インポテンスの出現は健康への警告サインかも知れません。



警告疾患としてのED/勃起不全

バイアグラで評判の新宿の医療施設は新宿ライフクリニック。


【ED/勃起不全は警告疾患】
ED/勃起不全とはその疾患定義上、セックスの際にペニスの勃起がうまく行かない状態です。 このED/勃起不全は昨今では、糖尿病・高血圧などの生活習慣病の存在を警告したり、 また将来、 心筋梗塞などの大血管障害を引き起こすリスクが有るという警告疾患としての役割が認識されつつあります。
現在、この日本には1000万人を超すED/勃起不全の患者さんがいるとも言われております。 このED/勃起不全は、大別すると精神的な因子によって発生する心因性のもの、 また 動脈硬化や神経障害などが因子となって発生する器質性のものに分かれます。
この器質性のED/勃起不全においては、 その発症に高血圧や糖尿病などの生活習慣病の関連が非常に大きく、 また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病によって発生しうる疾患として、 ED/勃起不全の延長線上には心筋梗塞などの生命を左右するような重大疾患である、 大血管障害が有ります。
昨今の研究によると日常生活上で気が付かれやすい疾患であるED/勃起不全が、 潜在する生活習慣病の警告サインとして使用可能であると報告されております。 また、生活習慣病による器質的なED/勃起不全が発生すると、 将来、心筋梗塞などの大血管障害を発生してしまうというリスクが高いという報告もされており、 器質性のED/勃起不全の発症は生活習慣や生活習慣病の治療内容の強化タイミングとして、 有意義に活用可能と認識されつつ有ります。
「年だからしょうがない…」では無く、ED/勃起不全の発生を将来の健康を守る為の情報として、 積極的に利用するには?
また、何故に生活習慣病がED/勃起不全に関連するのか?
そして何故に心筋梗塞等の大血管障害がED/勃起不全の延長線上にあるのか?
本稿ではこれらについて私見を添えて記載しております。 是非とも、ご参考にされてください。


【ED/勃起不全による生活習慣病の警告】
「だんだん勃起の調子が悪くなってきた…。」
実はこのような状態は、あなたの体に潜在的な生活習慣病が潜んでいるという警告のサインかもしれません。 高血圧や糖尿病のような生活習慣に伴い発生する疾患は実は、 その病初期においてはほとんど自覚症状を伴いません。 これらの自覚症状はこれらの疾患に伴った合併症の発生をもって出現する事がほとんどです。 そうした合併症の中でED/勃起不全は比較的早期に出現すると言われています。
生活習慣病が顕著な自覚症状を伴いにくいという状況の最悪のケースでは、 生活習慣病を持っているにも関わらず、自覚症状が希薄な為にまったく病識なく過ごしてしまい、 結果として脳梗塞や心筋梗塞などの大病の発生をもって、 生活習慣病が潜在していた事に初めて気が付く場合も有ります。
これらの疾患は初期において自覚症状が希薄だからこそ、 健康診断などでチェックする必要性が有ります。 ゆえに健康診断なるものは全人的な受診が望ましいものですが、 小さな商店を経営する個人経営者など健康診断を受けにくい状況の方も世の中には多数います。
そんな日常生活の中で見つけにくい初期の生活習慣病において、 ED/勃起不全という疾患はこれら生活習慣病が内在するという警告のサインとなり得る可能性が有ります。
実は高血圧や糖尿病などの生活習慣病が、 動脈硬化の初期病態として引き起こす血管内皮障害は直接的にED/勃起不全を引き起こす可能性が有ります。 つまりED/勃起不全を自覚している人は、 その状態に高血圧や糖尿病などの生活習慣病による血管内皮障害が、 原因として働いている可能性が有るという事です。
日常生活でED/勃起不全以外の他の自覚症状が無い場合には、 バイアグラ・レビトラ・シアリスなどのPDE5阻害薬でED/勃起不全の治療のみを考えがちですが、 もし、その状況下において健康診断などを定期的に受けていなかったり、 これらの生活習慣病の出現が遺伝的に濃厚であるならば、 ED/勃起不全の治療開始とともに、 人間ドックや健康診断などを受けて、 潜在する生活習慣病等の原因が有るかどうかチェックする事は非常に有意義と思われます。
また病初期の高血圧や糖尿病がED/勃起不全の原因である場合、 これらの生活習慣病をしっかり治療する事で、 ED/勃起不全の一過性ではなく、抜本的な改善を図る事も状況によっては可能です。 つまりED/勃起不全という疾患は高血圧や糖尿病などの潜在する警告サインにもなれば、 これらの改善度合いを指し図る指標にもなり得る可能性が有ります。


【ED/勃起不全による心筋梗塞等の大血管障害の警告】
「高血圧や糖尿病が顕在化している状況で、長期に渡りED/勃起不全が継続している・・・。」
このような状態は、その延長線上で命を左右するような大血管障害つまり、 心筋梗塞などの重大な疾患が発症する可能性が有ると報告されています。
上述も致しましたが高血圧や糖尿病などの生活習慣病は、その経過上でED/勃起不全を引き起こします。 この生活習慣病によるED/勃起不全発症のシステムは、 上述にも有るように、初期においては血管内皮障害が、 またその後は顕在化した動脈硬化による血流障害が原因として有ります。
実は、この発症のシステム、 ならびに原因は心筋梗塞や脳梗塞などの命に係わる大血管障害のものと共有されたものになります。
陰茎の血管は心臓や脳を栄養する大血管に比べると非常に細い為に、 この動脈硬化的影響が大血管に比較し、先行して出現するとされています。 しかし動脈硬化がどんどん悪化、進行していけば、これらの大血管にも物理的影響を及ぼすようになり、 その最終段階としてこれらの重大疾患が惹起されます。
つまり纏めると高血圧や糖尿病の影響下にED/勃起不全が発生した段階で、 それを警告疾患として生活習慣の改善やその治療を強化・改善すれば、 それ以上の大血管障害の発症を予防する事が出来る可能性が高いという事です。


written by レビトラで評判の新宿の医療施設は新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠