ニンニク注射の主な内容であるビタミンB1には厚生労働省が定めた摂取量の基準が有ります。



ビタミンB1の食事摂取基準とにんにく注射


【ビタミンB1と食事摂取基準】
ビタミンB1は滋養強壮で有名なニンニク注射の主たる有効成分であり、 必須栄養素になるので、他の必須栄養素同様に食事摂取基準が設定されています。 にんにく注射の主成分であるビタミンB1の食事摂取基準は、 チアミン塩酸塩量として換算すると、 1歳から69歳までの年齢層の推定平均必要量として1000kcalのエネルギー摂取当たり、 0.54㎎の摂取が推奨されています。
適切な食事は、健康の維持や生活習慣病や栄養失調などの疾病の予防に非常に大切です。
しかし時代とともに豊かになった日本においては、 外食文化・美食文化の隆盛とともに、 本当の食事の意味を、時に忘れてしまいがちになっていると感じます。 本当の食事の意味とは、舌を喜ばす為だけの行為では無く。 命をつなぐ為の行為、つまり上記したような適切な食事が果たす役割、 効果を享受する為の「栄養の摂取」の事だと思われます。
高度な文明社会は食事にどんどん娯楽的要素を求めていき、 現代日本の「美味しくなければ食事に有らず」と言ったムードを形成していきました。
そのムードの中で、世界でも有数の豊かさを誇る日本の大都市エリアにおいて、 相対的な栄養失調により、だるさなどの慢性的な不定愁訴を訴える方が散見されるようになって来ました。
特にお若い方において味と値段に偏重して、 日頃の食事を構成している方にそのような傾向が顕著と思われます。
  これは必要な栄養素、つまり食事摂取基準に一切の注意を払わずに安価で美味しい、 ファーストフード、コンビニエンスストアらの高糖質・高脂質の食事を毎日する事によって、 ビタミンB1などの必須栄養素が相対的に足りていない状況を招いているからと考えられます。
現在、さまざまな機関が推進している「食育」とは、 実は飽食な高度文明社会においては、非常に有益なものである可能性があり、 その役割には食事の大切さ、食糧生産者の大切さ、その他にも食事と健康の関連性など、 現代日本の若い人々にとって必要なインフォメーションが出来る可能性が期待されています。
特に生活習慣病である高血圧、糖尿病、脂質異常症などが急激に増加している我が国の現状において、 これらの発症ならびに増悪契機に食事内容が大きく関連しているという事実は、 「適切な食事」という全国民へのレクチャーが今、非常に希求されている事の証左とも思われます。
こうした「適切な食事」のレクチャーは栄養失調を防ぐばかりか、 こうした国家財政を圧迫する生活習慣病の極期疾患である、 脳梗塞や心筋梗塞の発症予防上も非常に大切と思われます。
本項ではにんにく注射の主な内容であるビタミンB1を軸に、 むかしは栄養所要量と言われていた厚生労働省の規定する「食摂取基準」に関して、 またにんにく注射の主成分であるビタミンB1の利用率や食事摂取基準量に関して、 詳しく説明させていただきます。


【食事摂取基準とは】
食事摂取基準とは従来、栄養所要量と言われていたもので、 「適切な食事における栄養素の量」に関して厚生労働省が発布している国家的基準の事になります。
適切な食事とは何か?と申しますと、 この場合は美味であるとか、 安価であると言った概念は一切が払拭されており、 健康の維持・増進、エネルギーや栄養素の欠乏の予防、 高血圧・糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病の予防、 過剰摂取による健康障害の予防などを目的とした食事の事を示しております。
従来のこうした国家的基準であった「栄養所要量」には栄養の過剰摂取という概念は含まれておらず、 しかし飽食日本において、食事を誘因として発症する生活習慣病を考えると、 その食事のバランスを論ずる場合には、過剰摂取にも留意する必要が有り、 2005年にその概念と名称が改まり、 栄養所要量から「食事摂取基準」という呼び名に改正されたとの事です。
食事摂取基準はそれぞれの栄養素やエネルギー源に関して、 「推定平均必要量」、「推奨量」、「目安量」、「目標量」、「上限量」 のそれぞれが基準として規定されており、 またその対象者も乳幼児、一般、妊婦などいくつかの対象者に分類され、 その基準が規定されています。
健康の維持・増進ならびに欠乏の予防の為には、 「推定平均必要量」と「推奨量」が基準になります。
一方、これらの指標の設定が難しいものに関しては 「目安量」という若干曖昧な基準が規定されており、 高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病の一次予防を積極的に行う為の規準としては、 「目標量」という基準が定められています。
ちなみに「上限量」とは過剰摂取による過剰症が引き起こされ得る栄養素に関して規定されたもので、 例を挙げるとミネラル類や葉酸、微量元素などがそれに相当します。


【ビタミンB1の利用率ならびに食事摂取基準などについて】
にんにく注射の主な成分であるビタミンB1は加工前の食物中ではチアミン二リン酸として存在しており、 食品加工や体への吸収の過程でこれがチアミンに変化した後に体内に吸収されます。
ゆえににんにく注射の主成分であるビタミンB1の食事摂取基準は、 チアミンならびにチアミン塩酸塩量として記載されています。
日本で食べられている平均的な食事中のビタミンB1の相対的な利用率は60%程度と考えられています。 つまり食事中のビタミンB1含有量の6割ほどが体に吸収されるという事になります。
ビタミンB1の摂取基準としては、小児・成人、 つまり年齢で言うと1~69歳における推定平均必要量としては、 チアミン塩酸塩として1000kcalのエネルギー摂取当たり0.45㎎と既定されています。
また推奨量としては1000kcalのエネルギー摂取当たり0.54㎎とされています。 つまり、健康の維持・増進ならびに栄養素の欠乏の予防の為には、 ビタミンB1をチアミン塩酸塩として食事のトータルカロリーの1000kcal当たり、 0.54㎎必要という事になります。 これは例えば、一日2000kcalとっている方の場合は、 推奨量としてビタミンB1をチアミン塩酸塩として1.08㎎摂取するという事になります。
なぜにビタミンB1の規準が1000kcal単位での表記になっているかと言うと、 このにんにく注射の主成分は糖質の代謝に欠かせない必須栄養素になるので、 カロリーの主体が糖質という意味合いにおいて、 摂取エネルギーに対して一定の割合での摂取が望まれるからになります。
因みに乳児の必要量としては、0~5か月児は0.1㎎/日が目安量になり、 6~11カ月児では0.3㎎/日が目安量になります。 なぜに目安量になるかと言うと、乳児なので主体の栄養摂取が母乳である事から、 指標設定が難しいと言う事もあり、目安量の規準になったようです。
一方、授乳婦の付加量に関してですが、 授乳婦は哺乳量を計算に加えて、 トータル0.203㎎/日を上記の成人推奨量に追加するとされています。 授乳婦の方は赤ちゃんの分もビタミンB1を摂取する必要があるんですね。
にんにく注射の主成分であるビタミンB1の上限量に関しては、 厚生労働省の発表によると10000㎎(10g)のチアミン塩酸塩、 つまり2000kcal摂取する成人の推奨量の約9000倍の摂取を2週間半継続したら、 頭痛やいらだち、接触性皮膚炎などの症状が自覚されたとあり、 また摂取中止でそれらの症状は2日で消えたと報告しています。
つまりビタミンB1の過剰摂取を引き起こすには当院のにんにく注射で換算すると、 にんにく注射を1000本ほど投与しなければ、 にんにく注射による有害事象は発生しにくいという事になります。 これは、如何ににんにく注射の安全性が高いかという事をしめす一個の証明です。
栄養摂取不足、慢性的なお疲れを自覚されている方、 ぜひ当 新宿ライフクリニックのにんにく注射をお試しくださいませ。 当院のにんにく注射は安全安心の内科専門医による処方・投与になります。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠