勃起陰茎の説明



勃起陰茎とそのメカニズム

新宿でバイアグラviagra.新宿ライフクリニック


【勃起陰茎とは】
勃起陰茎とは勃起状態になっている陰茎を示す医学用語です。 こうした状態は本来的には男性生殖器を女性の膣に挿入するのに必要な生理現象です。 こうした勃起状態を進行させる薬剤に関して→ 勃起薬に纏めておりますご参照ください。


【陰茎/ペニスの構造】
陰茎は男性の外陰であり、交接器すなわち生殖にあたって、女性の膣に挿入される器官です。 また同器官は尿の排泄器官も伴います。 その構造は大きく3つのブロックに分けられ、尿生殖三角に付着している根、そして棒のような形状の体、 そして先端の亀頭で構成されています。 また内部構造に関しては大きくは体の左右を亀頭部に向かって伸びる陰茎海綿体ならびに、 陰茎の腹側から亀頭に伸びて亀頭部で膨らむ尿道海綿体で構成されています。 これら海綿体は強靭な結合組織である白膜によって被覆されており、保護されています。


【メカニズム】
メカニズムは、神経刺激と血管反応によって形成されている非常に繊細なシステムになります。 まず、勃起中枢である視床下部から性的興奮が自律神経を主体として海綿体神経に伝達されて、 平滑筋が弛緩し始めます。 平滑筋が弛緩する事によって、動脈が開き、動脈から海綿体に血液が流れ始め、海綿体が膨張を開始します。 膨らんだ海綿体は動脈より血流圧の低い静脈を塞ぎ、血液の陰茎から体血流への返血を防ぎます。 こうして海綿体には段々に血液がプールされ始め、陰茎の硬度そして大きさが増していき、 勃起が完成します。


【勃起陰茎の障害】
こうした勃起陰茎は海綿体神経などを直接電気刺激する事によっても人為的に発生させる事が出来ます。 これを人工的勃起と言います。 これがうまく成立しない状態をEDと呼びますが、 器質的EDの中で神経障害が原因のものは、 電気刺激を適切に加えても勃起が成立しない事があります。 神経障害などが原因の器質的なEDは代表的には、 糖尿病などによって発生する事があります。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠