『勃起不全治療剤はどう効くのか、どんな種類があるのか、どんな人が使えないのか。ED治療薬について専門医がやさしく解説』

新宿ライフクリニックで扱っている勃起不全治療剤

《当院で扱っている正規の勃起不全治療剤です》



「勃起不全治療剤って、どんなクスリなの?」
バイアグラなど、EDのクスリに興味がある方が最初に思う事ですよね。


しかし、こうした内容でインターネット検索をかけると、 薬剤の通販サイト、もしくは説明はあるけど理解が難しいページが出てきて、 なかなか疑問も解消されないのではないでしょうか?


そこで、こちらのページでは、日本性機能学会専門医が、 皆さまに分かりやすいように、 丁寧、かつやさしく、 日本の厚生労働省の承認を受けた正規の 『勃起不全治療剤』 について解説をさせていただきます。


<当ページのもくじ>

  1. 【どう効くの?】
  2. 【どんな種類があるの?】
  3. 【どんな人が使えないの?】

1.【どう効くの?】

「勃起不全治療剤はどう効くの?」


『勃起不全に効果がある』 という事はわかってても、 『どう効く』のかは分かり難いですよね?


まず最初に大事な話として、このおクスリは、 『飲んで作用している間だけ、一過性に効く』 ものであり、 続けて飲んだりする事で原因を改善させ、お病気を根治させるものでは有りません。


インフルエンザの治療ように、毎日飲む事で根治をするお薬では無いという事ですね。 時に根治するお薬と勘違いされる事がありますが、 現状、インポテンツを根治させるお薬は存在しませんし、今後もそれは難しいとされています。


次に大事な話としては、このおクスリは、 『性欲が有るときにだけ効く』 ものであり、 性欲が無いのに無理やり 『勃たせる』 ものでは有りません。


このお薬は、自然な性欲に対応して改善作用を示すものなので、 真面目なお仕事中などに飲んでも、普段と変わりませんし、 このお薬によって性欲が増したり、興奮したりという事は有りません。


次に大事な話としては、このおクスリは、 『性の機能向上に効く訳ではない』 事であり、 何回もセックスができるようになるとか、 痛いくらい凄い勃起をするようになると言うものでは有りません。


あくまで、この勃起不全治療剤は 『性欲があるのに、立たない』 という状態を改善させるもので、 スーパーマンになれるものでは有りません。


以上 まとめますと、このおクスリは、 『一過性に、効いている間だけ、自然な性欲に応じて、今まで性欲があるのに勃たなかった状況を改善する』 という効き方です。


そうなると 「なんで性欲を増すわけでは無いのに効くの?」 そんな疑問が湧きますよね?
そこには、このお病気の原因が関わってきます。 難しい病理学的説明を省くと、このお病気の原因のほとんどは 『ペニスとペニスのまわりの血管の機能が落ちる』 事になります。


一方、勃起不全治療剤は、難しい薬理的説明を省くと 『飲んでいる間だけ、ペニスとペニスの周りの血管の機能を高める』 作用によってインポテンツを改善させます。性欲や興奮をつかさどる脳に作用する訳ではないので、性欲の亢進も興奮もさせずに効果を示す事ができるのです。


2.【どんな種類があるの?】

たとえば 『勃起不全治療剤』 と検索してみると、 そこには様々なクスリの通販サイトが出てくると思います。 こうしたサイトは、そのほとんどが海外にサーバーがあるものです。


こうした通販サイトを見ると、 様々な名前の、そして様々なバリエーションのクスリが出てくると思います。 しかし実は、現在、厚生労働省の正式な承認があり、正規の薬剤卸が医療施設に卸しているものは、 たった三系統しかなく、その基本販売名としてはたったの四種類しかありません。


それを順番に挙げていきますと、

  1. 【有効成分名】 シルデナフィル、 【販売名】 「バイアグラ~」 もしくは 「シルデナフィル~」
  2. 【有効成分名】 バルデナフィル、 【販売名】 「レビトラ~」
  3. 【有効成分名】 タダラフィル、 【販売名】 「シアリス~」

なんと、これしか種類がありません。


これに若干の補足説明をしますと、

  • ・ 薬剤は、 【有効成分名】 と 【販売名】 とで、2種類の名前で扱われています。
  • ・ 1.のシルデナフィルに関してはファイザー社の特許失効により、正式な後発医薬品:ジェネリック医薬品があるので、 販売名は 「バイアグラ~」 と 「シルデナフィル~」 と2種類あります。なお 「シルデナフィル~」 は現在、複数の製薬会社から出ており、販売名の末尾に鍵括弧で各企業名の略称が書いてあります。

「じゃあ、通販サイトにある多くの種類のクスリはなんなの?」
こんな疑問が湧いてきますよね? 少なくとも、それらは厚生労働省の正式な承認のあるものでは有りません。 つまり安全性など様々な検証を厚生労働省が一切チェックしていないものになります。


「なんで、そんなサイトが検索すると出てくるの?」
本当ですよね。いち日本性機能学会専門医として大きく問題を感じます。 恐らくは中々、整理しにくいテーマなのだと思いますが、 ともかく現状はユーザー自身が気を付けざるを得ません。


勃起不全治療剤の偽造医薬品は、現在大きな問題となっていて、 ファイザー株式会社など、正規の薬剤を開発・販売している企業が中心となって、 『偽造品撲滅キャンペーン』 を進めております。


ファイザー株式会社の偽造品撲滅キャンペーンの感謝状

また前提として、正規のインポテンツの治療薬はどんな種類があったとしても、 飲める人、飲めない人を専門医が判断すべき 『お医者さんしか処方できないクスリ』 です。


たとえ厚生労働省の正式な承認のある勃起不全治療剤だとしても、人によっては使用が危険な場合も有ります。 どうぞ、お近くの信頼できる医療施設で専門家に処方してもらって下さいね。


3.【どんな人が使えないの?】

勃起改善薬の効き方、またその種類に関して解説させて頂きましたが、 残念ながら、このクスリは使える人と使えない人がいます。


どんな人が使えないかと言うと、基本的には、 『使うと危険な状態になってしまうお病気を持っている人、 または併用すると危険な状態になってしまうお薬を使用している人』 がこのお薬を使えません。


こうした 『薬を使えない状態』 は 『禁忌』 と表現されています。 各EDのお薬で、この 『禁忌』 の内容の詳細は少しずつ変わってますが、 中心にあるのはほぼ共通した内容です。


代表的なものを挙げていきますと、

  1. この薬のアレルギーがある人
  2. 硝酸剤/一酸化窒素供与剤、通称 『ニトロ』 などと呼ばれる薬を処方されている人
  3. 心臓の病気などでセックスを禁じられている人
  4. 最近、脳梗塞・脳出血・心筋梗塞をおこした人
  5. 肝臓の機能がとても悪い人
  6. 高血圧・低血圧のコントロールが悪い人

こうした状態の人は勃起不全治療剤を使用できない可能性が高いです。


このリスト以外にも、細かな 『使えない人:禁忌』 が定められています。 また 『使えるけど、慎重に』 という意味合いのある 『慎重投与』 という内容もあり、かなり複雑です。 このクスリを使えるかどうかという判断をするには、高度な専門性が求められます。
どうぞ処方をご希望される方は専門医に受診されて下さい。
やっぱり 『その道のプロ』 が安心です。


「そんな事はどうでも良いからクスリを出して欲しい」
こうした方もいるかも知れませんね。 しかし 『禁忌』 に該当するものは、健康被害だけでなく、時に命にも関わってくる事もあります。 決して軽く見てはいけません。


残念ながら勃起不全治療剤を使う事ができない方にも、インポテンツの改善の道は有ります。 その一つは 『生活習慣の改善』 です。 肥満の方の適切なダイエット、ウォーキングなどの適切な毎日の運動、 禁煙の3つは日本性機能学会でも大きく推奨される 『改善の為の有効なアクション』 です。


しかもこれらは、インポテンツだけでなく、総合的な健康面にとっても良いものです。 これらにお心当たりのある方は是非ともトライしてみましょう。

(記載:新宿ライフクリニック-日本性機能学会専門医:須田隆興、最終確認日:2019-03-05)
日本性機能学会専門医証
※新宿ライフクリニックについて詳しくはこちら
※バイアグラについて詳しくはこちら
※シアリスについて詳しくはこちら
※レビトラについて詳しくはこちら
※日本性機能学会について詳しくはこちら