下部尿路症状患者にはEDの合併も多い



下部尿路症状とED/勃起不全


【下部尿路症状とは】
下部尿路症状は、前立腺肥大 が原因になる事が最も多く、EDも併発する事が多いとされています。
欧米の研究によれば、ED/勃起不全の独立した予測因子と報告されております。

下部尿路症状は、膀胱の収縮能低下、もしくは、尿道の閉鎖能の亢進で出現します。
前立腺肥大は尿道の閉鎖能の亢進によって下部尿路症状を呈します。
その他、神経因性膀胱なども同状態の原因になりますが、 神経因性膀胱の場合は、膀胱の収縮能低下によって、下部尿路症状を呈します。

下部尿路症状は、蓄尿時の症状と排尿時の症状に分ける事が出来ます。
蓄尿時の症状には、頻尿や尿失禁があり、排尿時の症状として、間欠性排尿などがあります。


【下部尿路症状によるED/勃起不全発症機序について】
ED/勃起不全の重症度と下部尿路症状の重症度には、用量的相関性があるとされており、 これは、ED/勃起不全と下部尿路症状に共通した、生理学的な機序の存在を示唆します。
下部尿路症状発生下に見られる生理学的な変化で、ED/勃起不全発症に関連する可能性があるものでは、 交感神経系の過剰活動、NOS/NOの低下、骨盤内血管床の虚血などが挙げられます。
勃起は、自律神経による興奮伝達の結果、血管反応性に発生する生理現象なので、 神経機能異常、血管機能機能異常、血流の障害は多いにED/勃起不全発症に関連します。
下部尿路症状によるED/勃起不全の治療に関しても、バイアグラなどのED/勃起不全治療薬は効果的です。 またバイアグラなどのED/勃起不全治療薬は下部尿路症状自体の改善も示すと言われています。 別項にて、 バイアグラなどのPDE5阻害薬による下部尿路症状の改善に関して詳述しております。 ご参照ください⇒PDE5阻害薬による下部尿路症状:LUTSの改善
また前立腺の肥大自体がシアリスによって抑制されるという報告もございます。 宜しければこちらもご参照くださいませ⇒シアリスと前立腺肥大の抑制効果


written by 新宿でシアリスなら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠