いびきは危険信号?

呼吸の異常を伴う場合はセックスの機能に悪影響を及ぼしている場合があります。



セックスの機能に悪影響?」

いびきに呼吸の異常を伴う場合は検査が必要です。


<当ページの項目リスト>

     
  1. 【いびきとセックス】
  2. 【睡眠時無呼吸症候群とは】
  3. 【いびきと性機能障害】
  4. 【性機能の低下だけでは有りません!】
  5. 【睡眠時無呼吸症候群の治療でセックスの機能も改善!】

いびき

いびきとセックスに関連した機能の関係


1.【いびきとセックス】

【要約】
「いびきに呼吸状態の異常を伴う場合、セックスの機能障害が出現する場合があります。」

  • ―「いびき」に呼吸の異常を伴う場合、性機能障害が出現する場合があります
  • ―性機能障害としては勃起不全・射精障害・性欲低下等が報告されています
  • ―睡眠時無呼吸症候群はいびきに呼吸の異常を伴う「閉塞型」が代表的です
  • ―セックスの障害だけでなく、脳/心血管障害、また糖尿病等の発症率上昇も報告されてます
  • ―この状態の治療によりセックスの障害に対する改善が期待できます

「セックスが終わってすぐに高いびき」 
これは女性には多いに嫌われるベッドマナーの一つですが、 この「いびき」実はセックスの障害発生にも大いに関連があるのです。


皆さんは睡眠時無呼吸症候群(SAS:sleep apnea syndrome)という病態をご存じですか? これは代表的にはいびきを伴う呼吸停止や低呼吸が本態となる疾患で、 間欠的な低酸素状態が原因となって、二次的に様々な疾患や障害を引き起こすとされています。
なんと、このいびきを一つの特徴とした病態は日本人の15人に1人という高い罹患率が報告されており、 日本国内の推定患者数は800万人以上です。 そんな非常にポピュラーな「いびき」を伴う疾患なのですが、 実はその本態は、非常に恐ろしいものであり、 その被害はパートナーの安眠障害だけでは有りません。


詳しくは後述しますが、 主にいびきを伴うこの疾患は、セックスに関連した悪影響として、 なんと約7割もの患者さんに「勃起不全」を伴うと報告されております。 そして勃起不全以外にもセックスの障害として約5割に「射精障害」や「性欲低下」が合併するとも報告されています。 つまり「いびき」が呼吸の異常を伴う事で、 セックスに重大な悪影響を及ぼす可能性があるのです。

「うちの人はいびきがうるさいのよね~」というご家庭は存外に多いかと存じますが、 実はそんな呑気な状況ではない可能性もあります。 このいびきを伴う疾患は上記のセックスへの悪影響だけでなく、 不整脈や動脈硬化、糖尿病の発生率、 また脳梗塞や心筋梗塞など重大疾病の発生率を上昇させるとも報告されています。 つまりいびきに低呼吸や呼吸停止を伴う事で、 セックスだけでなく命や健康に重大な影響を与える疾患が出現してしまう可能性があるという事なんです。


本稿では本当は怖いこの「いびき」と「セックス」との関連を主軸に睡眠時無呼吸症候群の説明、 そしてその二次的影響、またその改善方法などに関して、 新宿ライフクリニック所属の日本性機能学会専門医が解説をさせて頂いております。 どうぞご参照下さいませ。


2.【睡眠時無呼吸症候群とは】

いびきに呼吸の異常を伴う状態、つまり睡眠時無呼吸症候群(SAS)の影響で、 セックスに関連した障害が出現する可能性がある事を冒頭より記載しております。 ここではこのSASに関して詳しく説明させて頂きます。


このSASという疾患は、 いびきがあり、それに無呼吸や低呼吸時の換気努力(息をしようとする努力の事です)が伴う「閉塞型」、 またこうした換気努力を伴わないで呼吸状態の異常が出現する「中枢型」、 そしてこの閉塞型と中枢型が混合された「混合型」の3タイプが有ります。
もっとも一般的なのは「いびき」に呼吸の異常を伴う「閉塞型」でこれは全体の80%以上を占めます。 対して「中枢型」はその頻度が低く「閉塞型」の約1/200以下とも報告されています。 「閉塞型」と「中枢型」が合わさった「混合型」は全体のだいたい15%近くです。 つまりSASとして一般的かつ主体になるのは「いびき」に呼吸の異常を伴う「閉塞型」と言う事です。


この「閉塞型」は要は口からのどにかけての空気の通り道が狭まる事によって発症し、 これは「上気道内腔の狭小化」と表現されます。 これは扁桃腺の腫大や肥満による上気道の脂肪沈着など様々な因子で発生します。
一方の「中枢型」はこうした「上気道内腔の狭小化」は無く、 脳血管障害、脳幹部悪性腫瘍などを原因とした、 中枢神経における呼吸のコントロールに重要な領域の障害が主な原因です。


このSASという疾患の直截な日常生活上の被害としては、 日中に過度の眠気が出現する事で、交通事故を起こしてしまったり、 また仕事など社会活動が阻害されてしまう事が主体です。
また二次的な被害としては、今回のメインテーマたるセックスの障害等が出る事があり、 また重症疾患としては脳血管障害などの発生頻度を上昇させると報告されています。


このSASの診断は「ポリソムノグラフィー」という検査で確定診断をする事が多く、 この検査は睡眠中の中枢神経・呼吸・循環の状態をモニターする機能が中心です。 この検査で無呼吸・低呼吸指数 (睡眠一時間当たりの無呼吸・低呼吸の数の事でAHI:apnea hypopnea indexとも呼ばれます) が5ポイント以上で、かつ日中の過度な眠気などの臨床症状がある場合、 また症状が無くとも、この数値が15ポイント以上ある場合、SASの確定診断が下されます。
セックスの障害を自覚していて、いびきがあるだけでなく、 呼吸の異常が確認されている方は、 しかるべき医療施設にご相談して頂き、 上記ポリソムノグラフィーより簡易な携帯型モニターによるスクリーニング検査をまずはお勧め致します。


3.【いびきと性機能障害】

冒頭より「いびき」に呼吸の異常を伴う状態は、 性機能障害の出現によるセックスの障害が出現し易いと記載しておりますが、 こうしたセックスの障害はどのくらいの頻度になるのでしょうか?


欧米における報告ではSASと診断された方の68.8%つまり約7割に「勃起不全」が合併しており、 またSASと診断された方の48%つまり約5割に「射精障害」や「性欲低下」などの合併が報告されています。 つまり、このいびきを特徴とした疾患はセックスに悪影響を与えやすいと言えるのです。
また逆に1025名の勃起不全患者さんを精査した所、 その43.5%にSASである可能性が示唆されたという報告もあり、 勃起不全と認識される患者さんの中にSASの患者さんが多数潜在している可能性も指摘されています。


いびきを伴う呼吸の異常を示す疾患のいったい何がセックスに悪影響を与えるのか、 これについては多変量解析という統計学的な手法で精査を加えた報告があります。 この報告によれば多数存在する関連パラメーターの中で夜間酸素飽和度の低下(血中の酸素濃度の低下を示唆する状態です) が独立した勃起不全の危険因子であったと発表されています。


日本人においてはセックスとこのいびきを特徴とした疾患の関連性についての検証はまだ十分にされているとは言えませんが、 日本人の場合は肥満が中等度レベルでもSASの合併が多いとされているので、 セックスに問題がある方で、いびきに呼吸の異常を伴う方は、 積極的にSASの検査をする事をお勧め致します。 お心当たりのある方はぜひ一度医療機関にSASのご相談をされて見て下さい。


4.【性機能の低下だけでは有りません!】

前項にていびきに呼吸の異常を伴った場合、 セックスに悪影響を与える事があると解説させて頂きました。 しかしこの「いびき」を一つの特徴とした疾患の恐ろしい所は、 実はセックスへの悪影響だけでは有りません。


この疾患は間欠的な夜間の低酸素血症によって、 交感神経・内分泌・凝固能・血管機能と多岐にわたり身体への悪影響を引き起こし、 それらの結果として糖尿病・高血圧・動脈硬化を二次的に引き起こします。
また死亡や重大な身体障害にかかわる疾患としては、 心血管疾患、脳血管新患の発症率・死亡率を共に上昇させるとも報告されているのです。


重大疾病の予防的観点においては、 パートナーの方に「いびき」があり、 呼吸の異常が確認される場合は、 これはセックスの障害の有無に関わらず、 上記2.に記載したような睡眠中の状態をチェックする検査を受けられる事を推奨いたします。


5.【睡眠時無呼吸症候群の治療でセックスの機能も改善!】

前項にて「いびき」を特徴としたSASがセックスの障害だけでなく、 様々な病態を二次的に引き起こす可能性があると解説させて頂きました。 故に、このいびきを特徴としたSASが診断された方は、これの積極的な治療が望まれる所です。


この疾患の代表的な治療方法としては持続陽圧呼吸療法(CPAP:continuous positive airway pressure) と呼ばれるものが有りますが、これは機械で陽圧の空気を上気道に送り込む治療方法なのですが、 なんとこのCPAPにてSASを加療をされた20名の勃起不全患者さんの内、 過半数の13名において勃起不全が改善されたと報告されております。 つまり、いびきを特徴とした本疾患への加療は、 SASに伴うセックスの障害を改善させる可能性が高いという事です。


その他、肥満が有る場合などは、 口や咽頭壁などに沈着した余分な脂肪組織が上気道内腔の狭小化を引き起こしている可能性が有るので 積極的なダイエットはSASの治療としても望ましいものです。 特に肥満は勃起不全の発症・増悪リスクでもあるので、 セックスの障害を伴ったSASの方にはより有意義な対策と言えます。 そして喫煙もまたSASの発症・増悪因子ですので、 喫煙をされている方は禁煙方向へマネジメントを進める事は非常に重要です。 じつは肥満同様に喫煙は勃起不全の発症リスクでもあるので、 セックスの障害を伴ったSASの方にはこれも有意義な対策です。


ちなみにいびきにセックスの機能低下を伴う方には、 勃起改善成分であるシルデナフィルを含有している薬剤の使用は慎重に検討された方が望ましいです。 と申しますのもシルデナフィルは副作用として「鼻閉(鼻づまり)」を引き起こす事があり、 SASが有る場合、この副作用がSASの状態を悪化させてしまう可能性があるからなのです。 SASが有ってセックスの障害が見られる場合は、 まずCPAPや禁煙・ダイエットなどの生活習慣改善から、 セックスの障害に対する加療的アプローチをした方が望ましいと言えます。


以上、いびきとセックスの関連に関して記載させて頂きました。 新宿ライフクリニックは日本性機能学会専門医が主宰するED専門医療施設として、 こうした様々な情報の発信に努めています。 東京はJR新宿駅にお寄りの際はぜひとも当院へご来院下さいませ。