クスリ屋では手に入りません。

バイアグラは病院以外の薬局/薬店/薬屋/ドラッグストアで正規のものを処方する事は出来ません。



バイアグラ正規品の入手」

本製剤はクスリ屋では売っていませんので、医療施設への受診が前提となります。


<当ページの項目リスト>

  1. 【バイアグラはクスリ屋では売っていません】
  2. 【処方箋医薬品って?】
  3. 【処方箋医薬品がクスリ屋で売っていない理由】
  4. 【バイアグラの正規品を入手するには】
  5. 【新宿ライフクリニックの工夫】

1.【バイアグラはクスリ屋では売っていません】

バイアグラはクスリ屋では正規流通のものは扱っていません。 バイアグラは処方箋医薬品という医師の処方が前提になっている製剤ですので、 医師がいないクスリ屋/薬局/薬店/薬屋/ドラッグストアなどの施設では正規のバイアグラを入手する事はできません。 ただし医師の処方箋があれば、 処方箋薬局という特別なクスリ屋ではバイアグラを入手する事が出来ます。


バイアグラなどの正規に流通している厚生労働省認可の勃起改善製剤の入手方法は、 一般の方には非常にわかりにくいです。 バイアグラ等の処方箋医薬品はクスリ屋単体では手に入らず、 保険外診療を標榜する医師のいる医療施設に受診する必要が有ります。
この入手方法のわかり難さはバイアグラが非常に知名度が高い製剤のわりに、 処方箋医薬品として一般の情報媒体上でその情報が制限されているという、 情報のアンバランスな状態が一つの原因です。
インターネットを見ると、 通販やクスリ屋でも正規流通しているバイアグラを取り扱っているかのごとく記載があります。 ネットの通販品に偽造バイアグラが多い事は段々と周知されてきておりますので、 最近では間違ってクスリ屋に本剤を購入に行く方もいらっしゃるようです。 これは医療施設に行くと混み合いますし、時間もたっぷりかかってしまいますし、 その上に診察料もかかるのでクスリ屋を選択したくなってしまうのかも知れません。


しかし残念ながら正規のバイアグラはクスリ屋では扱っていません。 仮にこうしたクスリ屋で手に入る事があったとしても、医師不在で勝手に本剤を処方する事は違法なので、 前提としてそのクスリ屋単体で扱っているバイアグラは偽造品である可能性が非常に高いです。 つまりバイアグラの正規品はクスリ屋で売っていません。 それでは正規品のバイアグラはどのように入手したらよろしいのでしょうか?
それはクスリ屋ではなく保険外診療に対応した保健所認可ED治療施設に行かれるのが正解です。 ちなみに当新宿ライフクリニックは保険外診療に対応した保健所認可医療施設として、 新宿区エリアでトップクラスです。


詳しくは後述しますが、当院の場合、 バイアグラなどの勃起改善薬の処方に当たり診察料等の付加的料金はかかりません、 女性職員も一切いません、 院内処方形式なので処方箋をもって改めてクスリ屋に行く必要もありません、 またED治療に特化したクリニックですので一般の医療施設のように受診に長時間かかる事もありません。 つまり新宿ライフクリニックで正規品のバイアグラを処方する場合は、 クスリ屋に行く際の時間や体力、費用コストとほぼ変わらないです。 ただこうした施設と違うのは医師が常駐する正規医療施設である事、 また正規品のバイアグラなど勃起改善薬のみを取り扱っている事です。


本稿はバイアグラの正規品を正しい方法で入手したいというED患者さんのために 何故にバイアグラが、「一般のクスリ屋では売っていません」という状況なのか、 また正規のバイアグラの入手方法に関して、これに処方箋医薬品の解説などを交えて解説しております。 どうぞご参照くださいませ。


2.【処方箋医薬品って?】

バイアグラはクスリ屋/薬局/薬店/薬屋/ドラッグストアでは売っていません。 これを説明するにあたり、上記にバイアグラが処方箋医薬品であるからと記載しましたが、 それではこの処方箋医薬品とはいったいどのようなものなのでしょうか?


処方箋医薬品という言葉は耳慣れないと思われますが、 これはクスリ屋で扱っている一般の売薬と違い、 医師の診断の元に患者さんに処方が出来るというカテゴリーの製剤を示す言葉です。
バイアグラ等の処方箋医薬品は医師の判断で適応される製剤の種類、 そしてその分量、用法が規定されるもので、 処方箋という所定の用紙にこうした医師による製剤の指示、 また診療機関の名称や医師の署名などが記載されます。
こうした規定がなぜ必要なのかと申しますと、バイアグラのような製剤は、 それを使用する事のできない疾患や飲めない体の状態があり、 それを医師が判定する必要があるからなのです。


クスリ屋にはこうした診療の為のシステムがないので、 前提としてこれらの施設では正規品のバイアグラを売っていません。 仮に医師がいない状態でバイアグラを出しているとしたら、それは正規品ではなく偽造品である可能性が高いです。 なぜならばクスリ屋などの医師のいない施設には、 バイアグラの正規品を製薬会社ならびに正規の薬剤卸がこれを納入させないからです。


3.【処方箋医薬品がクスリ屋で売っていない理由】

一般のクスリ屋/薬局/薬店/薬屋/ドラッグストアで正規品のバイアグラは売っていませんが、 こちらではより詳細な理由に関して記載しております。


こうしたクスリ屋のような医師のいない施設では、 正規のバイアグラのような処方箋医薬品は売っていません。 その理由は2.【処方箋医薬品って?】の説明のように、 前提としては処方箋医薬品としての法的な製剤区分が主体にありますが、 それが仮に無かったとしても、 法的な製剤区分以上に、クスリ屋単体でこれらを扱わない大切な理由が有ります。 それは生命や健康などに関連したものです。
例えば、健康の問題として高度な肝機能障害や心臓の冠動脈に狭窄があるような場合は、 バイアグラを始めとする勃起改善薬を使用する事はとても危険であり、 これらの状態は製剤の禁忌に指定されているものです。 しかしこうした疾患や身体における判断は、クスリ屋のスタッフには出来ません。 こうした判断はあらゆる業種の中で医師にしかできないものです。 ゆえに法的な製剤区分だけでなく、 医療技術上の問題もあってクスリ屋では正規バイアグラを扱っていないのです。


ただし処方箋薬局という特殊なクスリ屋では処方箋に記載された医師の決めた製剤の種類、 分量、使用期間などに従い、バイアグラなどの製剤を処方する事は出来ます。 処方箋薬局はよく大きな病院などの前にある門前のクスリ屋の事です。 みなさんも病院に受診された際に通常のクスリ屋と雰囲気の違う、 これらの処方箋薬局に行った事があるのではないかと存じます。 こうしたクスリ屋単体ではバイアグラを処方する事はできませんが、 受診による医師の指示、具体的には「処方箋」があればこうした特殊なクスリ屋で本剤を手に入れる事は可能です。 こうしたシステムは実は医薬分業という厚生労働省の指針に従ったものです。
ただ新宿ライフクリニックの場合は元々、「院内処方」というシステムを採用していますので、 女性職員が多い処方箋薬局などのクスリ屋に改めて行く必要はなく、 新宿ライフクリニック内で医師による診察、バイアグラの処方/入手が完結できるようになっています。


4.【バイアグラの正規品を入手するには】

バイアグラは上記のような理由や法規によってクスリ屋/薬局/薬店/薬屋/ドラッグストアでは売っていませんが、 それではバイアグラの正規品を手に入れるにはどうしたら良いのでしょうか?


これは冒頭で述べた通りクスリ屋ではなく、保険外診療を標榜する、 保健所認可の医療施設に受診する事で正規のバイアグラを処方する事が可能です。 ただ冒頭で述べましたが、 クスリ屋ではない正規の医療施設でも服用内容や健康状態、罹病状態によっては、 バイアグラが処方できないケースもあり得ます。 これは資格的な問題と言うよりも、 本剤の危険度についての問題が主体です。 バイアグラは服用内容や健康状態、罹病状態によっては、その使用が危険なケースもあるのです。


新宿ライフクリニックは新宿エリアでもトップクラスのED患者数、バイアグラ処方量の専門クリニックです。 クスリ屋ではない、正式な医療施設である当院にはこうした勃起改善製剤の処方における判断に関しても、 処方経験の豊富な医師が常駐しています。 (時にバイアグラを扱うEDクリニックには医師が常駐していない所もあります、 くれぐれもご注意下さいませ。)
クスリ屋では正規品バイアグラは売っていませんが、 こうした保健所認可のED治療施設では処方する事が可能ですので、 どうぞお近くの認可医療施設へご来院くださいませ。


5.【新宿ライフクリニックの工夫】

以上、「クスリ屋ではバイアグラは売っていません」を主題に、 その区分や理由などに関して、また正規品製剤の入手方法などに関して記載させて頂きました。


ただクスリ屋/薬局/薬店/薬屋/ドラッグストアではバイアグラは売っていませんが、 こうした施設でED治療薬/勃起改善薬を手に入れたい方の気持ちもわかります。 クスリ屋と違い病院はだいたい混み合いますし、 診察料などの付加的料金がかかる上に、前提として病院は女性職員が多いので、 EDなどの相談をし難いものです。 また処方箋薬局も職員はなぜか女性が多いので、 さらに本剤を受け取るのにハードルが上がると思われます。
実は新宿ライフクリニックではバイアグラ処方に当たってのこうした患者さんの悩みを解消するべく、 多くの工夫を重ねてきました。 以下にその工夫を列記しますと


  1. 新宿ライフクリニックは医師も受付も看護師も男性職員のみです。 クスリ屋のように女性の職員主体という事は一切ありません。
  2. 当院は科目をEDとAGAに限定する事で、診察から処方までの時間を大きく短縮してます。
  3. 院内処方ですので、診察からバイアグラの処方/入手まですべて当院内で完結でき、 処方箋薬局のような特殊なクスリ屋に改めていく必要が有りません。
  4. 当院は製剤代金以外の初診料・再診料・診察料・処方箋料などは一切頂きません。
  5. 当院はクスリ屋ではない保健所認可の正規医療施設ですので、 輸入製剤や偽造製剤など正規医薬品以外は一切取り扱ってません。

こうした工夫を凝らす事で新宿ライフクリニックは、 3年弱で新宿エリアトップクラスのED専門医療施設になる事が出来ました。 これも患者さん皆さんの当院へのご理解のおかげと思われます。
また新宿ライフクリニックでは様々な質問にも対応させて頂いております。 それこそ「クスリ屋ではバイアグラは売っていません」と言う状況がなぜなのか? こうしたベーシックな質問にも対応できますので、どうぞご気軽にご来院くださいませ。