海綿体線維症による器質性ED



海綿体線維症とED

新宿でバイアグラは新宿ライフクリニック


【海綿体線維症とは】
海綿体線維症fibrosis of cavernous bodyは、陰茎の海綿体に線維化が発生して、 重症の器質性ED/勃起不全を発症させる疾患です。


【原因】
陰茎の海綿体線維症の発症には、複数の原因がございます。
持続勃起症によって虚血性持続勃起症が長時間遷延した場合や、 ED治療の一つである陰茎海綿体注射療法の副作用、 陰茎海綿体神経の損傷や、EDや泌尿器系の手術による慢性的な非勃起状態が継続する事によって、 海綿体線維症は発症する事が有ります。

本疾患は、有効で特異的な治療法があまり無い為、予防する事が望ましいとも言えます。
昨今、その効果を検討されている、 低強度体外衝撃波療法 は、海綿体線維症を原因とするEDにも効果がある可能性が示唆されています。


【海綿体線維症の原因の一つ、慢性的非勃起状態とは】
ED/勃起不全や泌尿器系の手術後などに、慢性的な非勃起状態が持続すると、海綿体内の低酸素環境が、 血管拡張に作用する一酸化窒素の産生を低下させて、海綿体線維症を進めてしまう事があります。
EDの状態の長期放置自体が、海綿体線維症のリスクに結びつくため、 EDの早期治療が、海綿体線維症などによる後々のEDの悪化を予防します。


written by 新宿でレビトラなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠