PDE5阻害薬を連続的に投与する事で、ベーシカルな勃起機能の改善を図るという報告



ED治療薬の連日投与によるインポの基礎的改善

新宿でバイアグラの店頭販売なら新宿ライフクリニック。


【ED治療薬と基礎治療】
一過性に勃起機能を賦活させる役割のED治療薬を連日投与する事で、 一過性では無い、継続的なインポの基礎的改善を示す可能性が示唆されており、 関係学会で注目を集めております。
ED治療薬である、バイアグラ、レビトラ、シアリスは、 現在認識されているその薬効として、 服用し作用が持続している間、 陰茎の血管拡張を図り、 その結果、勃起がしやすくする、 すなわちインポを改善させる作用が有ります。
バイアグラ、レビトラ、 シアリスなどのED治療薬が出現する以前のインポの治療は、 非常に前時代的なものだったので、 これらED治療薬が出現し始めた14年ほど前から、 インポの治療は大きなパラダイムシフトを迎えました。
これらED治療薬はまさしく革命的な存在と言えました。 しかし現在、1150万人を超すとされ、 またさらにその患者数が増加傾向にあるインポ患者さんのニーズは更に前に進み、 一過性の勃起改善だけでは無く、 ベーシカルな勃起機能の改善すなわち勃起不全の基礎的改善へと、 その関心の比重が遷移して行っている状況です。
現在、日本性機能学会などを中心に、インポの基礎的改善が盛んに検討されており、 その中には日本の誇る、細胞を利用した再生医療技術などの転用も検討されています。
そんな中で、現在すでにインポで悩む患者さんに使用されている薬剤である、 バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬が、 連日投与する事で、海綿体構造の改善、また勃起機能の改善を果たす可能性が指摘されており、 インポの基礎的改善として作用する可能性が注目を集めております。
こうした用法はPDE5阻害薬の今後の運用の良質なバリエーションの一つとなり得ると期待されております。
本稿ではこれらの報告を中心にバイアグラ、 レビトラ、シアリスの薬理作用などに関して説明をさせて頂いております。 どうぞご参照くださいませ。


【ED治療薬とは】
バイアグラ、レビトラ、シアリス等のED治療薬は、 インポを改善する役割をもつ薬剤として、 一般の方の認知が進んできましたが、 これらの薬剤は客観的にはあくまで一過性のインポ改善効果をしめす局所的血管拡張薬にすぎません。
ED治療薬は血管内皮機能上で血管拡張に作用する、 NO:一酸化窒素の活動を、PDE5という物質を阻害する事で、 大きく賦活し、勃起の始動に非常に大切な陰茎内の動脈の拡張を引き起こす事が出来ます。
何故にこれらの血管拡張作用を陰茎に限局的に引き起こす事が可能なのかというと、 ED治療薬が阻害する物質であるPDE5が相対的に陰茎に多い事がこれに影響しています。
これらのED治療薬がデビューして、 すでに14年経過しておりますが。 これら新機軸の治療薬が示す勃起不全の改善作用はあくまで、 その広範な機能の一部分にすぎない事が段々に判明してきており、 すでにレビトラが肺高血圧症のコントロール目的に、またシアリスが前立腺肥大症の薬剤として、 それぞれ転用されています。
またこれらの薬剤の効果において、ED治療薬の連日投与による、 インポの一過性ではない基礎的改善が見られる可能性が指摘され、 インポで悩む1000万人超の患者さんにとって非常に希望に満ちた報告であると注目を集めています。


【ED治療薬の連続投与による勃起不全の基礎治療に関する報告】
ED治療薬であるPDE5阻害薬の連日投与により、 国際勃起機能スコア:IIEFスコアならびに海綿体動脈の最大血流速度:PSVが改善を示す事は、 血管性のED特に動脈性EDに関して、複数の小規模な研究上で以前から報告されていました。
こうしたED治療薬の連日投与による基礎的なインポの改善は、 その作用のロジカルな証明に関心が移行してきており、 ラットにおいてED治療薬の連日投与が勃起機能と、 勃起に重要な陰茎海綿体構造(平滑筋と膠原繊維の比率)を改善させる事が報告されて来ています。
こうした連日投与による陰茎海綿体の線維化の抑制に関しては、 TGF-β1という物質の発現抑制が作用しているとも報告されています。
このようにED治療薬の連日投与はインポの改善のみならず、 勃起に重要な組織である陰茎海綿体構造の機能改善や維持にも有効である事が推察されており、 ED治療薬の連日投与はインポの基礎的改善とそれに加えてインポの予防作用も期待されています。


【薬物によるインポの基礎的改善の今後】
iPS細胞やSTAP細胞、また自己幹細胞を利用した再生医療の勃起不全治療への転用、 また体外衝撃波や電気治療による理学療法的なインポの基礎的治療など、 現在、インポの基礎的かつ持続的な改善を図るべく、 様々なテクノロジーが集学的に検討されている状況です。
その中で現在すでにインポに対して使用されているED治療薬である、 バイアグラ、レビトラ、シアリスの連日投与は、 その効果が確固たるものであると立証された後には、 既に勃起不全症への使用が認められている薬剤である事も有り、 非常にスムーズに実際の施行へ移行するものと思われます。
特にシアリスの前立腺肥大治療へ適応したバージョンであるザルティアは、 一過性のインポの改善を図るには低用量過ぎるきらいが有りますが、 その投与スタイルは上記の連日投与と同じものとなり得、 前立腺肥大症でかつインポである患者層においては、 連日投与による前立腺肥大のコントロールに並行して基礎的なインポの改善がなされる可能性があります。
ザルティアの正式発売後に続出すると思われる、 連日投与によるインポの基礎的改善に関した統計報告が大いに楽しみです。 後報を期待いたします。


written by 新宿でシアリス店頭販売なら、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠