ed治療は何科なの?



勃起不全の専門とは?

【ed治療は何科にかかれば良いのか?】

ed治療は何科なの?」 この疑問は、edを始めて自覚し、その治療を考えた人が最初に至る疑問だと思われます。 「ed治療は何科なの?」の「何科なの?」という言葉には、 ed治療をきちんと受けるために病院の専門科に相談したいという気持ちが凝縮されていると思われます。
しかしこの「ed治療は何科なの?」という疑問に直裁に答えると、 ed治療に関して「何科」という単位の専門セクションが、 いわゆる大学のような保険診療を主体にした総合病院には存在しないので 「何科でもない」という答えになってしまいます。
そして「ed治療は何科なの?」という疑問に直裁に対応したものでは有りませんが、 社会的にed治療自体に包括的に対応しているのが、 主に当新宿ライフクリニックのような保健所認可のed専門クリニックです。


基本的にed治療には「内科」的な要素、「泌尿器科」的要素な要素がそれぞれ内包されていますので、 実はその専門性は複数の様々な科にまたがっていると言えます。 つまり特定の「何科」がそれに専門性を100%持つと言う事では有りません。
また「科」とは病院であれば、 医療の専門性に応じて区分けされた専門セクションの一つ一つを区分けした言葉ですが、 ed治療自体は保険診療を主体とした医療施設ではほぼ対応しておらず、 自由診療を主体とした医療施設で対応している関係上、 複数の「何科」を抱えている保険診療を主体とした大病院の場合、 ed治療に対応していない事の方が多いです。 これは自由診療と保険診療を取り混ぜている「混合診療」が日本では原則、 認められているとは言えない状況が原因となって、このような事になっております。
本稿では「ed治療は何科なの?」という勃起不全の患者さんの疑問に対応するために、 ed治療の専門性や保険行政などに関しても詳細に記載されております。 どうぞ、ご参照くださいませ。


【ed治療は保険が効かない自由診療です。】

「ed治療は何科なの?」という疑問に回答するに当たっては、 ed治療がどのような支払体系になっているかを説明する必要性があります。
実はed治療は健康保険などの公法上の契約である診療つまり保険診療に対応していません。 基本的に皆さんは「高血圧」であれ、「風邪」であれ、「インフルエンザ」であれ、 病院に受診する場合は、何らかの診断病名の元にご本人のもつ公的保険によって、 ご自身で一定の負担額を支払い、その費用の大半はその公的保険の保険者が負担している状況です。
しかしed治療は日本国内では保険病名として認められておらず、 つまり公的保険がその治療費を負担する事が出来ないのです。


edは今や日本国内で1100万人強もの患者さんが存在すると言われており、 男性の6人に1人は罹患しているという、かなりの多数派疾患です。 この疾患がある事でQOL=「生活の質」が大幅に低下する事、 また少子高齢化に苦しむ日本にとってはその対策としても、その治療が望まれる事から、 edは国家としても重要性の高い生活上の疾患ですが、 残念ながら、この疾患に関して医療保険財政からのサポートは全く受ける事が出来ず、 現状ed治療は100%自費をもって治療費を支払う「自由診療」にカテゴリーされています。
自由診療と聞くと巨額の請求が前提の美容整形などを連想してしまうかも知れませんが、 ed治療に関してはとてもリーズナブルな値段 でうける事ができます。
実は皆さんになじみ深い予防接種や健康診断も同じカテゴリーに所属しています。 巨額の請求を予防接種で受ける事はほぼ無いと思われますが、 同じ自由診療でも高額なものとそうでないものがあり、 ed治療に関しては、基本的に高額な自由診療という扱いではないので、どうぞご安心下さい。
このようにed治療は公的保険でカバーされていないため、 「何科」と分類された複数の専門セクションを抱える一般病院では対応していない所が多いです。 この状況は上記したように自由診療と保険診療を取り混ぜた混合診療が、 日本で認められていないが故にです。


【日本では何で混合診療が認められていないの?】

上記したように日本ではいまだ混合診療、 つまりed治療のような自由診療と公的保険を使用した保険診療が、 同じ施設の中で混合する事は明らかには認められていません。
「ed治療は何科なの?」という疑問に詳細に答えるに当たり、 こうした事情を説明すると、もともと日本の保険診療はポリシーとして 「必要な医療は保険診療の範囲で給付する」 と言う方針を前面に掲げてきました (例外的に高度先進医療や差額ベッド代金の徴収は認めらてましたが)。
しかし医療カテゴリーの増加やその費用の増大に応じて、 保険診療でカバーしきれない状況が折々に生まれ、 そうした状況を受けて経済財政諮問会議から混合診療の解禁を求める提案が出ました。 しかしこの結論は未だ明確になっておらず、 今もって立法・行政・司法また医師会を巻き込んだ議論が続いている状況です。


実際、混合診療が大幅に認められた場合の行政側のマネジメントや社会的混乱などを多角的に考えると、 まとまり難い議論である事はある意味前提と言え、 こうした事情もあって、未だ混合診療は具体的なルール化されていない事もあり、 現状においては原則許されているとは言えない状況です。
そこでedの治療に関しては、 保険外の医療を専門とする当院、 新宿ライフクリニックのような保健所認可のed専門治療施設が自由診療下に対応して、 こうした状況の受け皿となっているのが現状です。


【ed治療が属する自由診療って何科が対応するの?】

ed治療が属する「自由診療」とは健康保険などの保険診療に対して、 私法上の契約による診療を示す言葉です。
自由診療は保険診療のルールが適応されないので、 明確に「何科」の診療になるのかが実は規定されていません。 自由診療の内、美容整形や心臓移植などに関しては、 まだしもその専門性つまり対応する医学的専門家は明確とも思われますが、 一方の予防接種や健康診断などは、実は何科にもカテゴリーされていません。 それはその内容が複数の専門にまたがる事と保険診療のルールが適応されていない事が原因です。 この状況はed治療が明確に「何科」対応となっていないのと同じですね。
故に「自由診療って何科なの?」という質問に関しては直裁には 「自由診療は何科が対応するか明確に規定されていない」 という回答になってしまいます。


【ed治療の専門性は何科にあるの?】

ed治療が自由診療によって自費負担で行われている事を上記しました。
ed治療の支払の体系に関しては理解して頂けたかと存じますが、 それではed治療の専門性は「何科」にあるのでしょうか?
edという病状の発症部位を考えるとこれは陰茎が主体なので、 発症部位としては「泌尿器科」が上記の「何科」に含まれるでしょう。
しかしedという病状の原因を考えると、 その原因の大半は「加齢」と「生活習慣」が主体です。 この生活習慣には喫煙、飲酒、寝不足などの生活内容から糖尿病・高血圧などの生活習慣病が内包されます。 こうした「加齢」や「生活習慣」によって発症する疾患の診断やコントロールに関しては 「内科」の専門性が高いので、原因論的には「内科」が上記の「何科」に含まれるでしょう。


つまりedという疾患は実は複数の「何科」にまたがった疾患概念なのです。 例えば糖尿病はed発症の原因に非常になりやすい疾患ですが、 泌尿器科で糖尿病をコントロールできるかと言えばこれは難しいでしょう。
また陰茎局所の問題でed発症となった場合、 これは逆に内科でコントロールする事は難しいと思われます。
edを専門に診断・治療するには、内科・泌尿器科など複数の「何科」にまたがった深い知識が必要です。


【日本性機能学会の性機能専門医】

上記に、edは複数の「何科」にその専門性がまたがった疾患カテゴリーであると記載しました。 しかし、こうした複数の「何科」にまたがったedを専門に治療する為の専門家を現在、 日本性機能学会が育成しております。
この専門家を性機能専門医とい言います。 性機能専門医はこの複数の「何科」にまたがる医学概念であるedのスペシャリストです。 しかし、この性機能専門医はまだ日本国内に200名程しかいません。 性機能専門医は最近設立された専門医カテゴリーなので、残念ながらその数は多くはなく、 1100万人強ほど存在する全国のed患者さんをカバーできるレベルでは全然無いです。
そうした事情もあって、たとえed専門治療施設でも性機能専門医を擁している所は大変珍しいと言えます。 そうした状況の中、当新宿ライフクリニック在籍の医師が現在、 性機能専門医に出願中しており、近々に登録される見込みです。 登録された後には、新宿ライフクリニックはed専門治療施設でほぼ唯一、 日本性機能学会認定 性機能専門医の所属するed専門治療施設となります。
edの専門家に診療してもらいたいという皆様の希望には、新宿ライフクリニック対応させて頂きます。


【ed治療は何科なの?回答のまとめ】

最後に「ed治療は何科なの?」の回答をまとめます。
ed治療は保険外の自由診療なので、 一般の保険診療を行う病院・クリニックでは対応していない事が多く、 対応施設としては当新宿ライフクリニックのような自由診療の保健所認可ed治療施設が主体です。
またedの専門家は「何科」という単位では明確には存在せず。 複数の「何科」を横断してedに関して学習した性機能専門医がその専門家です。
以上「ed治療は何科なの?」に関して記載させて頂きました。 読んでいただいて有難うございます。
新宿にお寄りの際はぜひ新宿ライフクリニックにお寄り下さいませ。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠