バイブレーターによる射精の実際



バイブレーターによる射精法の適応

新宿駅至近でバイアグラなら新宿ライフクリニックへ。


【バイブレーター法による人工の射精とは】
バイブレーター法vibrator methodは、 様々な障害によって発生する精液放出の障害に対して、 主に受精・妊娠を目的として施行される人工の射精法の一つです。
この方法は、振動刺激をあたえるバイブレーターを陰茎に充てて、射精反射を誘発します。
観血的手技や、疼痛を伴わないで施行できる精液採取方法として認知されていますが、 方法としての欠点も有ります。

精液放出の障害は、 代表的には交通事故による 脊髄損傷脊柱管狭窄症などの脊髄疾患による脊髄の機能的障害、 また、糖尿病性神経症 などの自律神経を傷害する疾患、骨盤内の手術による合併症などによって発症する事が有ります。 これらの精液放出の障害を発生させる疾患はEDを伴う事が多いです。
また、精液放出の障害はEDと並び 男性不妊症 の原因の一つです。


【適応】
バイブレーター法による人工の射精の適応は、本方法に禁忌や合併症が少ない意味合いで、 特に、適応対象に対しての制限が少なく、多くの人工射精を希望される患者に適応されます。
上記の様な、器質的に精液射出障害を引き起こす疾患や、 それ以外のストレスや精神的トラウマが原因となるような、心因性の精液放出障害も適応疾患に入ります。
バイブレーター法による人工射精は、他の人工射精法、例えば 電気射精法 などのように激しい疼痛をともなったり、激しい疼痛のために全身麻酔を施行する必要が有り、 副次的に全身麻酔の合併症の心配が発生するような事が有りません。
お体への侵襲が少ない為、精液放出の障害が有る場合には、まず本法が検討されることが多くなっております。

上記の通り、バイブレーター法による人工の射精は、合併症の心配が非常に少ない方法ですが、 バイブレーターなどの振動を伝えるデバイスは、 末梢循環障害や末梢神経障害を主徴とする振動障害(白ろう病とも言います)が発生する可能性があるので、 高頻度のバイブレーターの使用は、充分な注意が必要です。


【バイブレーター法による人工の射精の実際の方法】
精液放出用のバイブレーター、もしくは市販される一般のマッサージ用のバイブレーターを使用して、 陰茎を刺激します。
陰茎の刺激部位は、陰茎の先端である亀頭部の真下、 顔側を時計の12時とした場合の、亀頭の6時方向が望ましいとされています。
同部位の刺激が最も射精反射を惹起しやすいと言われています。

外国製になりますが、医療器具として、人工的射精法用のバイブレーターが製造、販売されています。
しかし、本邦の一般的なマッサージ用ポータブルバイブレーターは、非常に優秀かつ低価格なので、 こうした専用品に代わって、日本のみならず海外においても人工的射精の為に広く使用されており、 充分な代換品になる事を証明してきました。


【利点と欠点】
バイブレータ法による人工の射精の利点は、上記に挙げた通り、 侵襲性が少ない事と、関連して施行する必要のある、麻酔等の他の手技が少ない事です。

一方、バイブレーターを使用した本方法の欠点としては、 施行する人間による成功率の較差が非常に大きい事が挙げられます。
施設ごとのバイブレーターによる精液放出の成功率が報告されている場合がございますが、正直な所、 同じ施設内でも、施行者が変わると成功率が大きく変動する可能性があるため、 報告される統計資料の解釈は、施行者が何人いるのか、施行者間の成功率に、どのくらいの較差が有るかを、 検討する必要が有ります。

また、他の欠点としては、他の人工射精法と共通したものになりますが、 神経的な問題による精液放出の障害に対し、本法のような人工的方法で精液を放出させた場合は、 通常の射精反射と違い、 逆行性射精 が非常に多い傾向があり、 状況によっては、膀胱から精液を取り出す必要性がございます。
また、事故などによる脊髄損傷が原因となっているケースでは、若年者が多く、 プライバシーへの十分な配慮が必須になります。

同性の検者・施行者の配置や、防音の落ち着いた個室での施行などが、望ましいケースも有ります。 羞恥心が強かったり、パートナーのモチベーションが高い場合には 妊娠を望むパートナーの方に本方法を指導し、在宅にて練習・施行してもらい、 精液が採取された場合には、それを膣内に入れるという指導が施行される場合も有ります。 また、最近ではこうしたバイブレーターを利用した射精障害治療の方法をPVSというメソッドで統一しつつある傾向が有ります。 ⇒PVSによる射精障害治療


written by 新宿のシアリス正規品なら新宿ライフクリニック.

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠