその髙い出費金額が理由となって、 望むED/勃起不全治療を受けられず、 やむなく安全性の低く、効果が不定な偽造品バイアグラ、レビトラ、シアリスに手を出される方も居ると推測されます。
しかし、きちんとしたバイアグラの後発医薬品が販売され、 これがそれまでのジェネリックを名乗る偽造のバイアグラ・レビトラ・シアリスと明確に区別される状況においては、 ED/勃起不全治療にかかるコストを安全かつ有効に下げる事が出来るようになるので、 現在よりも多くのED/勃起不全で苦しまれている患者さんを、これらの薬剤が救う事が出来るようになります。
当、新宿ライフクリニックはローコストかつ安全で正確なED/勃起不全治療を来院された患者様、 皆様に提供して参りました。 バイアグラのジェネリック医薬品が認可された暁には、 今まで以上に経済的かつ良心的なED/勃起不全治療をユーザーの皆様に提供できるようになります。 これは心から待ち遠しい状況と思われます。


written by 新宿でレビトラ購入のご相談は新宿ライフクリニックで.

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠