勃起改善薬による早期の勃起リハビリの効果の検討。



PDE5阻害薬による術後リハビリの大規模ランダム化試験

新宿でバイアグラジェネリックの購入なら!新宿ライフクリニック!


【PDE5阻害薬と大規模ランダム化試験】
バイアグラレビトラ、 シアリス、シルデナフィルなどのPDE5阻害薬を使用した、 術後にEDを発症させやすい前立腺全摘除術などの外科処置後の、 陰茎の早期術後リハビリは、術後EDの予防に効果的なものとして、 今迄様々な施設で実行され報告されてきました。 しかしこの度欧州にてPDE5阻害薬を使用した術後リハビリの大規模ランダム化試験が行われ、 その結果、このメソッドの効果を疑わせるような結果が出たとの事です。
バイアグラ、レビトラ、シアリス、シルデナフィルなどのPDE5阻害薬はその副作用の少なさと、 高いEDの改善作用から、その発売以来、処方量はどんどん増加し、 現在ではED治療の標準として世界的に一般化が進んでおります。
また、その血管内皮機能の改善作用と安全域の高さの両立は、 これらの薬剤のED治療以外への適応を促す結果となり、 現在では肺高血圧症や前立腺肥大に伴う排尿障害など様々なED以外の疾病への転用が進んできている状況です。
こうしたPDE5阻害薬のED治療以外への転用の中でも注目を浴びているのが、 バイアグラ、レビトラ、シアリス、シルデナフィルなどの術後リハビリへの使用になります。
実は前立腺癌などに施行される前立腺全摘除術など、 泌尿器 特に前立腺や陰茎周囲への外科的処置は、その術後に勃起不全を発症させる事が多く、 こうした状況で発症する術後EDは、 これらPDE5阻害薬が比較的作用し難い、難治性の勃起不全の原因になる事が多々あります。
事後の対応としてその改善が難しい状況においては、 予防的に対応する方が費用対効果の高い対策となりやすいですが、 この場合もそうで、勃起不全が定着する前に術後早期にリハビリ介入する事で、 この事態を予防的に対応しようとする動きが近年の性機能系の学会でもメインのトピックの一つでした。
しかしこの度、欧州で施行された大規模ランダム化試験において、 PDE5阻害薬による術後リハビリの成果は、しっかりと示されず、 今後の外科的処置後の術後ED予防のストラテジーに一石を投じる結果となりました。
本稿ではこの術後リハビリに応用されているバイアグラ、レビトラ、シアリス、 シルデナフィルなどのPDE5阻害薬の解説、大規模ランダム化比較試験の解説、 またこの報告内容のダイジェスト、 そして 今後のPDE5阻害薬を使用した術後リハビリに関して私見を記載しております。 どうぞご参照くださいませ。


【PDE5阻害薬とは】
このPDE5阻害薬という名称は「ED」「勃起不全」「バイアグラ」 などのキーワードに比べると聞きなれないかもしれません。
このPDE5阻害薬という名称はバイアグラ、レビトラ、シアリス、 シルデナフィルに共通する分類カテゴリーの名称です。 また、この名称はこの薬剤の作用動態を一部解説するものでも有ります。
なぜにバイアグラ、レビトラ、シアリス、シルデナフィルなどのPDE5阻害薬は、 EDの改善作用を示すのでしょうか?
実はPDE5阻害薬の勃起不全改善作用は主に血管拡張物質である一酸化窒素の作用を高める事で、 発現しております。
名称にも入っているPDE5 とは酵素の名称で、 一般的に血管拡張物質である一酸化窒素の作用を阻害する方向で作用します。 そこでこのPDE5阻害薬はこの酵素の作用を阻害する事で、 血管拡張物質の作用を阻害する酵素をさらに阻害します。
その結果血管拡張物質が作用しやすくなり、陰茎に血液が集まる事で、 勃起不全の改善に至るという作用動態になります。


【大規模ランダム化試験とは】
今回、ご紹介させて頂く大規模ランダム化試験とは聞きなれないものと思われますが、 これは現在医療分野でよく使用される大規模な研究試験の方法の一つです。 これは端的に言うと投薬による作用を判断したいような場合、 治験対象者の抽出をランダムにして、また治療群と非治療群をランダムに選択した上で、 どの人が治療群なのかわからなくします。こうする事で「成果が出そうな治験対象者」 を研究者が選んでしまう事を避ける事が出来、また研究者、治験対象者どちらにとっても、 だれが治療群かわからなくする事で成果、 またその計測において主観が入らないように調整する事が出来るという優れた大規模臨床試験です。
つまり従来の方法に比較して、薬剤などの効果を公平に判定する事が出来るという訳です。 ただ、この大規模ランダム化試験であっても、評価方法や試験の施行方法などによって、 バイアスが発生する事は避けられず、ゆえにこうした試験は、その結果において、 その多角的検討が非常に大切であると言えます。


【欧州におけるPDE5阻害薬による術後リハビリの大規模ランダム化試験の結果】
この欧州におけるMontorisiらが施行した大規模ランダム化試験は、 今後の術後ED予防を考える上で、肯定的なものが非常に期待されていましたが、 その大規模ランダム化試験の結果としては、PDE5阻害薬の連日服用による陰茎の術後リハビリの効果は、 on demand つまり必要性があった場合にスポットで投薬する状況に比較して、 明らかに勝る効果があるとは言えるものでは有りませんでした。
つまり「その効果はヒトでは不明」という結果となったとの事でした。


【PDE5阻害薬による術後リハビリの今後】
上記の通り、欧州における大規模ランダム化試験によるPDE5阻害薬を利用した、 術後リハビリの効果に関する報告は、その効果を疑わせるような内容に終わってしまいました。
しかし、バイアグラ、レビトラ、シアリスシルデナフィルなどを利用した術後リハビリの方法は今なお、 術後陰茎リハビリテーションに置けるファーストラインとして期待され続けており、 現在 様々な研究者がこの大規模ランダム化試験で、 本方法が良い効果を示さなかった理由に関して考察を重ねております。
また、この大規模ランダム化試験の結果とは裏腹に現在も多くの論文にて、 その本方法のポジティブな結果が報告され続けています。
こうした差異を考える上で、施設における陰茎の術後リハビリの方法が、 バラバラであるという事は非常に重要な検討要素と言え、 使用する薬剤の違い、投薬の開始時期の違い、投与量の違い、投与期間の違いなど、 結果のギャップを検討する上で、 レギュレーションを取らなければならない因子が未だ多数ある事は事実です。
今回の結果はPDE5阻害薬を使用した術後リハビリの効果が否定されたと言うよりも、 今後の大規模ランダム化試験などのメガスタディにおいて、 レギュレーションをどのように揃えていくかという、新しいテーマの発掘に成功したとも言えます。 レギュレーションを揃えた大規模ランダム化試験の結果が今後蓄積する事で、 その真なる効果が浮き彫りになってくるものと思われ、今後の報告が期待されます。


written by レビトラ購入を新宿で!新宿ライフクリニック!

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠