薬価基準

バイアグラは未収載薬剤です。



バイアグラ処方に当たって」

本剤は薬価基準未収載であり公的医療保険が適応されません


<当ページの項目リスト>

  1. 【バイアグラと薬価基準】
  2. 【バイアグラの薬価基準とは】
  3. 【新宿エリアの場合】
  4. 【地方の場合】
  5. 【新宿ライフクリニックの場合】
  6. 【今後の勃起改善薬の値段】

1.【バイアグラと薬価基準】

バイアグラの費用はどのように決まっているのか?
これは後で詳細に述べますがバイアグラは薬価基準未収載の薬剤なので、 その価格は正規の薬剤卸が決めた納入価に、各保険外診療のED専門クリニック・病院が施設の利益を載せて、 皆様ユーザーへの処方時のバイアグラの価格が決定されます。


バイアグラは非常に有名な勃起改善の為の薬剤ですが、 本剤などED治療用の薬剤は保険外診療での取り扱いになり、バイアグラの処方に関連した費用は高血圧や風邪のお薬など、 公的医療保険を利用した診療による請求とは、その価格などの決められ方が全く違うと言えます。 通常、皆様が病名有りきで受診される病院での診療や処方の費用は、 国民健康保険などの法定強制型の公的医療保険でそのほとんどが賄われます。 こうした病院で処方される高血圧や風邪のお薬などは薬価基準に収載されており、 一方のバイアグラなどED治療に使用される薬剤は薬価基準未収載です。


「高血圧で医薬品が出た」「風邪をひいて病院に医薬品をもらいに行った」など状況は千差万別ですが、 これらは国民健康保険法に基づいた医療給付によって、 受診者はその費用を一部負担することで診療・処方がされています。 そして、その場合の薬剤の価格は薬価基準によって実は全国的に統一されています。 しかしこれらの公的保険が対象にならない疾患や治療そしてバイアグラなどの薬剤があります。 それは保険外診療と呼ばれる医療カテゴリーに内包され、 これに関連した薬剤は薬価基準未収載となるのです。
保険外診療とは

  1. 【先進医療に属する治療】
  2. 【医薬品などの治験に係る診療】
  3. 【薬価基準に収載されていない医薬品などの使用】
  4. 【薬価基準に収載されている医薬品だけど使用方法が適応外の場合】
  5. 【保険適応される医療機器だけど使用方法が適応外の場合】

などが代表的です。
この中でバイアグラによるED治療は3番目の「薬価基準に収載されていない医薬品などの使用」に該当します。 本剤はこのカテゴリーに該当するので、本剤の処方費用は主に処方する医療施設で決定されおり、 それがゆえに本剤は公的医療保険を使用した治療に導入する事ができません。 また、これは陰茎海綿体注射などの勃起改善薬以外のED治療もそうなので、 ED/勃起不全の治療自体が保険適応外に相当すると言う事です。 つまり薬価基準未収載であるバイアグラを使用した医療は保険外診療になり、 その処方などの費用は100%自己負担です。


このバイアグラは前述のとおり保険外診療で処方されるものですが、 とは言え本剤は誰でも扱えるものではなく、そのカテゴリーはきちんとした処方箋医薬品であり、 医師以外のものがバイアグラを提供する事は法律上固く禁じられています。 つまり薬局でバイアグラを売買したり、インターネット通販で本剤を売買したり、 また本剤を個人輸入したり、されたりする行為は完全にイリーガルなのです。
日本における処方箋医薬品は、バイアグラでいうファイザー社などの製薬会社から、 アルフレッサやスズケンなどの薬剤卸業者に納入され、 それから薬剤卸より病院やクリニックに医薬品が納入される方式をとられています。


しかしこうした正規の薬剤卸は通販や個人輸入などの違法業者に正規医薬品を納入できないので、 違法業者の手元にある薬剤は理論的には100%非合法品のものです。 すなわち、この日本でバイアグラの正規品をきちんと処方されるためには、 医師がきちんといるED専門クリニックもしくは病院で、 かつ保険外診療を行っている施設に行く必要があります。 ところが、一般の保険診療と違ってバイアグラの処方費用は薬価基準未収載なのでED専門クリニックによって千差万別です。 これは正規品バイアグラユーザーのみなさんが日頃疑問に思う所だと思われます。


そこで本稿では「バイアグラの価格はどのように決まるのだろう?」 という皆さまの疑問に答えるべく、 薬価基準のお話しを交え、それについて記載をさせて頂いている次第です。 是非ともご参照くださいませ。 また他のページでは当院のバイアグラ処方費用を下げる院内努力に関して記載しております。 宜しければこちらもご参照くださいませ。 ⇒正規品バイアグラを良心的に


2.【バイアグラの薬価基準とは】

日本のクリニック・病院で扱われるほとんどの処方箋医薬品には、 基本的に薬価基準という医薬品の公定価格が存在します。 この薬価基準はクリニックや病院で勝手に決められるものではなく、 厚生労働大臣告示によって定められており、 薬価基準は薬剤卸業者や医療機関での調査を参考に決められています。


それでは一方のバイアグラはというと、 前述したように本剤は薬価基準が定められていないつまり薬価基準未収載の医薬品です。 実際にバイアグラの添付文書と言われる正規品に付随している製薬会社からの公的な情報媒体によると、 本剤の収載項目には「薬価基準未収載」としっかり表記してあります。
これはバイアグラが医療機関において公的医療保険の保険者にその費用を請求する事が認められていない為に、 薬価基準未収載に分類されているという次第です。 ちなみに、みなさんが高血圧や糖尿病、風邪や花粉症などで、 病名を元に病院にて処方されている薬剤は、ほぼすべてが薬価基準収載されている保険診療用の薬剤です。 このように公的医療保険が使用できる薬剤とできない薬剤は、 薬価基準収載されているかどうかで判別できます。


3.【新宿エリアの場合】

バイアグラが薬価基準未収載なため、その費用が公的医療保険によってカバーされない事が上記でお分かり頂けたかと存じます。 それでは本剤の価格はどのようにして決まるのでしょうか?


このバイアグラの価格がどのように決まるのかはシンプルに言えば、 正規の薬剤卸が決めたバイアグラの納入価に、 保険外診療の行えるED専門クリニックもしくは病院にて、その納入価に施設の利益を上乗せして、 みなさんに提示される本剤の価格が決まります。 保険診療における薬価基準収載の薬剤とは違い、本剤などの薬価基準未収載の薬剤には公定価格は存在しないので、 各施設によって価格がバラバラなんですね。
しかしシンプルに利益を載せて価格が決まると申し上げましたが、 こうした価格の決定には複雑な市場原理が根底にあり、 例えばバイアグラを正規に処方できるクリニックもしくは病院の家賃・地代が高ければ、 基本的にはその分の利益を薬剤の価格から見込む必要性が出てきます。


それでは、新宿ライフクリニックのある新宿エリアは日本でも有数の家賃・地代の高いエリアなので、 バイアグラの価格も非常に高いかと言うと、 実は新宿エリアはむしろ日本でもナンバーワンにバイアグラ正規品が安いエリアです。 それはなぜかと言うと、新宿エリアは日本で最もバイアグラが処方されているエリアだからです。 当新宿ライフクリニックは、その中でもトップクラスのクリニックの一つですが、 この新宿エリアには日本でも本剤の処方量トップ20に入るED専門クリニックがいくつもあります。


新宿エリアではバイアグラがたくさん処方されるので、 一つ一つの本剤価格における上乗せ利益を抑える事ができるのです。 また新宿はED専門クリニックが多くひしめいているエリアでもあり、 競合が多い事もバイアグラの価格が抑えられている理由の一つと言えます。 こうした新宿エリアで勃起改善薬の費用が安くなる理由は、 ロジカルには新宿駅前の家電屋さんがとても安い事にも共通した市場原理と言えます。


4.【地方の場合】

上記では新宿エリアでなぜにバイアグラの費用が安いのか、その理由を述べさせていただきましたが、 それでは一方、新宿エリア以外の地方ではどのようになるのでしょうか?


バイアグラは薬価基準未収載なので全国共通の処方価格が存在しません。 故に本剤の費用には地方と都会との地域差があります。 実は地方のED専門施設もしくは泌尿器科クリニック等では本剤の費用が高い傾向にある事は否めません。 地方は新宿エリアと違って医療施設間の競合は少ないのですが、 ED患者母体数が東京の中心に比較してかなり少な目になるので、 どうしてもバイアグラの処方総数が減少してしまいます。 そうなると地方の施設は正規の薬剤卸からバイアグラを大量に購入する事もできないので、 本剤の納入価も首都圏に比較すると高くなってしまう傾向があります。


また首都圏に比較すると、どうしても本剤を処方する患者総数も減少しますので、 バイアグラ一錠あたりに上乗せする利益も大きくならざるを得ません。 また地方の場合、バイアグラは泌尿器科のクリニックが混合診療の状態で処方するケースが多いのも、 本剤の処方患者数が少ないがゆえに、 ED専門施設という単独の形態がとりにくい事がその理由にあります。


5.【新宿ライフクリニックの場合】

それでは新宿にある新宿ライフクリニックのバイアグラの費用は、 なぜに同じ新宿エリア内にあるED専門施設に比較してさらに低く設定されているのでしょうか?


当院は間違いなく厚生労働省認可の正規品バイアグラを正規の薬剤卸より納入しているのですが、 薬価基準未収載である本剤を当院が安くできる理由は当院独自の工夫によるものです。 それは、

  1. 【バイアグラ処方患者数が多い】当院はEDだけで1万7千人強の登録患者さんを擁しています
  2. 【運営コストを下げている】広告等を外部委託せずに内製する事でコスト削減しています
  3. 【人件費コストを下げている】スタッフを少数精鋭に抑えることで人件費コストを下げています
  4. 【クリニック利益を下げている】クリニックの収益を下げる事で低い処方費用を実現しています

以上これらの工夫が薬価基準未収載であるバイアグラの費用にフィードバックしている為、 我々新宿ライフクリニックは価格を低く設定できるのです。 そしてバイアグラの費用を低く設定する事でED患者さんにたくさん来てもらい、 結果として新宿ライフクリニックの運営が継続できているという次第です。


6.【今後の勃起改善薬の処方値段】

今後のバイアグラなど勃起改善薬の処方価格ですが、 これはおそらくどんどん低下する方向にあると我々新宿ライフクリニックは考えております。


本剤など勃起改善薬は薬価基準未収載なので各施設で自由に処方費用を設定できるのですが、 バイアグラに関しては厚生労働省認可の後発医薬品、 いわゆるジェネリック医薬品が国産されており、 納入価に開発費用などを内包していないこれらは、 同様に薬価基準未収載でありながら、 今までの先発勃起改善薬よりも仕入れに要する費用がかなり安くなっております。
こうしたバイアグラなどの先発勃起改善薬における 医薬品特許失効 が段々と始まっており、おそらく数年後にはレビトラやシアリスなどの勃起改善薬も、 厚生労働省認可の正規品であるジェネリック医薬品が登場するものと想定されています。 こうしたED治療薬のジェネリック医薬品も薬価基準未収載なため、納入価が安い分だけ皆様に提示する費用を低く設定できます。 その結果、先発品に比較してかなり安価にED治療を提供する事が可能になります。


そしてジェネリックの一般化により、 薬価基準未収載であるED治療薬は処方費用が総体として下がってくる可能性があり、 その影響で先発品であるバイアグラ・レビトラ・シアリスの納入価も安くなってくる可能性があります。 その結果、各ED専門施設で表示されるすべてのED治療薬の処方費用が下がってくる事を当院は想定し、 またそれを大いに期待しているのです。


薬価基準未収載という普段ふれあいの無い概念が、 各施設間または地域間での処方費用の較差を生んでいる事がお分かり頂けたかと存じます。 ED治療の啓蒙上、 当新宿ライフクリニックはバイアグラなどのED治療薬の処方費用をどんどん下げて行きたいと考えており、 その方針に従って今まで当院は運営されてきました。 バイアグラならびに本剤のジェネリック医薬品をご希望の方は新宿駅前の 新宿ライフクリニックへどうぞご相談にいらして下さいませ。