勃起のメカニズム



勃起の発現

新宿でシアリス.新宿ライフクリニック


【勃起とは】
勃起penile tumescenceとは陰茎怒張とも言い、陰茎が膣内に挿入されるのを目的として、 神経刺激と血管反応の連動で硬度とそのサイズを増してゆく現象になります。 勃起は交接・性交・セックスの為の男性の生理現象になります。


【メカニズム】
勃起のメカニズムは、 まず、勃起中枢より海綿体神経に主に勃起神経などの自律神経を介して性的興奮や性的刺激が伝達されます。 興奮が海綿体神経に伝達されると、陰茎の平滑筋の弛緩し、動脈から海綿体に血液が運ばれます。 血液が運ばれた結果、海綿体は血液を吸収してどんどん膨らみます。 強靭な結合組織である白膜の中で海綿体が拡張を始めると、白膜の中を走行している海綿体の静脈は圧迫され、 体循環に海綿体にたまった血液が返血されにくくなります。 しかし動脈は、静脈より血流の圧力が高いため、なかなか閉塞されません。 その結果、陰茎に血液がストックされ、陰茎はその硬度とサイズを増加させて行きます。


【自律神経の作用】
海面体神経に性的興奮や性的刺激を伝達する勃起神経などの自律神経とは、 人間の基本的な機能を支える自律機能を主にコントロールする、体の恒常性にかかわる重要な神経になります。 自律神経は基本的に体性神経が人間の随意的な制御を受けるのに対して、自律神経はそれを受けません。 故に自律する神経として自律神経の名が与えられています。 勃起神経もまた、随意ではなく自律的に機能ます。

まず、海綿体神経の副交感神経成分からのアセチルコリンの分泌が、 海綿体の血管平滑筋を弛緩させる所から始まります。 血管平滑筋が弛緩する事によって、海綿体に血液が流れ込み海綿体が膨張します。 海綿体が白膜内で膨張する事で白膜内を走行する静脈が塞がれます。 結果、海綿体に血液が貯留し、陰茎が勃起します。


【陰茎海綿体とは】
海綿体には陰茎海綿体と尿道海綿体とが有ります。 陰茎海綿体とは陰茎の内部構成のほとんどを占める組織で、海綿状に血液をすって膨らむ性質があります。 陰茎海綿体は陰茎の内部の左右をほぼ全長にわたって占めており、外側は強靭な結合組織である白膜によって、 覆われています。陰茎海綿体は陰茎の先頭である亀頭部には及ばず、 亀頭の伸展は内部にある尿道海綿体の拡張によるものになります。 これら海綿体に血液がストックされて勃起が成立します。


【EDとは】
自律神経の障害や動脈硬化のような血管の障害、もしくは心理的な因子等によって、 うまく起動しなくなるのが、EDになります。 勃起は上述のごとく、さまざまな組織、器官、システムが関連しあって成立している非常に繊細な生理現象です。 こうした一つ一つの障害がED発症に関連します。 つまりEDを引き起こす原因は無数にあります。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠