手術的な影響による血行の障害がEDの原因になる事が有ります。



海綿体平滑筋障害による術後勃起不全

国産のバイアグラジェネリックを新宿で!新宿ライフクリニック!


【海綿体平滑筋障害による術後勃起不全】
海綿体平滑筋障害が手術によって発生する骨盤内血流不全によって引き起こされ、 結果として術後の勃起不全発症の原因になる事が有ります
ED/勃起不全はその頻度を年々増してきており、これは日本だけの問題ではなく、 世界的な潮流と言える傾向です。
こうしたED増加の理由としては生活習慣病の蔓延が一番の理由になりますが、 泌尿生殖器もしくは骨盤内臓器の外科的処置の増加、とくに前立腺に関連した外科的処置の増加も、 こうした勃起不全患者人口の増加に関連しております。
前立腺は勃起を支えるシステムの非常に近傍、 あるいは勃起を支えるシステムに非常に関連が密接な臓器であり、 同部の外科的処置は直接的に術後勃起不全の発症に関連しうる事は想像しやすいです。
しかし、その他にも骨盤内の大きな手術的操作は、 骨盤内あるいは近傍の臓器に様々な影響を与える可能性が有り、 その中でもシステム的にナイーブな海綿体平滑筋など勃起関連の組織・臓器に、 血流障害的影響つまり骨盤内血流障害を発生させ、 結果として勃起に大切な海綿体平滑筋に障害を与えてしまう事が有ります。
こうした海綿体平滑筋障害が術後勃起不全の原因になった場合は、 バイアグラ、 レビトラ、シアリス、シルデナフィルなどの勃起改善薬が効きにくい、 比較的難治な勃起不全となってしまう可能性があり、 こうした海綿体平滑筋の障害予防は術後のQOL=「生活の質」を考える上で非常に大切な要素です。
本項では海綿体平滑筋障害を引き起こす骨盤血流不全に関して、また術後勃起不全の原因に関して、 また術後勃起不全と海綿体平滑筋障害の予防に関して記載しております。


【海綿体平滑筋障害を引き起こす骨盤内血流不全とは】
骨盤内血流不全とはその名の通り、骨盤内で発生する血行の障害です。 これは上述の通り海面体平滑筋障害を引き起こす可能性が有り、 この海綿体平滑筋障害が手術操作によって発生した場合は術後の勃起不全/EDの原因になる事が有ります。
骨盤は左右の寛骨と,体幹骨の仙骨(尾骨を含む場合がある)でつくられる輪状の構造で、 骨盤ならびにこれが内包する臓器は、その体積上、人体における大きなウェイトを占めています。
骨盤内臓器には、泌尿器系臓器、生殖系臓器、消化管の下部ならびに、 これらに関連した組織、血管や神経などの脈管が含まれます。 特に男性の生殖系臓器に関しては精巣以外の精管、精嚢、射精管、前立腺、尿道球腺などが内包されており、 これらに関連した神経や脈管、組織も含めて、そのすべてが骨盤内血流不全の影響を受けると言えます。
骨盤内血流不全は骨盤内の外科的処置によって発生しうるという意味合いでは、 上述した泌尿器系臓器、生殖系臓器、消化管の下部に関する手術操作のいずれに関しても、 それが発生する可能性が有り、特に大きな腫瘍を取り除くような、 ダイナミックな外科的処置を必要とするものは、そのリスクは比較的高いです。


【術後勃起不全の原因に関して】
骨盤内血流不全による海綿体平滑筋障害が結果として術後勃起不全/EDを引き起こしうると上述しましたが、 その他の術後勃起不全の原因にはどのようなものが有りますでしょうか?
生殖器に対する直接的な外科的処置は、直截に術後EDなどの原因になり得ますが、 骨盤内血流不全以外の骨盤内に対する処置によって発生する術後勃起不全の原因としては、 やはり神経や脈管へ処置は大きい割合を占めると言えます。
脈管と申しますのは動脈、静脈の事であり、 これらへの障害は血流動態の変化と血液のプールをシステムのベースに置く、 勃起機構には直接的な悪影響が有り、術後勃起不全の原因の一つです。
また神経への障害としては、勃起の開始・終了の直接的な伝達機構となっている自律神経損傷が、 術後勃起不全の大きな原因です。 この自律神経は非常に細やかかつ多岐に分枝しているため、 手術的な影響を100%回避するのは難しいと言え、 術後勃起不全の回避を検討する上で今後、大きなテーマの一つです。


【術後勃起不全と海綿体平滑筋障害の予防に関して】
海綿体平滑筋障害による術後勃起不全は上述の通り、発症してしまうと、 バイアグラ、レビトラ、 シアリス、シルデナフィルなどのPDE5阻害薬の効果が出にくい、 難治性のEDになってしまう可能性が有ります。
難治性であるという事は、対応として「なってから」の治療ではなく、 「予防的対応」に重心を置いた方が、効果上望ましいという事です。
この場合の予防とは手術的影響下に骨盤内血流不全が起きて、 それによる海綿体平滑筋障害が発生し、結果として術後勃起不全になっているので、 この骨盤内血流不全を如何に軽減させるかが眼目になってくると思われます。
上記しましたが、もともと骨盤内への拡大オペが、生命予後を考える上で必須であれば、 これは避けようが有りませんが、 より小規模な手術の場合は、昨今は対象の手術や臓器によっては、 より侵襲性の少ない手術技法が選択できる場合が有ります。
たとえば、前立腺癌における前立腺全摘除術などにおいては、 スコープとロボットアームを併用する事で、 手術による正常組織への悪影響を大きく軽減させる事も可能であり、 その結果、骨盤内血流不全を軽減できる可能性が見込めます。
しかし、こうした新規の技術は技術自体がどうであるかと共に、 その技術に担当医師が習熟しているかというような問題もあり、 そもそもの手術に至る対象疾患の程度や選択された手術による様々なリスクの違いなど、 その適応は多角的に検討する必要が有ります そしてインフォームドコンセントの理念にのっとれば、 情報を受け取り、それを最終的に選択するのは手術を受ける患者さんです。
昨今の療養の現場には、選択肢と情報量が基本的に多く、 それに関してはいい側面がはもちろん多いのですが、 それを最終的に選択するのが患者さんという意味合いにおいて、 状況を正確に把握して、何かの治療を選択し、それを決断する事はある意味で患者さん、 また患者さんの家族に負担になって来ている可能性が有り、説明の対象者がご高齢なら、 それは猶更です。 医療従事者は、こうした患者さんの選択における良きガイドであるように、 また進化を重ねる必要が有ると思われます。


written by 新宿でシアリス購入なら!新宿ライフクリニック!

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠