バイアグラ処方の営業時間



シルデナフィル販売の開院時間


【バイアグラ処方の営業時間】

バイアグラ処方 の営業時間に関して記載しております。 当新宿ライフクリニック では一人でも多くのED患者さんにバイアグラなど勃起改善薬を処方する為に、 営業時間に努力と工夫を注いでいます。 その根幹は 「10時から20時の長時間営業」・「毎日開業(休診日なし)」・「お昼休みなし」です。


新宿ライフクリニックは2012年の5月に新宿駅から徒歩1分の場所に開業して約3年と9か月になり、 現在では全国5指に入るバイアグラなど勃起改善薬処方量を誇る、保健所認可・ED専門治療施設です。 当院では厚生労働省認可の正規品のみを導入し、バイアグラならびにレビトラ、シアリス、 シルデナフィルシリーズをを良心価格で提供しています。
当新宿ライフクリニックは開設当初からの診療スローガンがあります。 それは「一人でも多くのED患者にED治療を」というものです。 このスローガンを順守するにあたり、新宿ライフクリニック開院前に様々な検討を重ねた結果、 バイアグラなどの処方に対応する営業時間がとても大切であるという考えに至りました
と言うのもバイアグラなどの勃起改善薬を必要とする患者人口は、 今まさに労働に従事している就労人口層とまるまる重なるので、 バイアグラなどのED治療を一般に広げていくには、 様々な就労人口層が来院できる営業時間の設定が必要という事になり、 そうなると営業時間は可能な限り長く、また営業時間は休平日分け隔てなく、 また営業時間はお昼休みも含めてという内容になって来ます。


こうした営業時間設定は開設当初から多くのスタッフならびにスタッフ労務を必要とし、 新しく開業するクリニックにとっては大きな負担です。 特に新宿ライフクリニックは来院の利便性も考慮し、新宿駅の目の前に開業した経緯もあって、 当初からクリニック地所の賃料が相対的に高く、 実際に当院は開設当初は大きな赤字収支でした。
しかし幸いな事に新宿ライフクリニックの方針に則った、 営業時間や開業場所の利便性に関して、ED患者さん達からご理解をいただく事に成功し、 現在のようにバイアグラなどの勃起改善薬を大きく扱う事の出来るED専門クリニックに成長する事が出来ました。
本稿ではバイアグラ処方と営業時間における新宿ライフクリニックの工夫、 そしてその意義などに関して記載しております。


【日本のED治療の現状】

新宿ライフクリニックにおけるバイアグラなど勃起改善薬処方の啓蒙、 そして「一人でも多くのED患者さんにED治療薬の処方を」という当院のスローガン そして当院の長く広い営業時間設定、 これらを設定する新宿ライフクリニックの主な動機としては、 一重に日本のED治療の現状があります。


実は日本には1100万人ものED患者さんが存在すると想定されています。 これは日本人男性人口の六分の一に相当する、非常に大きな数ですが、 その実、バイアグラなどでED治療を実際にされている方はほんの一握りです。
EDという疾患は生活のQOLを大きく下げると先行する研究結果が出ており、 暮らしの張り合いや仕事のクオリティにもその悪影響が及ぶ場合があります。 また少子高齢化が進行する我が国においてEDという疾患は、 少子高齢化を推進する要素として作用する可能性が危惧されています。
つまりEDは実際の所、バイアグラなどで積極的な改善が望まれる疾患なのです。 しかし現状、日本におけるED治療の啓蒙は思うように進んでいません。 これは保険外診療ならびにバイアグラなどの勃起改善薬に関して、 その情報を一般に伝達する事が前提として難しい事が大きく影響しています。
これは厚生労働省が定めた医療並びに医薬品の広告の規制が関連しているのですが、 それがゆえに、「バイアグラはどこで、いつ、どうやって入手すれば良いのか」 一般の方には分かり難いという状況が生まれています。


そうした状況を踏まえるとED治療を広げるためには 「バイアグラなどの勃起改善薬を安全に、良心価格で、わかりやすく、いつでも入手できる」 施設が望まれる事になり、 新宿ライフクリニックは一貫してそれを指標に施設のシステムを構築して来ました。 その最大のポイントが正に今回のテーマの「営業時間の設定」があります。


【新宿ライフクリニックの営業時間の工夫①:お昼休みの撤廃】

ここからは新宿ライフクリニックの各営業時間の工夫とその理由に関して記載しております。
バイアグラなどの勃起改善薬の処方においては、 広く・深い営業時間が必要であると新宿ライフクリニックは考えており、 その対応の一つとして当院は営業時間上、施設のお昼休みを撤廃する事にしました。
みなさんは、せっかく医療施設に来院したのにお昼休みで受診出来ず、 バイアグラの処方を受ける事が出来なかったという経験はないですか? ほとんどの医療施設は、その営業時間上、長いお昼休みを取る傾向があり、 その結果、仕事のお昼休みにしか受診できない方は、 こうした施設の営業時間設定の為にせっかくの受診機会を逃す傾向があるようです。


新宿ライフクリニックはそうした状況を鑑みて、 皆様のお昼休みの間にもバイアグラなどの勃起改善薬を処方する事が出来る、 ED治療施設が新宿には必要であるとの結論にいたりました。
営業時間上、施設のお昼休みを撤廃する事は、新宿ライフクリニックのスタッフにも負担があり、 その負担を緩和する意味合いで、スタッフの交代頻度など考えなくてはいけない問題が複数あります。
新宿ライフクリニックはそうした問題を院内努力でクリアし、 バイアグラなど勃起改善薬を皆様のお昼休みの間にもスムーズに処方できるように、 当院のお昼休みを営業時間上、完全に撤廃しております
皆様、どうぞお昼休みの間でもバイアグラ処方にいらして下さいませ。


【新宿ライフクリニックの営業時間の工夫②:長時間営業体制】

また新宿ライフクリニックは営業時間を勘案する上で、 新宿で遅くまでの診療をする事がバイアグラなどの処方上重要であるという考えに至りました。
ED患者さんの罹病人口層の中核が労働人口と大きく重複する事は上記に記載した通りで、 仕事終わりにバイアグラの処方をしてもらいたいという潜在的なニーズはとても高いものです。


こうした状況を勘案し、新宿ライフクリニックは新宿における施設の営業時間を朝の10時から、 お昼休みなしで夜の8時までと長く設定し、 この長い営業時間・遅くまでの営業時間をもって、 お仕事終わりに、皆様がバイアグラの処方ができるように営業時間を設定している次第です。
長い営業時間・遅くまでの営業時間もまた、 新宿ライフクリニックのスタッフの労務量に大きな影響を与えるものですが、 当院ではスタッフが同日内に適宜交代するなど院内努力でこれをクリアし、 新宿において、皆様を長い営業時間で受け入れる体制を整えています。


【新宿ライフクリニックの営業時間の工夫③:年中無休】

また新宿ライフクリニックは、バイアグラ処方をする営業時間を勘案する上で、 バイアグラ処方を希望する皆様の休日が職種によってばらばらである事に注目しました。
様々な休みの形態に対応してバイアグラを処方する営業体制、 それは新宿ライフクリニックの営業時間を年中無休に設定する事でクリアになると考え、 当院は休日・平日・土曜日・日曜日問わず、 毎日朝の10時から夜の8時までの営業時間で開業しています。


休平日問わず営業時間を設定すると言う事は受付事務員にしても臨床担当ドクターにしても、 ある程度のスタッフ人数をそろえる必要があり、 こうした営業時間の拡大は人事費用の肥大として、 新宿ライフクリニックの経費上の大きな負担となっている事は事実です。
しかし当院のスローガン「一人でも多くのED患者にED治療を」を順守し、 一人でも多くの方にスムーズにバイアグラを供給する為にはここは避けて通れない施策です。
幸いに当院のスローガンや営業時間への姿勢を、 多くのバイアグラ処方を希望するED患者さん達に評価してもらう事に成功し、 新宿ライフクリニックはこうした長く深い営業時間をもって、現在も新宿で運営が出来ております。
この「年中無休で」、「朝10時から夜8時までの長時間営業体制で」、「お昼休み完全撤廃」 を実践して、バイアグラを処方しているED専門医療施設は、 この日本でもほぼ新宿ライフクリニックのみと自負している次第です。
皆様、施設のタイミング・営業時間を気にする事なく、 新宿ライフクリニックにバイアグラの処方にいらして下さいませ。


【今後のバイアグラとED治療】

今後のバイアグラ処方ですが、日本全体として難しくなる傾向は否めません。 これは医療広告のガイドラインの刷新により、 バイアグラなどの勃起改善薬のプレゼンテーションがより難しくなる方向に有るからです。
これは前述した 「バイアグラはどこで、いつ、どうやって入手すれば良いのか」 がさらに分かり難くなると事を示しており、 結果、日本におけるバイアグラなどを中心としたED治療の啓蒙は停滞する可能性が危惧されます。


しかし新宿ライフクリニックが営業時間への様々な工夫で、 多くのED患者さんにバイアグラ処方を可能にする事が出来たという今までの足跡を考えると、 さらなる当院の院内努力で、こうした状況を打破できるとも考えられます。
新宿ライフクリニックは、皆様にスムーズかつ安全に厚生労働省認可の正規品バイアグラを処方する為、 営業時間などを筆頭にさらなる工夫をかさねて行きたいと存じます。 今後とも当院をよろしくお願い申し上げます。


違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠