勃起機能検査の説明



勃起機能検査の実際

新宿のバイアグラ専門処方なら新宿ライフクリニックへ。


【勃起機能検査とは】
勃起機能検査とは、端的にはインポテンスを発症した人に施行される検査の事です。
インポテンスの原因は、機能性(心因性)器質性に大別する事が出来ます。
器質性の中でも、動脈性静脈性 などの、陰茎の血管に関連した障害で生じるものは、 手術的なものを勘案されるので、別に分類される事もございます。
これらは、共通する治療方法も有りますが、各々に特化した治療法もある為に、 やはり、しっかりと鑑別・分類する必要がございます。

勃起機能検査とは言ってしまえば、インポテンスを原因に応じて分類をして、 もっとも適した治療法を選択するためのツールという表現も出来ます。


【勃起機能検査の分類】
勃起機能検査の分類ですが、 機能性と器質性のインポテンスを判別する為の勃起機能検査が、 大きくは、視聴覚性的刺激試験(AVSSテスト)夜間睡眠時勃起検査(NPTテスト)と バイブレータテストに分かれ、更にAVSSテストが主に4種、NPTテストが5種に分類されます。

また、血管性インポテンスをスクリーニングする為の勃起機能検査は、 主に、パパベリンテスト、プロスタグランジンE1テストなどを陰茎海綿体内に注射し、陰茎への直接的投薬反応を見る検査になります。


【機能性と器質性を判別する為の検査】
機能性と器質性のインポテンスを判別する為の勃起機能検査は、 基本的に、生理的な勃起が発生すべき状況で発生しているのかを確認する検査です。 わかり易く申し上げると、 エッチな視覚的、聴覚的情報で陰茎が反応するかを見るのが視聴覚性的刺激試験(AVSSテスト)で、 夜間睡眠時勃起現象の有無を確認するのが夜間睡眠時勃起検査(NPTテスト)、 バイブレータの刺激で陰茎が反応するか見るのがバイブレータテストです。
いずれも原理的にはシンプルなものになりますが、陰茎の反応を見るためには専門的見地が必要です。 誰の眼からみても明らかに勃起しているケースは問題ないのですが、ごくわずかに勃起しているのか、 それとも全く反応していないのか、これらを判別する為には詳細なチェックが必要であり、 この二つは似ているようで、全く状態の深刻さが違ってまいります。

AVSSは陰茎の反応を見る内容によって主に4種に分けられます。
陰茎血流を見るRIベノグラフィーまた超音波ドップラー、陰茎温度を見るベノサーモグラフィーまたベノサーモカーブ、 陰茎の大きさを周囲長の変化でみるストレインゲージ、 大きさだけで無く硬度も確認できる リジスキャン がその4種です。

NPTも陰茎の睡眠時の反応を見る内容により、主に5種に分けられます。
上記にもある大きさの変化を見るストレンゲイジ、またリジスキャン、 あとは簡易法とも言われるスタンプテスト、スナップゲイジ、 エレクトメーターがその5種です。

バイブレータテストは、いわばAVSSの代わりにバイブレータによって接触刺激を加えて、 反応を確認する検査です。
反応の判定方法は、AVSSと共通したものがほとんどですが振動が加えられているので、 特に超音波ドップラーやRIベノグラフィーなどは判別しにくい傾向が有ります。

血管性インポテンツの検査フロー は別項に記載しております。ご参照ください。


上記では、具体的な検査法を列挙致しましたが、インポテンスの診断は、問診から始まります。 発症経緯や具体的な症状等を聴取致します。 常用薬や基礎疾患の有無、生活習慣の確認も重要です。
多くのインポテンスは、上記の検査を行う以前に診断可能です。
診断が確定できない、手術療法などが考慮される場合、上記の検査が考慮されます。
臨床的には必ずしも必要な検査では有りませんが、診断書をご希望の場合は、検査が必要になります。


written by 新宿の正規品シアリスなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠