新宿駅前でED治療を行う理由

  • 新宿駅前にてED治療を行う3つの理由
  • ED治療対象と通勤者の年齢分布がほぼ一致していて、かつ新宿は通勤者がとても多い
  • 通勤者は基本的に時間が無いのて、相談の利便性などを考えると駅前が望ましい
  • 都会は匿名性が高いので、特にEDの相談には適している

新宿ライフクリニックは、日本性機能学会専門医が管理するED(勃起不全症)治療専門の医療施設です。 当院は東京はJR新宿南口の西新宿側で開業しています。


まさに新宿駅前というロケーションに当院は有りますが、この近辺は、この東京でも最も地代・家賃が高いエリアの一つです。 また世界一の乗降客数を誇る新宿駅にて、通勤列車は常にラッシュ状態、周辺は常に人で混み合っております。


つまり新宿駅前におけるクリニックの開業は、ランニングコストまたは通勤などの利便性においては、デメリットが多いとも言えます。
しかし日本性機能学会専門医の目線から見てみると、ED治療を行うクリニックは、むしろ新宿駅前で開設する必要性が高いように思われてきます。


こちらでは当院がJR新宿駅前にこだわって勃起不全治療施設を開業している3つの理由に関して解説させて頂いております。 よろしければご一読下さいませ。


<当ページのもくじ>

  1. 【通勤者には生殖年齢が多い】
  2. 【通勤者には時間がない】
  3. 【都会は匿名性が高い】

1.【通勤者には生殖年齢が多い】

通勤者のほとんどが生殖年齢

当院が新宿駅前にこだわってED治療施設を開設している理由、 最初に解説させて頂くのは
『通勤者には生殖年齢が多い』  事です。


JR新宿南口の西新宿側は日本一のビジネス街にて、 おそらく日本で最も多くの通勤者が仕事をしにやって来るエリアです。


この通勤者とはおおよそ18歳から60歳の年齢に分布しています。 一方、セックスによる子作りを行う年代:生殖年齢についてはおおよそ16歳から50歳に分布しています。
このように通勤者の年齢分布と生殖年齢の分布はほぼ一致しており、 実は通勤者とは、ほぼ生殖年齢で構成されている集団です。


そしてED:勃起不全の治療を最も真剣に求めているのも生殖年齢の男性です。
つまり、通勤者が日本で最も多いJR新宿南口の西新宿側とは、 この日本において最大多数の勃起不全患者さんにアプローチ出来る場所と言う事が出来ます。


日本は1100万人もの勃起不全患者を擁しながらも、 その治療があまり進んでいない、いわば 「勃起不全治療の後進国」 です。 日本性機能学会専門医としてそうした状況を変えて行く為には、 ED治療施設はどうしても 『ED治療を最も必要とする患者さんが、最も多くやってくる』 新宿駅前、西新宿側に開設する必要が有りました。 そしてその理由としては 『通勤者には生殖年齢が多い』 事があげられます。


2.【通勤者には時間がない】

通勤者にはあまり時間が無い

当院がJR新宿南口の西新宿側にこだわって勃起不全治療施設を開設している理由、 2番目に解説させて頂くのは、『通勤者には時間がない』 事です。


新宿駅前は日本一のビジネス街です。 つまり日本で一番通勤者が多いエリアと言えます。 そして、上記に記載させて頂いたように通勤者にはED治療希望者が多く含まれます。


国民生活時間調査によると東京圏の平均通勤時間は片道51分なので、1日102分を通勤に使ってます。 そして所定労働時間が8時間、社会人の平均睡眠時間が6時間30分、食事時間の全国平均が100分なので、入浴や身支度の時間等も含めて考えると 一日の内で自分自身に使える自由な時間は、たった4時時間ほどになります。 それも定時で仕事をあがれた場合です。


このようにED治療の主要な対象たる通勤者には基本的に時間があまり有りません。 ゆえに、更に時間を浪費してしまう日頃の行動導線から遠く離れた病院施設への受診は、 ED相談の利便性を考えても、望ましい事ではありません。


それゆえに勃起不全症を治療する専門施設の所在は、 最大多数のED治療希望者の毎日の行動導線上、 つまりJR新宿南口の西新宿側に有るのが最も望ましいと思われます。 そしてその理由としては 『通勤者には時間がない』 事があげられます。


3.【都会は匿名性が高い】

都会は田舎より匿名性が高い

当院が新宿駅前にこだわって、ED治療クリニックを開設している理由、 最後に解説させて頂くのは 『都会は匿名性が高い』 事です。


JR新宿南口の西新宿側は日本一のビジネス街であり、 上記のように、ED治療の主体層である通勤者が数多くやってきます。


東京都庁を有するこのエリアは、日本においても随一の都会と言えますが、 実は、このエリアにおけるいくつかの利便性の中には 『匿名性』 と言ったものも有ります。
この地域はあまりにも都会なので、一人一人の個人の存在感が希釈されるため、 他の地域に比べると匿名性がとても高いです。


例えば、ご自身のホームタウンである住宅剤の駅前にあるEDクリニックで勃起不全治療を受けたくなりますでしょうか? この場合、所在地としては日頃の行動導線上で便利とは思われますが、 ホームタウンの駅前には数多くの知り合いが行き交うので、匿名性についてはとても低いと言えます。


一方、新宿駅前の西新宿側は、あまりにも店が多く、またあまりにも人が多いので、 個人の存在感は限りなく希釈されます。こうした所在地における匿名性の高さは、 勃起不全治療のようなプライバシー性の高い臨床においては、実はとても大切なものです。


このように、ED治療を行う施設の所在地は、JR新宿南口の西新宿側のように都会で、 人も店も多い環境の方が望ましいです。 そしてその理由としては 『都会は匿名性が高い』 事があげられます。



以上、新宿駅前で当院が勃起不全治療を行う三つの理由に関して解説させて頂きました。 JR新宿南口の西新宿側にはこのようにED治療施設の開設に望ましい条件が揃っているので、 実は多くの専門クリニックが開設されています。 ただ様々な傾向のクリニックが有るので、ご訪問の際は事前にホームページなどでご自身のニーズに合致した施設なのかどうか、 しっかり調べてからお伺いされる事をお勧めいたします。

(記載:新宿ライフクリニック-日本性機能学会専門医:須田隆興、最終確認日:2021-01-26)


日本性機能学会専門医証
※日本性機能学会について詳しくはこちら
新宿ライフクリニック院内看板
※新宿ライフクリニックについて詳しくはこちら



 ―このページの内容に関連した記事―