大元の改善とは?

EDを引き起こしている原因への治療です。



EDを引き起こしている原因への治療」

 

大元の改善とは勃起不全を引き起こした原因への直接的治療です


<当ページの項目リスト>

  1. 【EDの一時的な加療と大元の改善】
  2. 【大元の改善のターゲット】
  3. 【EDのリスクファクター是正で原因治療しましょう!】
  4. 【一時的加療にはどのようなものが有るのでしょうか】
  5. 【どっちかではなくどっちもが望ましいです】

運動している人

持久力運動とダイエットはEDの大元の改善の一つです


1.【EDの一時的な加療と大元の改善】

ED/勃起不全/インポテンツへの処置には大元の改善と一時的な加療とが有ります。 大元の改善とは言ってみればEDを起こしている犯人を直接やっつける、 つまりEDを原因から治療する事です。 一時的な加療は言ってみればEDを起こしている犯人は置いておいて、 犯人による被害を一時的に埋め合わせる事つまりEDを一時的に良くする事です。 EDの大元の改善は、主に喫煙、高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満、運動不足、うつ症状、前立腺肥大症(下部尿路症状)、 慢性腎臓病、睡眠時無呼吸症候群などEDの原因であるリスクファクターへの治療が主体で、 EDの一時的な加療は、勃起改善薬であるPDE5阻害薬、陰圧式勃起補助具、陰茎海綿体注射などを使用するのが一般的です。 一般的にEDの治療に関しては大元の改善ではなく一時的な加療の方が中心になっています。 それは一時的な加療の方が効果がスピーディに現れるのと、 大元の改善に付随しやすい生活習慣の是正などの努力の必要が少ないないからです。


「ED/勃起不全/インポテンツは不治の病」、これは半分あたりで半分はずれです。 なぜならばEDはそれを引き起こすリスクファクター(発症原因の事ですね)が山ほどあり、 その内のいくつかは治療のしようがないものがあるからです。 例えば、加齢つまり年齢を重ねて年老いていく事、これは実はEDの主たるリスクファクターの一つですが、 これは治せませんよね? 一方、運動不足も実はEDの主たるリスクファクターの一つですが、 これは時間とやる気さえあれば今すぐにでもできるものです。


こうした治療できるリスクファクターへのアプローチがEDの大元の改善です。 ただ以下に一部を記載してますが、EDのリスクファクターはとても多く、 またこの内のどれが自分のEDの主なリスクファクターになっているかは、 むしろハッキリしない方が一般的です。 そしてEDの大元の改善は運動や食事などの生活習慣を変えたりなど、 どうしても自分で頑張らなければならない所が多々有ります。 また大元の改善による効果は一時的な加療程は直截ではありません。 しかしEDの大元の改善とくに習慣是正による大元の改善は、 動脈硬化を防ぐ事で脳梗塞や心筋梗塞などの怖い病気を遠ざけたりと、 EDの大元の改善だけでなく、健康に生きていく為に役立つものが多く、 その価値は多面的です。


一方、EDの一時的な加療、これは現在のED治療の主体ですが、 これらは薬剤や道具の購入の必要があったり、またそれぞれの副作用や合併症の心配もあったりと、 経済や健康上の問題もあります。 ただEDの大元の改善と違い、適切な量・方法をキチンと守れば、 効果がすぐに現れるなど即効性に関するメリットがあります。


EDの大元の改善も、一時的な加療もどちらもメリットがある事を考えると、 性機能専門医を擁するED治療認可医療施設である新宿ライフクリニックとしては、 EDの大元の改善と一時的な加療、そのどちらかではなく、 大元の改善また一時的な加療、そのどちらも行うのがEDにとって望ましいとお勧めする所です。


本稿ではEDの大元の改善を主体に様々な情報を皆さんにご紹介させて頂いております。 宜しければ、どうぞご参照くださいませ!


2.【大元の改善のターゲット】

さてED/勃起不全/インポテンツの大元の改善ですが、これは冒頭で申し上げた通り、 EDを引き起こす原因つまりリスクファクターへの治療がこの大元の改善に相当します。 「EDのリスクファクターって何だろう?」こう思われる方はむしろ多数派でしょう。 そこで、コチラではEDの大元の改善を解説する前に、 この大元の改善のターゲットであるEDのリスクファクターに関して解説しております。

  1. 《加齢》
    加齢、つまり年齢を重ねて年老いていく事は、実はEDの原因:リスクファクターです。 具体的に加齢の何が関わるかと言うと、 加齢による自然な動脈硬化、体を構成する組織の変化(肌のしわなどもその一環ですね)、 男性ホルモンの自然な低下などが代表的です。 また年齢を重ねると下に記したリスクファクターもそれぞれ増加し易くなる傾向が有ります。
  2. 《喫煙》
    タバコを吸わていれるEDの方はドキッとされたのではないでしょうか? 喫煙もEDの原因:リスクファクターであり、実は血管の機能を制限してしまったり動脈硬化を引き起こす事で、 この発症に関わります。
  3. 《高血圧》
    実は高血圧はEDのとても大きな発症原因:リスクファクターで、 外国の報告ではED患者さんの41.2%つまり半分近くに高血圧あると発表されています。 また高血圧の人はEDが重症化し易いとも報告されています。
  4. 《糖尿病》
    糖尿病は治りにくいEDの原因:リスクファクターになると報告されています。 糖尿病は動脈硬化だけでなく、神経にもダメージを与えてしまうので、 血流が悪くなる上に神経からの勃起の指令を邪魔する事で、 ダブルパンチなEDを引き起こす可能性があります。 日本の報告では糖尿病患者さんの42から90%がEDという発表もあります。
  5. 《脂質異常症》
    脂質異常症って何だろう?と言う感じかも知れませんね。 これはコレステロールが高い状態がEDの原因:リスクファクターになるという事です。 日本人よりアメリカ人などの方が脂質異常症を原因としたEDが多いとされています。
  6. 《肥満》
    太っている事も実はEDの原因:リスクファクターです。肥満にはBMIという指標があるのですが、 アメリカの報告ではBMIが増大すればするほどEDが悪化すると発表されています。
  7. 《運動不足》
    運動不足も実は明確なEDの原因:リスクファクターです。 ただ運動の中にはサイクリングのように逆にEDを引き起こしやすくなる運動もあるのでご用心。
  8. 《うつ症状》
    落ち込んだり、しょんぼりしたりという状態が慢性化するとEDの原因:リスクファクターになると言われています。 うつ症状がある事とうつ病と診断される事は似ているようで実は違います。 うつ病の診断にはかなり詳細な基準があり、専門家による判断が必要です。
  9. 《前立腺肥大症》
    前立腺肥大症はとても一般的で、よく耳にする病気の一つだと思いますが、 実はこれもEDの原因:リスクファクターです。 また前立腺肥大症の重症度とEDの重症度は比例するとも報告されています。
  10. 《慢性腎臓病》
    腎臓という臓器はいろんな体の機能に関わるものなので、 腎臓の機能が下がっている状態である慢性腎臓病は、 非常に多様な要因からEDの原因:リスクファクターになります。 慢性腎臓病の人は、報告では70%がEDとも言われています。
  11. 《睡眠時無呼吸症候群》
    いびきを良くかく人の中には寝ている時、酸素がうまく体に入っていない場合があって、 これを一般に睡眠時無呼吸症候群と言うのですが、これもEDの原因:リスクファクターで、 睡眠時無呼吸症候群の70%の方がEDを発症しているとも報告されています。 いびきを良くかく人はご用心ですね。

以上、EDの大元の改善を説明する前に、 そのターゲットであるEDの原因:リスクファクターの一部を紹介しました! 次の項目ではこれらの是正によるEDの大元の改善について具体的に説明していきますね!


3.【EDのリスクファクター是正で原因治療しましょう!】

ED/勃起不全/インポテンツの大元の改善つまり原因治療とは、 勃起不全のリスクファクターへの治療的アプローチでEDの原因を良くしようという事ですが、 コチラではそのEDの大元の改善に関して具体的に記載しています。

  1. 《加齢》
    まず加齢によるEDに対しての大元の改善ですが、 皆さん「加齢は治せないでしょう!」と思われますよね? 確かに加齢そのもの自体は大元としての改善はできません。 しかし加齢によるED発症の理由の中には、 大元の改善が可能なものがあります。 それは男性ホルモンです。 加齢によって男性ホルモンが低下する病態を「加齢性性腺機能低下症」というのですが、 実は男性ホルモンの補充療法は加齢性かつ血管性のEDに対して、 大元の改善として有効との報告が有るのです。 ただ男性ホルモンは前立腺がんや前立腺肥大症の悪化を招く場合があるので、 こうした大元の改善を受けている間は、特に前立腺に関しては慎重な経過観察が必要です。
  2. 《喫煙》
    喫煙によるEDに対して大元の改善、それはまさに「禁煙」が相当します。 ED発症前の人にとって禁煙はED発症予防に明確になると報告されています。 一方、ED発症後の人の場合、 禁煙は大元の改善として効果が有るという報告とあまり効果が無いという報告がそれぞれ有ります。 ただロジカルには喫煙は血管の機能をダイレクトに阻害するので、 日本性機能学会でもEDの大元の改善として「禁煙」は推奨されています。
  3. 《高血圧》
    高血圧によるEDに対しての大元の改善ですが、 これは血圧を慢性的に下げる事自体が大元の改善になります。 ただ血圧を下げる薬である降圧薬は薬剤性EDを引き起こす事があり、 EDの大元の改善と言う点では複雑な部分が有ります。 しかし血圧は薬を使わなくても下げる事が出来ます。 それはダイエット、減塩、ウォーキングなどの運動、つまり生活習慣の是正による大元の改善です! これら習慣是正による降圧がEDを引き起こす事は報告されていませんし、 それどころか、詳しくは後述しますがダイエットも運動も、 それ単体でEDの大元の改善になるのでとてもおススメです!
    ※薬剤性EDに関しては別項にて詳しく記載してありますのでよろしければご参照ください!
    薬剤性EDについて
  4. 《糖尿病》
    糖尿病によるEDに対しての大元の改善ですが、 糖尿病の血糖関連の指標と勃起不全の重症度は比例するので、 糖尿病のコントロールの是正はEDの具体的な大元の改善になると言えます。 特に糖尿病とEDを合わせて持っていると、心筋梗塞のリスクが約14.8倍にもなると報告されてるので、 糖尿病のコントロールの是正はEDの大元の改善になるばかりか、 恐ろしい大きな病気の予防にもなり非常に有益です。 EDの大元の改善のためにも、心筋梗塞の予防のためにも、糖尿病はしっかりと治療をしましょう!
  5. 《脂質異常症》
    コレステロール高値によるEDに対しての大元の改善ですが、 これはもちろんコレステロールを下げる事が大元の改善に相当します。 しかしコレステロールを下げる薬剤にはEDの大元の改善として効果的という報告と、 むしろEDを悪くするという報告がそれぞれ有ります。 しかし高血圧同様にコレステロールは薬を使わなくても大元の改善をする事は可能です。 それは食事のタンパク源を肉・乳製品・卵から、大豆・魚などにシフトした食事療法、 またウォーキングなどの運動療法です! 後述しますがウォーキングなどの持久力を使う運動(筋トレではなく息が切れるような運動ですね) はそれ単体でEDの大元の改善になるので、 とてもおススメです!
  6. 《肥満》
    肥満によるEDに対しての大元の改善ですが、これは言うまでもなくダイエットが該当します。 しっかりとしたダイエットはEDの大元の改善になるだけでなく、 男性の性機能にとってとても大切な男性ホルモンの分泌を是正して、 そうした意味でも大元の改善に寄与すると報告されています。 まずは毎日体重計に乗りましょう、そして食事内容を詳細に記録するようにしましょう! 不思議な話ですが、これするだけでもダイエットが進み大元の改善になる場合が有ります。 是非とも試してみてください!また肥満の是正は肥満をベースとした糖尿病や高血圧、 睡眠時無呼吸症候群の是正にもつながり、 これらの疾病がある場合は更なるEDの大元の改善になりますのでおススメです。
  7. 《運動不足》
    運動不足によるEDに対しての大元の改善ですが、 これは運動をする事自体が大元の改善と言えます。 ただし闇雲に運動をすればそれが大元の改善になるかと言うとそういう訳ではなく、 例えば、筋肉トレーニングにはEDの大元の改善としての学術的根拠が不足しています。 また競技用自転車の細いサドルを使用したサイクリングは大元の改善になるどころか、 さらなるEDの発症原因になる可能性があるのでこれは避けるようにしてください。 ちなみに週に2.5時間以上のランニングはEDのリスクを30%も下げると言われており、 大元の改善にも望ましいです。 こうした息がハアハア切れるような持久力を使う運動が望ましいです。 ぜひEDの大元の改善として試してみてください! とてもおススメです。
  8. 《うつ症状》
    うつ症状によるEDに対しての大元の改善ですが、 実は抗うつ薬は薬剤性EDを引き起こす事があるので、 EDの大元の改善という側面からはおススメとは言い難いものが有ります。 その点、うつ症状に対する行動療法など精神療法のシリーズは勃起不全を引き起こす事はないので、 うつ症状をベースにしたEDの大元の改善としてはおススメと言えます。 またストレスなどが元になっている場合はストレスマネジメントなども大元の改善としておススメです。
  9. 《前立腺肥大症》
    前立腺肥大症によるEDに対しての大元の改善ですが、 これは前立腺肥大症に伴う下部尿路症状つまり、排尿に関連した病状の是正が大元の改善に相当します。 これには主に薬物を使用する方法と内視鏡処置による方法が有りますが、 前立腺肥大症用の薬は種類によっては薬剤性EDを引き起こす事があるので、 服薬の種類を決める際には主治医の先生に勃起不全の状況も含めて良く相談される事をお勧めします。 また内視鏡処置はEDの大元の改善になる可能性とEDを悪化させる可能性がどちらもあるので、 複数ある内視鏡の治療プランに関しても主治医の先生と詳細なミーティングをした上で、 EDの大元の改善に有効なものを選択するようにしましょう。
  10. 《慢性腎臓病》
    慢性腎臓病によるEDに対しての大元の改善ですが、 慢性腎臓病の場合、疾患自体を抜本的に是正する事はかなり難しいので、 慢性腎臓病自体の是正が大元の改善というより、 ED発症に関連する病態の一部を是正する事が大元の改善に相当すると言えます。 実は慢性腎臓病に伴う腎性貧血は、慢性腎臓病によるED発症に大きく関わりますが、 この腎性貧血は薬物による是正が出来る上に、EDの大元の改善として望ましいと報告されていますので、 腎性貧血に対してはEDの大元の改善という意味合いでも積極的な加療がおススメです。
  11. 《睡眠時無呼吸症候群》
    睡眠時無呼吸症候群によるEDに対しての大元の改善ですが、 睡眠時無呼吸症候群へのCPAP治療(経鼻的持続陽圧呼吸療法) はEDの大元の改善として大きな根拠が有るもので、とても望ましいです。 また肥満をベースとした睡眠時無呼吸症候群の場合、 ダイエットが睡眠時無呼吸症候群自体を是正させる事があるので、 これも結果としてEDの大元の改善になり得ます。

以上、EDの大元の改善に関してそれぞれ解説させて頂きました! さっそく導入できそうなEDの大元の改善は有りましたでしょうか? もしあるようでしたら積極的にEDの大元の改善にアプローチして見てください。 特にダイエット、自転車以外の持久力運動は導入のし易さ、効果の高さからもおススメの大元の改善です!


4.【一時的な加療にはどのようなものが有るのでしょうか】

上記にてEDの大元の改善に関して解説をさせて頂きましたが、 EDの大元の改善と双璧をなし、 かつ、よりEDへの処置として一般的とされる一時的な加療にはどのようなものが有るのでしょうか?

  1. 《PDE5阻害薬》
    PDE5阻害薬は現在の所、唯一の勃起改善薬のカテゴリーであり、 これらは内服する事によってED/勃起不全/インポテンツを一過性に治療します。 これらPDE5阻害薬は性欲が発生した場合に、ペニスの海綿体の拡張をし易くさせる事で、 その薬効が有る間だけEDを是正する作用です。 以前にはこうしたPDE5阻害薬を連日少量投与する事で、 EDの大元の改善になり得ると報告している文献が有りましたが、 この方向での大元の改善に関してはその後の続報が少なく、いまや下火と言っていいと思います。 やはりPDE5阻害薬は服用して薬効がある間だけ作用する一時的な加療と考えるべきなのだと思われます。
  2. 《陰圧式勃起補助具》
    陰圧式勃起補助具は、ペニスに陰圧をかける事でペニス内に血液を集めてEDを一過性に是正する道具で、 30分以上の利用が出来ない事からもEDの大元の改善とは言えず、 やはり一時的な加療の範疇に含まれるものです。 EDを是正するというよりも疑似的な勃起状態を作る処置なので、 勃起状態の達成率は90%と高いのですが、ユーザー満足度が低く、 継続して使用される方は35~40%程度とされています。
  3. 《陰茎海綿体注射》
    陰茎海綿体注射は、ペニスの海綿体に直接注射器でプロスタグランジンE1などの血管拡張薬を投与する事で、 EDを是正する処置で、やはり一過性の効果からEDの大元の改善とは言えず、 一時的な加療の範囲に含まれます。 陰圧式勃起補助具に比べてユーザー満足度は比較的高めと言えますが、 比較的副作用の少ないプロスタグランジンE1でも持続勃起症が1%、海綿体の線維化が2%と、 性機能予後の悪い合併症を高頻度に発生するので、 EDのためのルーチンでの使用は難しいと言えます。

以上EDの大元の改善に対しての、EDの一時的な加療に関して解説させて頂きました。 ちなみにEDの大元の改善、また一時的な加療すべてを含めて、 EDに対して最も一般的に行われている処置は、 まず間違いなく一時的な加療カテゴリーのPDE5阻害薬の内服だと思われます。


5.【「どっちか」ではなく「どっちも」が望ましいです】

本稿ではEDの大元の改善また一時的な加療に関して、その詳細を説明させて頂きました。 ほとんどのED加療をされている方はEDの大元の改善でなく、一時的な加療の、 それもPDE5阻害薬の内服による処置を選択されているものとおもわれます。


一時的な加療カテゴリーであるPDE5阻害薬は副作用の頻度が低く、 かつ一時的にしろEDの改善効果は高いので、非常に良質な薬剤と言えます。 ただ直截な効果が見られにくいとは言え、上記に解説させて頂いたEDの大元の改善は、 EDの根本を是正するばかりか、副次的に心筋梗塞や脳梗塞などの重大疾患を予防したり、 ED以外の健康面への寄与が大きいものが多いです。
大元の改善また一時的な加療のどちらにもメリットが有ると言えるので、 EDの是正に関しては大元の改善もしくは一時的な加療のどちらかのみでなく、 大元の改善、一時的治療のどちらも選択された方がおススメと言えます。


EDの大元の改善として、今まで習慣としてなかった運動を導入したり、 ダイエットにチャレンジしたりする事は、人によってはとても大変な事かも知れません。 ただこうした生活習慣是正系の大元の改善を行う事は総合的な健康面を良くする意味もあるので、 とても大きい意義があると言えます。 ぜひともEDの大元の改善にチャレンジして見てください。 こうした大元の改善とくに習慣是正系のものを始めるコツは、 最初からしっかりと完成された方法を目指すのではなく、、 出来る範囲から少しずつ広げていく事です。 この方が大元の改善を始めやすいですし、また脱落もし難いです。


EDの大元の改善、出来る事から初めて見ましょう。 あなたは何から始めますか?