プロペシアは安全性の高い、AGA治療薬です。



プロペシアによる健康被害リスクの検討

新宿でジェネリックバイアグラ処方なら!新宿ライフクリニック!


【プロペシアと健康被害リスク】
プロペシアは男性型脱毛症:AGAの専用薬として、 最初に出た処方箋医薬品になります。 現在はGSK社よりザガーロ というAGA治療薬も処方箋医薬品として出てきています。
文献、インターネット、プロペシアを製造する企業への聞き取り上、 プロペシアによって発生した重大な健康被害は今のところ確認されていないとの事で、 これは、プロぺシアの健康被害リスクが如何に低いかを示しております。
プロペシアは男性型脱毛症を治療する薬剤です。 男性型脱毛症は日本人男性の30%にあるとされている超多数派疾患であり、 日本人男性が6200万人弱いるとされているので、 推定1860万人もの男性型脱毛症の患者さんが日本にいる可能性が有ります。
しかし、それほどまでのポピュラーな疾患であるはずなのに、 それが治療もしくは予防出来るという事実は一般にあまり啓蒙されておらず、 処方箋医薬品の基本的な状況でも有りますが、 男性型脱毛症プロペシアの名前も極一部の人しか知らないと言った状況です。
プロペシアは男性型脱毛症に非常に有効な改善作用・進行予防作用を示しますが、 死滅した毛根を再生する力はないので(それを明確な作用として持つ薬剤が今だ存在しないとも言えます。) ある程度、男性型脱毛症が進行する前に服薬した方が、 健全な毛髪の状態を長期に渡って維持しやすいと言えます。
しかし、そうしたプロペシアの効果ばかりか、プロぺシアの名前すら、 一般の方に啓蒙されていない実情は、非常に残念と思われます。 実はプロペシアは医師など医療関係者に服用者が多い傾向が有り、 これは、医師をはじめとした医療従事者は、一般の方に比較して医療情報に接触する密度が高いので、 プロペシアが処方箋医薬品として本邦では唯一の男性型脱毛症治療薬である事を、 よく知っているからと思われます。
ただ、新規の医薬品を始めるに当たり、みなさんが一番気になるのは、 その効果に関してもそうだと思われますが、 どのような健康被害が発生するのか?またその健康被害リスクはどの程度のものなのか? といった点につきると思われます。
本項では健康被害リスクなど、みなさんの心配な部分にスポットを当て、 プロペシアの健康被害リスクの低さを報告した発表、 またプロペシアの作用などに関して記載しております。 どうぞご参照くださいませ。


【プロペシアの作用】
さて、プロペシアの健康被害リスク、副作用に関して記載する前に、 プロぺシアがいかなる作用をもって男性型脱毛症に改善効果をもたらすのかを説明させていただきます。 作用の説明を前に持ってきたのは、 実はこの作用に関しての内容が副作用や健康被害リスクに関連した内容になっているからなのです。
男性型脱毛症:AGAは非常にポピュラーな疾患であると上記しましたが、 これの本態は毛髪周期における成長期の短縮が、前頭部と頭頂部で進行している所にあります。 これの影響の結果として、毛髪は太くて長い硬毛の状態から、 短くて細い軟毛に切り替わってしまいます。 細く短い軟毛は、毛根も相対的に小さくなってしまうので様々な形で、 抜毛に至りやすく、結果として毛髪の密度も低下していき、 最終的にはサイドとバックの毛だけ遺残する、 おなじみのヘアスタイルになってしまいます。
端的に言うとプロぺシアはこの硬毛から軟毛への変化を抑制する薬剤になります。 5α還元酵素という酵素の作用をブロックする事で、 男性型脱毛症の原因物質であるジヒドロテストステロンの生成を抑制する事が出来ます。
ジヒドロテストステロンとはテストステロンという男性ホルモンの主要な内因性物質の代謝過程において、 人間の細胞内で生成される物質です。 その作用は男性型脱毛症の原因等のネガティブなものだけでは無く、 胎生期における男性性への分化や男性外性器の発生・発育など重要な役割が有ります。
つまりプロペシアで危惧される副作用や健康被害のリスクは、 この男性ホルモンの代謝物をブロックする事で発生する抗アンドロゲン作用が母体になっていると言えます。


【プロペシアで危惧される健康被害のリスク】
上記の通り、プロペシアで危惧される健康被害のリスクは、 プロペシアの抗アンドロゲン作用によるものが母体となっていると述べましたが、 具体的には健康被害のリスクにはどのようなものが有るのでしょうか?
抗アンドロゲン作用による健康被害リスクとして想定されるものとしては、 精巣の痛みなど生殖器に関連したもの、 また精液の内容におけるその数や運動性の低下、また乳房の肥大・圧通などがリスクの主体と言えます。
その他の健康被害リスクは過敏症:アレルギーなど他の薬剤にもほぼ共通した内容となっており、 またプロペシアは肝臓で代謝される薬剤なので、 肝臓の機能に関してなども健康被害のリスクとして検討されています。
しかし、いずれにしてもその健康被害のリスクのパーセンテージや発生時の病状程度は、 高いレベルのものは前提として想定されておらず、 定期・慢性に服薬を必要とするあらゆる薬剤の中において、 プロペシアが健康被害リスクが高いという認識はあまりされていないと思われます。
ただ男性ホルモンの作用に関わる薬剤なので、 女性、特に妊婦さんの接触・服薬は厳重に避けるべきです。 また成長期の男子も外性器などの健全な発育を考えるとその接触・服薬は厳重に避けるべきです。。


【プロペシアの安全性の高さに関する報告】
しかし上記のような健康被害リスクが指摘されているにも関わらず、 実際の所、本邦で発表された、企業報告・文献報告・インターネット検索を、 横断的に調査したレポートに因れば、 プロペシアの本邦における販売からだいぶ時間が経過していますが、 プロペシアによる具体的かつ重大な健康被害の報告は、 プロペシアの正規・非正規に関わらず、いまだ報告されていないとの事です。
処方箋医薬品として広く使用される事になってから、 二次的にその安全性の高さが証明されるケースは、 プロペシアだけでなくバイアグラレビトラシアリスシルデナフィルなど、 PDE5阻害薬にも言われる事で、 多数の使用者がその健康被害リスクの希薄さ、 安全性の高さもしくを実感しているという事実は、 その使用を検討している段階の方にとっては非常に有用なインフォメーションと言えます。
男性型脱毛症を罹患されている、 もしくは将来の発症を御心配されている方、 プロペシアはその用法・用量を順守し、正規品を使用する限りにおいては、 健康被害リスクは低く、安全性の高い薬剤と言えます。 どうぞお近くの取り扱いクリニックにてご相談されてくださいませ。
(記載:日本性機能学会専門医-須田隆興)


written by シアリス処方を新宿で、新宿ライフクリニック.


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠