邪魔な皮下脂肪がインポの治療に役立つという可能性。



皮下脂肪を利用したED治療

新宿でバイアグラ販売なら新宿ライフクリニック。


【皮下脂肪とEDの治療】
皮下脂肪から採取した脂肪組織由来幹細胞による、 糖尿病ラットのEDの改善、また陰茎の海綿体組織の再生が有意に促進される事が発表されました。 この皮下脂肪を使用した方法は比較的侵襲性が低く、 アプローチしやすいEDの再生医療として現在、注目を集めています。
山中教授らによるiPS細胞、また小保方博士らによるSTAP細胞など、 今や、この日本は細胞を利用した再生医療のトップランナーとして世界中から注目を受けています。
無数の可能性を持つこれらの発見は、実際の医療に技術転用した後には、 数多くの難病の治療に役立つと考えられており、現行の医療技術で、 治療上の限界がある疾患や障害において大きな期待が寄せられています。
またこれらの再生医療の技術は致死性の高い難病だけでなく、 QOL=「生活の質」を下げてしまう、 ED=勃起不全のような日常的な疾患への転用も検討されています。
EDは現在、この日本だけで、1000万人以上の患者さんがいるとされており、 その中には特異的改善薬であるバイアグラ・レビトラ・シアリスの反応が悪い患者さんも含まれており、 その多くは神経や血管などの機構の物理的障害がベースになっております。
こうした状態は現行で使用されている治療体系では、 改善が難しいと予測されており、 長い間、技術革新によるブレイクスルーが待たれていました。 細胞を利用した再生医療はそのブレイクスルー足り得るボリュームがあると考えられています。
しかしiPS細胞は言うに及ばず、血管内皮前駆細胞や骨髄幹細胞など、 幹細胞療法を利用した再生医療などは、 そのコストや侵襲性、また合併するリスクから中々、 ED治療などの日常的疾患への転用は現実性に欠ける側面が否めません。
しかし今回、ご紹介させて頂く皮下脂肪の脂肪組織由来幹細胞を使用した、 再生医療は皮下脂肪からこれを採取するものなので、 低侵襲かつ関連コスト、ならびに合併リスクが相対的に少ない事など、 実際性という観点で非常に優れたものです。
本項では皮下脂肪とED治療の関係や本報告のダイジェストまた、 今後のED治療に関して記載させて頂いております。 ご参照くださいませ。


【脂肪とEDの関係】
皮下脂肪がED治療に使用できるというのは、 あくまで細胞を使用した再生医療に関しての話であり、 基本的には皮下脂肪が過剰に多い事はメタボリックシンドローム、 高血圧、糖尿病などの生活習慣病を引き起こし、 その結果として皮下脂肪は血管内皮機能障害や動脈硬化からEDを引き起こす事が多いと認識されています。
統計的報告によっては肥満自体が直接的にEDの発症に相関すると、 報告している大きな規模の研究も有り、 肥満からの生活習慣病の発症からEDの発症に至るという二次的な関連性だけでなく、 男性ホルモンの分泌障害が関連すると想定される肥満とEDとの一次的な関連も想定されています。
また、肥満の改善はEDの改善と相関があると報告している発表も有り、 当新宿ライフクリニックにおいても、 EDの生活習慣指導においては減量などの体重の適正化は、 非常に大切なものとしてインフォメーションさせて頂いております。
しかし、ここにきて皮下脂肪に由来する幹細胞を使用したED治療が一般化するようになると、 皮下脂肪はEDの原因に関わるものでもあり、 その一方、皮下脂肪はEDの治療に転用できるものにもなり、 これらは双方向性の複雑な関係性を持つに至ります。


【皮下脂肪を利用したED治療の報告】
血管内皮前駆細胞や骨髄幹細胞を使用した幹細胞療法は、 閉塞性動脈硬化症や急性心筋梗塞など大病の治療への利用が現在検討されています。
これは幹細胞による組織修復を期待しての治療方法になりますが、 大量の幹細胞を収集するのが困難であったり、 骨髄穿刺などの比較的侵襲性の高い手技が必要になって来たり等、 デメリットやリスクが潜在している事は一つの臨床応用上の問題と言えます。
しかし脂肪組織由来の幹細胞の採取は簡便かつ比較的低リスクで、 上記の手法に比較すると実際性が高い可という可能性が期待されています。
この方法としては治療対象の皮下脂肪を局所麻酔下に吸引する事で、 採取した皮下脂肪組織から、幹細胞を回収し、 改めてそれを障害部位に投与すると言うもので、 大量かつ効率的に幹細胞を障害部位に供給する事が可能です。
人工的に糖尿病を発病させ、ED化させたラットにこの皮下脂肪を利用した再生医療を施した所、 勃起能の改善だけでなく、勃起機構の成立に非常に重要な海綿体構造の再生も確認されたとの事でした。


【新時代のED治療】
ED治療は、陰茎に直接、血管拡張薬を注射したり、 ポンプによる陰圧で陰茎を膨らませたりする前時代的な治療から、 現行の主流であるPDE5阻害薬のバイアグラ、レビトラ、シアリスによる、 内服治療にシフトしてきました。 これら勃起改善薬は副作用が少なく勃起改善効果が強いと言う事で、 その登場によりED治療のパラダイムシフトに至ったわけですが、 その一方でこれらの勃起改善薬でもEDが改善しない症例達による、 難治性EDという患者集団を相対的に作り上げる結果となりました。
上記しましたが、こうした難治性EDが内包する患者さんには、 血管や神経などの機構的、構造的障害がある方も多く、 組織や器官の再生を意図して検討されて来た再生医療はこの現状を救う新しいテクノロジーとして 各学会から多いに期待されています。
今回、ご紹介させていただいた皮下脂肪を利用した幹細胞療法は、 いわばミニマムな血管等の器官の修復あるいは再生を目標としたものです。 しかし再生医療によるEDなど男性性機能の治療に関してはより壮大な期待も寄せられており、 iPS細胞やSTAP細胞などの究極の目標は臓器や器官などの完全再生となります。 あるいは未来においては事故や悪性腫瘍治療などで失われたペニスの完全再生なども、 具体的な治療メソッドが存在している可能性があります。


written by 新宿でレビトラ販売のご相談なら、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠