違法な勃起改善薬を使用している方には共通の傾向が有ります。



違法なED薬を入手する人の傾向の報告

新宿でバイアグラ販売なら新宿ライフクリニック。


【違法な勃起改善薬の入手】
ED薬であるバイアグラ、レビトラ、シアリスを処方箋を介さない方法、 つまり医療施設を介さず違法に入手されている方には、 統計学的に共通の傾向が有ります。 人から譲渡される形で違法に勃起改善薬を入手されている方は、 ①日本の南側に居住しており、②アルコールとタバコの消費量が多く、③勃起不全の自覚が低い。 という特徴があると報告されています。
またインターネットを介して違法に勃起改善薬を入手されている方は、 ①勃起不全への認識が低く、②不健康の自覚がある。と言う特徴が有ると報告されています。
因みに、勃起改善薬を医療従事者を介して合法的に入手されている方には、 ①日本の北部に居住しており、②喫煙率が低く、③勃起不全の自覚がある。 という特徴があると報告されています。
処方箋医薬品とは医師の診断の元にその安全性や適応を検討した上で処方する事が出来る医薬品の事で、 これは公的な複数のルールに則って規定されているものです。 バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED薬もまた、 この処方箋医薬品に該当する薬剤で、狭心症・心筋梗塞でニトロを使用されている方など、 使用に適さない方が存在する事もあって、 医療従事者以外の判断での服用は有意な勃起改善効果が出ない事もあれば、非常に危険な事態も想定されます。
処方箋医薬品の規定は、主に薬剤の安全性に重点が置かれるがゆえに施行されているものであり、 違法入手した薬剤にたとえ本物のED薬の成分が入っていたとしても、 その適応は医療従事者の判断を介さない状況においては、甚だ危険と言わざるを得ません。
しかし、インターネットに関しては海外にサーバを設置しているホームページも多々あり、 違法入手の薬物の制限が難しい状況が有ります。 また違法と知っていて処方箋医薬品をインターネットにて流通させている業者は、 正規の薬剤卸を使用できないのと、 また元々が違法なので元値の高い正規品ED薬を使用するメリットが希薄な事が有り、 主に偽造品を正規品と偽って流通させている事が主体とされています。
一方、自分に処方された正規品のED薬を、まるで滋養強壮剤を配るような気分で友人に配ってしまう方もいます。 この行動の出発点は親切心と思われますが、 その方がED薬であるバイアグラ、レビトラ、シアリスの適応を厳密に把握して配っているかと言うと、 そうしたケースは非常に稀だと思われます。
例えば、重症不整脈で抗不整脈薬を使用されている患者さんに、 ご友人がこれらED薬を間違って配布してしまったとしたら…、 これは恐ろしい非常事態が懸念されます。 親切心で友人にとった行動が、あるいはご友人の痛ましい薬害事故に進展してしまう危険性、 また事によると配布したご友人が傷害事件として刑事告訴される可能性も考えられます。
このように違法や処方箋医薬品の入手は大変に危険です。 バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED薬の違法入手する人の傾向を調査する事は、 こうした事態の予防上非常に有意義と思われます。 本項ではこの統計学的な調査報告のご紹介を中心に違法なED薬入手の危険性などに関して記載しております。


【違法なED薬の入手の問題点】
上記にも一部ご紹介させていただきましたが、 病院などの医療従事者を介さずに違法にED薬の入手する事には複数の問題が有ります。
①まずは健康面の問題です。基本的にバイアグラ、レビトラ、 シアリスなどのED薬は安全性の高い医薬品ですが、 いくつか飲み合わせに問題のある薬剤と、 飲む事が適さない疾患や健康状態が有ります。
上記したニトロ:硝酸剤や抗不整脈薬などはED薬との飲み合わせに問題が多い薬物の代表例と言えます、 この他、抗真菌剤や抗HIV剤など飲み合わせの悪い薬剤は複数あります。
また腎機能障害や肝機能障害などの基礎疾患がある状況においては、 これらの勃起改善薬は使用できない状況や大きく用量を削減する必要が有る状況が想定されます。
こうした飲み合わせの薬物や健康状態などの総合的判断はやはり医師でないと難しいと思われます。
②第二の問題点は違法に入手したものが正規品でなく、偽造品である場合が多い事になります。 ED薬の偽造品はリピーターを意識してか、 正規品を少々混入してある場合が多いとされています。 問題は正規品の成分以外の混入物と製造された環境の衛生面です。
シンガポールで見つかった、ある偽造品などは覚せい剤の成分が混入していたと報告されているものが有ります。 また日本で見つかったある偽造品においては、糖尿病用の薬剤が混入されていた物が有り、 使用者が重症低血糖で病院に搬入されて判明したものでした。
こうした偽造品は専門知識のある薬理学のプロが作成している訳ではなく、 違法業者が不衛生な環境で適当に作っているものがほとんどです。
以前の報告では偽造品のED薬に大腸菌が付着しているものもあったとの事です。
③第三の問題点は使用者責任です。 例えば、違法に入手した薬剤により、自分が健康を害してしまったり、 使用薬剤の成分が覚せい剤取締法の適応になってしまった場合に、 その責任はどこに追及されるのか、 これには様々な意見が有りますが、使用者責任が発生する場合が少なからず想定されます。 特に個人輸入という形態をとっている場合、覚せい剤が混入されたED薬を輸入したのは、 使用者である本人と言う事になってしまいます。
このように処方箋医薬品の違法な入手には複数の大きな問題が有ります。


【違法なED薬入手者の統計学的な傾向】
この報告上においては、ED薬を入手した人の内、54.6%がクリニックなどの施設を介して正規に入手しており、 23.4%が友人から勃起改善薬を譲渡された方、 22.0%がインターネットから個人輸入ED薬を購入した方になります。
これら合計1144人の合法・違法問わず、ED薬を入手された方を多変量解析にて統計分析を加え、 友人から違法に譲渡されたケース、インターネットにて違法に入手したケースにおける、 独立変数からの有意な予測因子を確認したとの事です。
結果としては、まず友人などから譲渡などの形でED薬を手に入れている場合において、 本邦の南部に居住している、酒・煙草の消費量の多い、勃起不全の自覚が薄いという独立変数が、 ぞれぞれ有意に選択されたとの事です。
一方、インターネットを介して個人輸入などの形でED薬を手に入れている場合においては、 勃起不全であるという認識が低い、 また自分が不健康であるという自覚が有る、という独立変数がそれぞれ有意に選択されたとの事です。
最後に病院・クリニックなどを介して正規に勃起改善薬を手に入れている方に関しては、 本邦の北部に居住している、喫煙率が低い、勃起不全の自覚がある、 という独立変数がそれぞれ有意に選択されたとの事です。
一概には言えませんが、やはり正規にED薬を入手されている方には真面目な傾向が有るように思われます。


【安全なED薬の使用の為には】
上記の「違法なED薬の入手の問題点」をご参照いただければ、 違法なED薬の入手が如何に危険なのかが、伝わるものと思われます。
しかし、忘れてはいけないのは、なぜに違法なED薬の入手が増加したかという点です。 これを認識しない事には、違法なED薬によって苦しんだり、被害をこうむった人を減らす事は難しいと思われます。
なぜに違法なED薬の入手がこれほど広がったと言うと、 それは合法なED薬の入手が様々な意味合いで“困難”であった事が原因になっていると思われます。 その困難さはプライバシーと利便性と透明性に集約出来ると思われます。
まずプライバシーについてですが、勃起不全の相談はプライバシーに強く関わる傾向が有り、 それに対する配慮は一般の病院においてはだいぶ希薄と言わざるを得ません。 なぜならば病院はその半分以上が女性職員であり、 またED患者さんへのシンパシーが全体に行き渡っているとはとても言い難い状況だからです。
また利便性に関してですが、一般の患者さんが過飽和である現在の病院などの状況を考えますと、 いたしかたないとも思われますが、 朝早くに診察予約をとって、帰宅が午後なんて事は、 近年の一般の医療施設においてはざらな状況だと思われます。 その点、違法な入手手段に関しては、時間的拘束はミニマムと言えます。
また透明性に関してですが、只でさえ病院の受診におけるトータルの出金は、 事前の予測として不明瞭になりやすいのに、 前提が自由診療対象薬品であるバイアグラ、レビトラ、シアリスなどは処方に至るまでにいくらかかるのか、 一般の方にとって検討がつき難い事は否めません。
しかし現在、違法なED薬の駆逐ならびに正規の勃起不全治療に関わる困難さを解消すべく、 首都圏を中心に勃起不全に特化したEDクリニックが段々に増加して来ている状況です。 当「新宿ライフクリニック」もまた新宿区保健所の正式な認可を持つ正規の勃起不全治療施設になりますが、 上記のED薬入手の“困難”に関わる所のプライバシー、利便性、透明性、 これら全てに関して徹底的な対策を講じています。
まずプライバシーに関しては、完全に男性専用クリニックと設定し、 かつ院外薬局を使用しない院内処方を採用する事で対応してします。 もちろん職員は全て男性で編成されており、 EDに関してシンパシーを持って全職員が勤務しております。
また利便性に関してですが、勃起不全に特化したクリニックにする事で、 診療内容を一般の疾病の患者さんと区分する事が出来、 その結果、受診から処方に至るまで5分と言う利便性に満ちた受診サイクルを確立しております。
また透明性に関してですが、ホームページ上にバイアグラ、レビトラ、 シアリスなどの勃起改善薬の代金を明示してあり、 また初診料・再診料を頂かないシステムにしてあるので、 受診される患者さんは薬品代だけ計算して頂ければ、 受診に関連する出金を事前にシュミレーションする事が出来ます。
勃起不全で悩まれている方は是非とも当院にご相談にいらっしゃって下さいませ。


written by 新宿でレビトラ外来のご相談なら、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠