睡眠障害と勃起不全の関連について



不眠症とEDの関連

認可品バイアグラジェネリックを新宿で新宿ライフクリニック!


【不眠症とED】
不眠症がED/勃起不全発症のリスク要因になる可能性が報告されており、 同疾患の存在が血管機能への障害を引き起こす事がその要因と考えられています。
高度に文明化された現代社会に生きる為、有形無形、 非常にバリエーションに満ちた負荷・負担にさらされる我々にとって、 不眠症は非常に典型的とも言えるストレスに対するアウトプットです。
みなさんの周囲にストレスと無縁な方はどれだけいますでしょうか? 主観としてはそれは皆無のようにも思われます。 また一見ストレスが無いような人においても、それはそう見えているだけで、 よくよく聞けば、数多くの悩みを抱えている事も少なくないように思われます。
こうしたストレスを抱えた方が表出する実害とは、それこそ数多くあるように思われますが、 不眠症の形で出る事はまた一つポピュラーです。
現在、この日本では5人に一人の方が不眠症に悩まれていると言われています。 日本人の人口が1億3000万弱とされているので、5人に一人と言う事は、 同疾患の疾病人口は2500万強に及ぶと考えられ、 高血圧の疾病人口が4000万人と言われてますので、いわば不眠症は高血圧には及ばないまでも、 それに準じるほどの一般性を抱えた、隠れた国民病と言っても差支えないほどの患者数です。
この不眠症は、その疾病の存在だけでも、翌朝の仕事・生活のクオリティを下げるなど、 とてもわずらわしいものですが、その直接的な実害だけでなく、 間接的に他の身体の健康状態にも悪影響を与えるとしたら、 健康の悪化はストレスをさらに招きますので、 ストレスからの不眠症による健康の悪化は、ストレスによる悪いスパイラルを引き起こし得ます。
また不眠症の存在がED発症のリスクになるという報告が有ります。 実は性生活というものは人間のQOL(生活の質)に大きく影響するという報告もあり、 その性生活を障害するEDの存在もまた大きなストレスの原因になると考えられ、 ストレスの蓄積が不眠症を呼び、不眠症がEDを形成して、それがまたストレスとなり、 と本当に悪い連鎖の発生が想定されます。
本項ではこの不眠症に関して、また不眠症とEDの関連に関する報告のダイジェスト、 そして不眠症によるEDの発症予防に関しての私見を記載しております。
どうぞご参照くださいませ。


【不眠症とは?】
EDの発症に関連するとされる不眠症とは何なのでしょうか?
端的には就床しても睡眠が困難で、その結果として日中に生活の質が低下する状態と考えられます。
上記しましたが日本人においては5人に一人が不眠症です。 つまり総人口から勘案すると2500万人近くの患者数が想定され、 これが同様なストレス社会とされているアメリカにおいてはすでに3人に1人というレベル、 つまりアメリカの総人口3億人から考えますとなんと1億人近くの方が不眠症である可能性が有ります。
これは日本人とアメリカ人の不眠症の患者総数を合わせると日本人の総人口に匹敵するという、 すさまじいボリュームの患者数です。
不眠症は睡眠障害の一つの種類であり、実は睡眠障害自体は2005年度の睡眠障害国際分類の改訂で、 8つものカテゴリーに分けられており、不眠症はその一つのカテゴリーですが、 いずれのカテゴリーにおいても、実は八十数種類もの分類された障害が挙げられています。
つまり一言に不眠症と言っても、そのバリエーションの数は広大で、 例えばある個人の不眠症はより詳細に言うと、 その隣の方の不眠症とは厳密には違うものである可能性が有るくらいです。
ざっくりとした区分けでは不眠症は入眠困難、中途覚醒、早朝覚醒、宿眠困難とタイプ分類できます。
ただ心配事や気がかりな事がある時に一過性に発生する不眠症は、 こうした分類や定義上は病的なものとは考えらないとされています。 本質的な問題は慢性的なものであり、 こうした慢性的病状こそがEDの発症に関連している可能性があると報告されているのです。


【不眠症とEDの関連に関しての報告】
このEDに関しての報告は台湾におけるEDの医学的検討です、 なんと台湾の方も成人の1/4もの人口が不眠症とされています。
台湾の人々のライフスタイルは日本人に非常によく似ているので、 日本同様にストレッシブな社会である可能性が高いです。
この台湾の三万人強におよぶ睡眠障害患者をベースに統計的な検討を施行したところ、 睡眠障害のある人のEDの発症リスクは、睡眠障害が無い人に比較すると2.11倍に及ぶという結果が出ました。
つまり睡眠障害を示す患者さんにおいてはED発症のリスクが明らかに増加している事が判明したのです。
不眠症などの睡眠障害がEDを引き起こす、その機序に関しては今も検討されている段階ですが、 想定されるそのED発症ロジックとしては、 不眠症などの睡眠障害が人間の体内に炎症を引き起こす可能性が有り、 この炎症が血管機能を低下させて、血管に動脈硬化を形成する方向に誘導するとされています。
この血管機能低下や動脈硬化形成こそはED発症の一番とも言える原因であり、 こうした機序が不眠症などの睡眠障害とED発症を結び付ける生理学的なロジックである可能性が、 現在検討されています。


【不眠症そしてEDの対策に関して】
不眠症などの睡眠障害がED発症に関連するとして、 それではこの事態はどのように回避すべきなのでしょうか?
残念ながら不眠症の改善に関してのベストウェイはいまだに無いと言えます。 睡眠薬によるこうした状態の改善は、睡眠薬による副作用発生のマネジメントを必要とするために、 その前段階の施策がうまくいかないケースに、必要最小限使用するのが望ましいです。
投薬に依存しない不眠症の改善において、 一般的に言われている生活指導としては、
①就床時間、起床時間をなるべく均一にする: これは休日になると朝に長寝をしてしまったりと睡眠サイクルを乱してしまう事が多々あると思われますが、 これは休日も含めてなるべく時間的に均一な睡眠習慣を身につける事が肝要と言うことです。
②眠気を感じてから寝室に移動して、就床する: 寝室でレクリエーションなどして睡眠以外の時間を過ごす事は、 一般に良い睡眠にはマイナスとされています。
③なるべく昼寝をしない: ごく短時間の昼寝は仕事のクオリティを上げるなどの報告もあり、夜間眠れず日中眠気を感じた場合、 昼寝をしたくなるのは通常のセンスです。 しかし夜間眠れずに昼間寝るとうスタイルが固定化してしまうと、 夜間の睡眠クオリティはより低下してしまう可能性が懸念されます。 夜間の睡眠クオリティを考えると昼寝はマイナスの因子として作用する可能性が有ります。
④寝室の遮光、防音の工夫をする: 可能な範囲で寝室の遮光、防音を工夫する事は、 良い眠りを検討するう上で効果的とされています。
以上のような工夫による夜間の睡眠状態の改善は睡眠薬などと違い、 副作用の心配なく生理的に良質な睡眠を得る上で大切です。
また不眠症の結果、EDが出現した場合はどうしましょう?
EDもまた不眠症同様、現代を生きる我々には非常にポピュラーな問題です。 ただ、同疾患と違う点としては、EDには副作用発現頻度が低く、 かつEDの改善に効果的な バイアグラレビトラシアリスシルデナフィルなどのPDE5阻害薬が有る事です。
これらは、身体状態や年齢に適切なものを専門のクリニックにて選択してもらえば、 安全に希望する効果をEDに関して引き出す事が可能です。
EDの相談に関して、当新宿ライフクリニックでは相談料などは一切頂きませんので、 どうぞご気軽に来院されて下さいませ。


written by 新宿で正式なレビトラを!新宿ライフクリニック!


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠