PDE5阻害薬による勃起不全治療を受けていた群において、前立腺癌の発症リスクが低いという報告が有ります。



勃起改善薬によるED治療が前立腺がんのリスクを下げる可能性

新宿で正規流通のバイアグラジェネリックを!新宿ライフクリニック!


【勃起改善薬と前立腺がんのリスク】
勃起改善薬であるバイアグラ、レビトラ、シアリス、 シルデナフィルなどによるED治療を、 受けている群において前立腺がんの発症リスクが有意に低かったという報告があります。
前立腺がんなどの悪性腫瘍は、いまもって、われわれ人類の死亡原因の主体をなす疾患です。 その悪性腫瘍内における頻度や死亡原因としての順位は、 我々のライフスタイルや食事内容など、数多くの影響を受けて変動しています。
今回のテーマである前立腺がんに関しては、我々の食生活の欧米化以前には、 実は非常にまれな悪性腫瘍でした。しかし食生活やライフスタイルの欧米化の進行に従い、 その頻度はどんどん上昇して行き、現在では男性の悪性腫瘍発症頻度の内、 5番目に相当すると報告されています。
このように悪性腫瘍の中には食生活やライフスタイルによって、その発生頻度を変えるものが有ります。 こうした発生頻度に関連するような因子を発症リスクと言います。
前立腺がんは発見が早期で有れば、その治療は他の悪性腫瘍に比較して奏功しやすいと言われているので、 肺癌や膵癌などの悪性腫瘍に比較すると、比較的死亡原因となり難い傾向があります。 しかしその分、加療を施した後の寿命が相対的に長いとも言えるので、 本疾患の治療後は生活の質=QOLへの配慮が重要であると認識され始めています。
前立腺がんの治療が副次的に影響してしまう身体機能は多数ありますが、 その一つ、代表的なものとして性機能が有ります。
実は前立腺がんの加療の後には射精障害やEDなどが発生しやすい傾向は否めず、 これらEDなどの発生は結果として生活の質=QOLに悪影響を及ぼしやすいとも報告されています。
つまり、早期発見の元に治療が受けれて、また生活が出来るようになったとしても、 全てを完全に元通りにできる訳では有りません。 ゆえに、罹患してから治療等の対策を立てるだけではなく、 これら本疾患のような悪性腫瘍を発生させないようにする予防的アクションが重要です。
具体的に予防的アクションとは上述の発症リスクを低下させる事が主体です。 例えば肺がんの発症リスクを低下させるために禁煙するなどもそうしたアクションに属する対応です。
前立腺がんもその発症リスクを低下させるための予防的アクションが広く検討されていますが、 比較的最近の報告において、バイアグラ、レビトラ、 シアリス、シルデナフィルなどの勃起改善薬による ED治療を受けている人々において前立腺がんの発症リスクが低かったという調査結果が有ります。
本項ではこの報告、ならびに前立腺がんのリスクについて、 またバイアグラ、レビトラ、シアリス、 シルデナフィルなどの勃起改善薬のED治療以外の副次的効能に関して記載しております。 ご参照くださいませ。


【前立腺がんの発症リスクとは】
バイアグラ、レビトラ、シアリス、シルデナフィルなどの勃起改善薬で、 ED治療を受けている患者群において前立腺がん発症リスクが低かったと言う事は、 勃起改善薬によるED治療が前立腺がん発症リスクを低下させるという可能性を示唆しておりますが、 それでは現在すでに公的に認識されている、 前立腺がんの発生を促進させる発症リスクにはどのようなものが有るのでしょうか?
まず挙げられるのは、我々日本人の生活スタイルの変化に伴う、 前立腺がん発生頻度上昇の主な理由と目されているリスクですが、それは食生活です。 より具体的に言うと、 欧米型の動物性脂肪の多い高カロリーな食生活は本疾患の発症リスクを上げます。
また乳製品の過剰な摂取量も発症リスクへの関連性が検討されています。
次に前立腺がんの発症リスクとして代表的なのは年齢です。 前立腺がんは年齢が上がれば上がるほど、その発症リスクは上昇すると言われています。
また家族歴も有意な発症リスクとされていて、 第一近親者に2人以上の前立腺がん患者がいる場合、 なんと前立腺がんに罹患する危険率はなんと5-11倍に及ぶとの事です。


【勃起改善薬の投与群が前立腺がん発症リスクが低いという報告】
この報告は、年齢・背景リスクを調整された勃起改善薬によるED治療群2362例、 勃起改善薬による非ED治療群2612例を比較検討して調査したものです。
この非常に大規模な検討の結果、勃起改善薬によるED治療群で前立腺がんと診断された割合は4.1%、 また勃起改善薬による非ED治療群で前立腺がんと診断された割合は9.9%と判明し、 ロジスティック回帰分析によって前立腺がんのリスク因子を検討したところ、 勃起改善薬によるED治療群で有意に低いオッズ比が確認されたとの事です。
すなわちこれは、バイアグラ、 レビトラ、シアリス、シルデナフィルなどの勃起改善薬による ED治療を受けた患者群は前立腺がんの発症リスクが低かったという事です。


【勃起改善薬の副次的効能】
このバイアグラ、レビトラ、 シアリス、シルデナフィルなどの勃起改善薬によるED治療患者群において、 前立腺がん発症リスクが低かったという事は、 これら勃起改善薬の使用によって前立腺がんの発症リスクが低下するという可能性が期待され、 今後に続くであろうこの可能性の検討、研究が待たれる所です。
この勃起改善薬によるED治療群で前立腺がん発症リスクが低かったという事象の理由としては、 バイアグラ、レビトラ、シアリス、シルデナフィルなどの勃起改善薬は、 腫瘍増殖の原因の一つである前立腺腫瘍内の低酸素状態を、 血液循環の促進と血管平滑筋を弛緩させるサイクリックGMPの分解を抑制する事で、 改善させる事が出来るからではないかと考えられています。
このように勃起改善薬にはEDを治療する以外にも、 多くの副次的な効能が発見されており、 前立腺肥大の改善、肺高血圧症の改善、動脈硬化の予防など、 ED治療以外のマルチプルな機能がだんだんと解明してきております。
また高度な安全性を伴う勃起改善効果も発売以降、 継続的な高評価を受けている状況です。
これらバイアグラ、レビトラ、シアリス、シルデナフィル などの勃起改善薬の処方をご希望の際には、 新宿駅前の専門院 新宿ライフクリニックへどうぞ。
(記載:日本性機能学会専門医-須田隆興)


written by 新宿で正規流通のシアリスを!新宿ライフクリニック!

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠