勃起不全治療薬によって血管の再生・修復が期待できます。



ED治療薬と血管再生・血管修復

新宿でバイアグラ入手なら新宿ライフクリニック。


【ED治療と血管の再生・修復】
ED治療薬であるバイアグラ、 レビトラ、シアリスなどのPDE5阻害薬によって血液中の内皮前駆細胞が増加して、 これらによる血管再生や傷害された血管内皮の修復が促進し、 血流障害によるED/勃起不全の基礎的治療が出来る可能性が報告されています。
ED/勃起不全はその大半が血流障害によって発症しており、 糖尿病、高血圧、脂質異常症などによる血管内皮の機能障害や動脈硬化による虚血もしくは、 相対的虚血がその主原因となっています。
これらのいわゆる生活習慣病は、 その疾患自体というより、その進展に伴い発症する脳梗塞や心筋梗塞などの合併症が、 むしろ大きい医学的な問題であり、 EDはこれら脳梗塞や心筋梗塞のような致命性は無いものの、 その発症によってクオリティ・オブ・ライフつまり生活の質を大きく下げてしまう因子として、 認識されており、また対策が求められ続けています。
またEDは脳梗塞や心筋梗塞などの重大疾患の発症前に出現する、 これら虚血性疾患に至る道筋のマイルストーンもしくは警告疾患的な役割が最近では期待されており、 大血管障害の合併予防における総合的なストラテジーに組み入れる事が各学会において検討されています。
そんな血流障害が主因となって発症しているEDは、 従来からその治療的対策としてバイアグラ、レビトラ、 シアリスなどのED治療薬による、 一時的な勃起機能の賦活が基本的なものでした。 しかしこれらのPDE5阻害薬が販売されて10年以上経過し、 段々と血管再生や血管修復によるEDの根治治療を望む声が大きくなって来ている現状です。
そうした基礎的な治療として勘案されているものの中には、 超音波を利用したものや低強度の体外衝撃波を利用したもの等の理学療法的なものも検討されていますが、 今回の報告では、バイアグラ、レビトラ、 シアリスなどのED治療薬自体が長期連用によって、 血管再生、血管修復に好影響を与える可能性が高いとの事で、 こうしたPDE5阻害薬の使用方法が有意なEDの根治治療に至るようであれば、 ED治療薬は短期的には勃起機能の賦活によって、 長期的には血管再生・修復によるEDの基礎的治療薬としてEDに対してオールラウンドに活躍する事になり、 まさしくEDに苦しむ患者さんにとって、これらは夢の薬となる可能性が有ります。 本稿ではこのED治療薬の内皮前駆細胞を介した血管再生、 血管修復に関してを中心に記載させて頂いております。 どうぞご参照くださいませ。


【血管内皮前駆細胞とは】
ED治療薬が血管再生、血管修復を促進するのに、 活躍する内皮前駆細胞とはどのような細胞なのでしょうか?
内皮前駆細胞とは主に血管内皮や血球を作る為に存在する未熟な段階の細胞とも言えます。 この内皮前駆細胞は主に胎生期などの発育過程において活躍する細胞と今まで認識されていましたが、 昨今、この内皮前駆細胞が成人の末梢血内にも存在する事がわかり、 またこの細胞が血流の障害部位つまり虚血部位において、 それを改善させる為に再生される新しい血管の形成に大事な役目を果たす事が段々とわかって来ました。
つまりこの内皮前駆細胞は新しい血管の再生にも、 また修復にも作用するものであり、 驚くべきことにバイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬が、 この内皮前駆細胞の数を増加させる作用が有ると報告されているのです。


【ED治療薬とは】
バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬は、そのカテゴリー名をPDE5阻害薬と言い、 今までの認識では、これらの薬剤は基本的には陰茎の血管内皮機能を一時的に賦活して、 陰茎優位な血管拡張を図る事でEDを一時的に改善させる薬剤と考えられていました。
しかし、この系統の薬剤は昨今、 一時的な陰茎の血管拡張作用だけでなく、 その他にも様々な機能が有る事が段々と判明してきており、 前立腺肥大を改善させる作用や、肺高血圧の改善作用などが確認され、 これらの疾患のコントロール専用の薬剤としてリメイクされたりしています。
こうした良い副次的な効果の中で、 ED治療薬による内皮前駆細胞数の増加による血管再生、血管修復の作用は、 比較的新しい発見であり、 この作用はEDの基礎治療的なニュアンスだけでなく、 下肢の血流障害の治療にも応用が検討されています。


【今後のED治療に期待されるもの】
バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬の登場は、 ED:勃起不全治療においては大きく革命的なものでした。
これらのPDE5阻害薬はそれまでのED治療とは、 安全性も改善効果も段違いであったために、 これらのED治療薬を使用した勃起不全治療は、 すごいスピードで一般化していきました。
しかしこれらPDE5阻害薬の販売から既に10年以上が経過し、 ED患者さんや性機能系の学会の関心は、さらに新たな段階に移行しつつ有る現状です。 それはEDのベーシカルな治療、基礎的な治療です。
上述しましたが、ED治療薬の内皮前駆細胞数の増加を背景とした、 血管再生・血管修復によるED への基礎的な治療が実用段階のものに昇華するのであれば、 バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬は、 短期的なED改善作用と長期的なEDの基礎的治療のどちらをも司る事になり、 今後も長きにわたりED治療の王道として使用されていくと推測されます。 また血管再生作用の下肢などへの作用が明確になれば、 ASOなど他の疾患治療への適応が更に拡大されていく可能性も考えられます。


written by 新宿でレビトラ入手のご相談なら、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠