太った男性のインポテンスには運動が効果的



肥満男性のED/勃起不全改善の為のエクササイズ

バイアグラ効果を新宿で実感したいなら、新宿ライフクリニック。


【肥満とED/勃起不全】
肥満男性におけるエクササイズつまり運動療法によって、 ED/勃起不全が明らかに改善するという研究報告が有ります。 それによると中等強度のエクササイズを週当たり200分ほど実行するとEDの改善に効果的との事です。 これは一日当たりで換算すると一日30分くらいのエクササイズ時間です。
肥満は近代先進国のほとんどすべてが抱える重大な問題であり、 様々な疾患をそこから生み出す、疾患の母として認識されている重大な病原です。
現在、世界には推定で5億800万人の肥満者がおり、 2030年にはこれが11億200万人に増加するとされています。 特に米国では2030年には成人の44%すなわち約半数が肥満にカテゴリーされるようになるとの事です。
こうした世界的な肥満者増加の潮流は世界銀行によると、 安価で高カロリーだが栄養価が低い食品が主な原因となっているとされており、 特にコンビニエンスストアー、ファーストフードなどで販売される、 安価かつ高カロリーの食品の影響は大きいです。
人間は氷河期を効率よく生き延びれた動物種であり、 その背景にはカロリーの貯蔵が他の生き物よりも優れていたという生体機能上の特性が有ると言われています。 この特性は、安全かつ安価に食料が手に入りやすくなった人類の近代においては、 メリットからデメリットへの転換点を迎えており、 「効率良く肥満化しやすい」という悪い特性として働くようになって来ました。 人類は高度な文明を築く事は出来ても、 原始的な欲望のコントロールに関しては進化が停滞していると思われ、 身体が必要としている以上のカロリーを摂取してしまう傾向が否めません。
そうした結果として発生する肥満は、 脳梗塞や心筋梗塞などの命を左右する大血管疾患の独立したリスクファクターとして認識されており、 その悪影響は非致死性疾患にもおよび、そうした疾患の一つがED/勃起不全です。
肥満者では動脈硬化が進行しやすいので、 血流障害や血管内皮機能障害によってED/勃起不全が発生しやすくなる傾向があります。 また昨今の研究によると肥満者においては、 性機能に重要な役割をもつ内因性物質である、 男性ホルモン:テストステロンの分泌量の低下を引き起こす傾向が有ると報告されており、 肥満は多元的な理由でED/勃起不全を引き起こす状態と考えられ始めています。
こうした肥満男性の血管内皮機能障害などによるED/勃起不全には、 バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのPDE5阻害薬が有意な改善効果を示しますが、 これはあくまで一過性の症状改善を目的とした薬剤であり、 これらは根治的なアプローチの治療にはなり難いです。
それでは肥満者に対するED/勃起不全の根治療法的アプローチとはどういったものになるのでしょうか? 本稿では研究発表を中心に肥満男性のED/勃起不全治療の為のエクササイズに関して記載しております。 どうぞご参照くださいませ。


【肥満男性のED/勃起不全における運動療法効果の報告】
この研究は医学的に肥満と認定される30~60歳の男性90人に中等強度のエクササイズをしてもらい、 その運動の長短でED/勃起不全やテストステロンの分泌量に差が出るかを統計学的に判定したものです。
長時間群は週に200~300分のエクササイズ、 短時間群は週に150分未満のエクササイズで分類されています。 長時間群は一日換算で28.6~42.9分ほどのエクササイズになり。 短時間群は一日換算で21.4分未満のエクササイズです。
この研究の結果としてはED/勃起不全の治療効果判定スコアであるIIEF5において、 長時間群のエクササイズは統計的にも有意なED/勃起不全の改善が確認されたとの事です。 とくに中等症以上の肥満男性でその改善は非常に顕著だったとの事です。
また長時間群のエクササイズではテストステロンの有意な増加、有意な変化量の上昇が認められ、 長時間群のエクササイズは男性ホルモンの分泌障害に対しても改善効果が有る可能性が示唆されました。


【肥満男性のED/勃起不全改善に望ましい「中等強度のエクササイズ」とは?】
それでは上記の研究報告で有意な効果があるとされる、 肥満男性のED/勃起不全改善の為の「中等強度のエクササイズ」とはどのような運動の事になるのでしょうか?
まずこのエクササイズの「中等強度」とは何かというと、 心拍数によって規定された運動強度指標の真ん中くらいの強さという意味です。
これは年齢から算出される最大心拍数の50~70%がそれに相当するとされています。 この最大心拍数は成人であれば 〈最大心拍数=220-実年齢〉 で算出され、 一方高齢者では 〈最大心拍数=215-実年齢〉 で算出されます。
例えば30歳の方であれば最大心拍数は190になり、 中等強度のエクササイズは95~133回/分ほど、 心臓をドキドキさせる運動が該当します。
なかなかエクササイズ中に心拍数を随時確認する事も難しいかと思われますが、 主観的なニュアンスで言うと中等強度のエクササイズとは、「ややきつい」くらいのレベルだと良く表現されています。
そして肥満男性のED/勃起不全の改善に望ましいエクササイズの種類としては、 ウエイトを利用した筋力トレーニングなどではなく、 全身を使った有酸素運動が望ましいとされています。 代表的にはウォーキング、ジョギング、水泳、体操などがそれに当たります。
サイクリングは優れた有酸素運動と言えますが、 ことED/勃起不全に関しては悪影響を及ぼす事があるので、 ED/勃起不全改善用の有酸素運動としては推奨いたしません。


【肥満男性のED/勃起不全のエクササイズにおける注意点】
「それではEDで悩まれる肥満男性のみなさん、いざエクササイズをしましょう!」
と言いたい所ですが、日々継続的に施行するエクササイズにはいくつもの注意すべきポイントが有ります。 ここではそうした事に関して触れたいと思います。
まず、肥満の方はエクササイズ時の下肢関節に負担がとても大きいので、 エクササイズ前には入念な柔軟体操が望ましいです。 特に高度な肥満の方や肥満の影響下に関節の障害を引き起こしている方などは、 運動療法を開始する事前に整形外科医に施行していいエクササイズの種類・強度に関してお伺いした方がより安全です。 またこうした方は関節負担の少ない水泳や水中ウォーキングの方が望ましいとも言われております。
次に、肥満の方は、通常の方より脳梗塞や心筋梗塞などの大血管障害を引き起こしやすい傾向が有るので、 これらの疾患を誘発しやすい脱水状態をエクササイズ時に引き起こさないようにする事が大切です。 特に夏など汗をかく時期は前提で要注意ですが、 冬に脱水が発生しないわけでは無いので、 オールシーズン運動前、運動中、運動後の水分補給に十分に気を付けましょう。
また肥満の方はすでに心疾患などを併発している場合もあるかと思われますが、 こうした併存疾患が有る場合には、施行可能な運動の種類・強度を主治医の先生にお伺いして、 オーダーメイド的な内容での運動へのアプローチが望まれます。
既にED/勃起不全にバイアグラ、レビトラ、シアリスを使用している場合も、 適切な運動習慣を暮らしに導入する事で、これらのPDE5阻害薬の効果も増強・改善すると言われております。 運動はもっとも安価なED/勃起不全の治療方法です。 注意すべきところをキチンと踏まえて、ED/勃起不全の改善に良いエクササイズを実行しましょう。


written by 新宿でレビトラ副作用のご相談なら、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠