バイアグラと天候の関連について、新宿ライフクリニックからの報告



バイアグラと天気や季節の関連について

【バイアグラと天候】
バイアグラ天候の間にはある関連性があります。 新宿駅西口におけるバイアグラ処方量トップクラスの新宿ライフクリニックにおいて、バイアグラ処方量と天気や気温などの間に関連性があると言う可能性が今までの患者さんの受診経過から、 明らかになりました。
バイアグラは保険外診療において、最も有名な薬剤と言えます。 バイアグラはご存じのとおり、勃起不全=EDに対して薬効を示す薬剤で、 人間の血管拡張物質の作用を手助けする物質を分解してしまう物質をブロックする薬剤という薬で、 そのバイアグラの作用解説は一般の方が把握するにかなり難解です。


バイアグラの出現は旧態依然としていた勃起不全治療を大きく一変させ、革命的な変化を引き起こしました。 そのセンセーショナルなデビューは、バイアグラの名称を一人歩きさせてしまい、 バイアグラのような処方箋医薬品の啓蒙やCMが一般的に許可されていない我が国、日本においては、 バイアグラへの誤解が肥大したり、こうしたバイアグラに関するインフォメーションが希薄な状況の間隙をついて、 インターネット通販を介したバイアグラの偽造品ビジネスを助長させるなど、いくつかの問題が派生しています。
バイアグラに関するインフォメーションが希薄な状況が生み出している誤解に関しては様々なものがあり、 その代表的なものとしては「バイアグラは女性をその気にさせる」「バイアグラは催淫作用がある」 「バイアグラは性欲も高める」 「バイアグラは性交による感染症を防ぐ事 ができる」などです。これらは根も葉もないまったくのでたらめに過ぎず、バイアグラと性交による感染症の話に 関しては、ファイザー社のバイアグラの添付文書に「バイアグラは性行為感染症を防ぐことはできない」 と明記してあるくらいです。


それでは「バイアグラは気候が寒い時期の方が処方量が多い」「バイアグラは気候が晴れている方が処方量が多い」 という説はいかがでしょうか? これは公的に認められているものではありませんが、当新宿ライフクリニックのようなED専門クリニックにおいては、 共通に認識されている事であり、また薬剤卸や各製薬会社の情報担当者もおそらく認識されている内容です。
一般的にはほとんどの疾病はタイミングを選ばずにやって来ると共通認識されているのではないかと存じますが、 実は気候と疾患には密接な関連があり、可能性としてEDもまたこうした気候との関連があると推察します。 それが気候の変動に伴うバイアグラの処方量の変動に関連している可能性を当院は検討しています。
本稿ではこの気候とバイアグラの話を軸に、気候と疾病に関して、気候とEDに関して、気候とバイアグラに関して 、また気候影響への対策に関して記載しております。どうぞ、ご参照くださいませ。


【気候と疾病】
冒頭よりバイアグラを使用する状況つまりEDと気候に関連性がある可能性に関して述べておりますが。 みなさんは気候と疾病は関係ないと思いますか?
実は気候と疾病は、すべての疾病とは言いませんが、その一部には明確な関連性があります。 よく考えてみれば、みなさんがよくご存じの疾病である風邪症候群やインフルエンザは明確な気候との関連、 季節性があります、気候が乾燥して寒くなるとこれらの疾病は増加していきます。
また食中毒も気候との関連があります。気候が暑く、湿気が増加してくると食中毒は増加しやすくなってきます。 そして熱中症などはまさに気候と関連が強い疾患の際たるものですよね。 これらの疾病に関しては気候との関連は容易に想像がつくかもしれません。


一方、気候との関連が容易に想像できない疾患の代表としては脳卒中、狭心症などが有ります。 脳血管の動脈硬化による閉塞や脳血管の破裂によって発症する脳卒中は実は、 気候が寒冷な地域の方が多いのです。 また気候条件が冬の方が脳出血は多い傾向にあると言われています。
一方で気候は医学的治療にも応用されています。気候療法という医学用語があるのですが、 これはリウマチや気管支喘息の治療に気候の変化による刺激が良いとい可能性を 根拠に検討されているものですが、実際に気温・温度・気圧などを操作できる人工気象室を使用した、 これらの疾患への治療アプローチが試験的にされているとの事です。 そのほか気候療法は慢性の血液疾患・体質性疾患・呼吸器系疾患への適応が検討されています。
このように気候と疾病そしてその治療には関連性が見出されており、 当院ではこれをED発症に関連してバイアグラ処方量と気候のリレーションに注目しています。


【気候とED】
上記に気候と疾患そして気候療法に関して記載させていただきましたが、 気候とバイアグラの対象疾患であるED(勃起不全)との関連はどうでしょうか?
EDという疾患は、その原因を大別すると、

  1. 血管内皮機能の低下
  2. 動脈硬化の進行
  3. 男性ホルモン分泌量の低下
  4. 自律神経機能の障害もしくは低下
  5. 様々な事象による性欲の低下
などが考えられます。
とくに血管内皮機能の低下、 動脈硬化の進行によるED発症には生活習慣病である糖尿病や高血圧の関連が非常に濃厚で 、一方ED同様に血管内皮機能の低下、 動脈硬化の進行の結果発症する脳梗塞や心筋梗塞もまたこうした生活習慣病の影響で発症・増悪いたします。 そしてこれら脳梗塞・心筋梗塞は上記いたしましたが寒冷状況などの気候とその発症契機との関連が濃厚です。
EDは実は最近は心筋梗塞や狭心症など心血管疾患の「警告疾患」というカテゴリーになりつつあります。 つまりEDが発症すると、 このまま動脈硬化が進行すれば心筋梗塞や狭心症が発症する可能性が高いと言う事で、 EDはそうした重大疾患発症の警鐘をならすものとの扱いがされるようになってきました。
つまりED発症の延長線上に、 心筋梗塞など気候条件と発症契機との関連が示唆される疾患が存在すると言う事で、 これはED発症にもまた、気候条件がその発症に関連する可能性を類推させます。
ED発症の好発気候時にはバイアグラ処方量が増加傾向を示しても何ら不思議はありません。


【気候とバイアグラ】
気候条件とバイアグラ処方量に関する当院 新宿ライフクリニック受診患者さんに関するレポートですが、 当院は新宿でもトップクラスのバイアグラ処方量のクリニックであり、 当院におけるバイアグラ処方量のトレンドは情報として高度な一般性を持つと自負しております。
当院においてバイアグラ処方量はやはり寒冷な気候の時期、 特に初冬から年末・年始にかけて多い傾向がございます。
また雨天や晴天等の気候条件としては晴天時の方がバイアグラ処方量は多いです。
奇しくも上述させて頂いた、脳卒中や心血管疾患(狭心症や心筋梗塞など)の好発気候時期である、 寒冷期にバイアグラ処方量が多いのは、偶然の一致というよりも、バイアグラの処方対象疾患である、 EDの発症時期や増悪時期が気候で言うと寒冷期に当たるからではないかと推察されます。
ただ初冬から年末年始に関してはシーズンイベント(クリスマス)なども多く、 セックスの頻度が多い時期とも思われ、寒冷期にEDが発症しやすく、 ゆえにバイアグラ処方量が多いという仮説に対しては一つの情報バイアスになる可能性があります。
また雨天・晴天のバイアグラ処方量の差異は、可能性として気候条件によるED発症とは関連なく、 一般の小売販売店同様に雨天時には患者様がご来院しにくいという、 アプローチ上の関連が強いのではないかと推察します。
ただ咳喘息などのように雨天が増悪因子たる疾患も存在するので、 今後の調査によっては晴天・雨天という気候条件はアプローチ的問題とはかい離した、 バイアグラ処方量と気候条件に関連した事象として再認識される可能性もあります。


【気候による影響への対策】
気候、とくに寒冷気候がED発症や増悪に関連してバイアグラ処方量に影響を与えるという仮説が成立するとしたら、 気候変動に対応した施策をする事でED発症や増悪を緩和する事もできるかも知れません。
EDを血行力学的に勘案した場合、温度の大きな変動は血管系に悪影響を与える事が想定され、 寒い時期には室内・室外との高度な温度差をあまり作らないようにする事は、 前向きな施策になる可能性があります。
つまり防寒体制をきちんと整える事は重要かも知れません。 また室内においては寒冷気候時の浴室と浴室外の温度差が大きい場合があるので、 こちらに関しても事前に浴室を温めるなどの工夫が望ましい可能性があります。
以上、気候とバイアグラ処方量の関連に関するレポートならびに、 気候とバイアグラ処方量の関連に関する考察を報告されていただきました。
新宿ライフクリニック は巨大ターミナル新宿駅前のED専門クリニックです。 各種専門医もその診療に参画している機能性の高い診療所になりますが、 バイアグラならびにEDに関する質問には多角的に対応できますので、 どうぞご気軽にご相談にいらっしゃって下さいませ。


違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠