60歳以上の男性の不妊症対策に関して



高齢男性の不妊症治療

新宿でバイアグラ効果を実感したいのなら、新宿ライフクリニックへ。


【高齢男性による子作り】
昨今、衛生状態の改善や男女関係の変化、健康寿命の延伸によって、 従来は不妊治療対象になっていなかった高齢男性が、 不妊症の治療を希望するケースが増加してきたと報告されています。
高齢者とは医学的定義にのっとると60歳以上の男女が該当する年齢カテゴリーです。 織田信長が桶狭間合戦の前に舞った「敦盛」によれば、 中世日本の共通認識上では人生は50年ほどだったのでしょう。 つまり60歳以上で開始する子作りや不妊症治療など、 中世期の日本人からしたら、信じられないようなお話と思われます。
医学的には、 男性の生殖機能を維持する為の多数の役割を持つ男性ホルモンは20歳台から、 その分泌量の低下が始まり、 60歳以上においてはもちろん個人差はありますが、 ほとんどの男性が、若い生殖年齢期の体が必要とする男性ホルモン分泌量は、 充足できていないと思われます。
また、人間も60歳以上になると、生活習慣病のような身体機能を削減して行く疾患を持ってなかったとしても、 生理的動脈硬化などの、生理的に自然な身体機能の低下がみられます。 広義には老化もこうした生理的に自然な身体機能の低下に内包されるものと思われます。
つまり60歳以上の男性による子作りには医学的に多数の問題が有り、 前提として不妊症治療的アプローチが必要とも言えます。
こうした問題全てにアプローチしながら子作りを成功させ、 またその後の妻の出産という大きなイベントをこなすには、 高齢の方にとっては若年の方が考えるよりも、 非常に大変な苦労を必要とする可能性が非常に高いです。 これには社会的なサポートも必要とされると思われます。
しかし現代は、 平成23年度の報告によると男性平均寿命が79.44歳、 すなわち、男性が60歳で作った子供が19歳まで、平均的には生きる事が出来る時代です。 これが上述した中世期の日本人ならば男性が30歳ごろに作った子供と、 世代間タイムスケジュールは同様なものになりますでしょうか。 高齢だからといって不妊症治療をあきらめる必要はないように思われます。
中世日本はさておき、現代日本はまさに史上初の超少子高齢化社会に突入しようとしています。 そんな世相に堂々と逆らう、高齢男性の子作りへの意思は非常に頼もしく感じられるものが有り、 医療施設はこの果敢なアプローチを不妊症治療と言う形で出来る限り支援すべきであるとも思われます。
本項ではそんな高齢男性による不妊症治療に関して記載させて頂いております。 どうぞご参考にされてくださいませ。


【高齢男性の不妊症治療の報告】
高齢男性の不妊症治療のまとまった報告として、 60歳以上の男性13名に対して男性不妊症の治療を施行したという発表が有ります。
その発表によると、対象者は60歳から72歳の年齢幅で登録されており、 6例が初婚、7例が既婚の男性との事です。 一方の配偶者たち:つまり奥さんたちは35歳から52歳の年齢分布との事で、 パートナーである女性側にも高齢出産のリスクが有る状況が認められています。
こうした多角的に困難な状況にも関わらず、 この13名の男性に対して複数種の不妊症治療をアテンドした所、 3例にて妊娠の成立に成功し、合計で男児2名、女児2名の出産に成功したとの事でした。 こうした諸々の妊娠・分娩のリスクがある状況で不妊症治療によって23%に及ぶ成功率を示したことは、 本邦の生殖補助技術レベルの高さを示すものと思われます。


【高齢男性の不妊症治療の内容】
高齢男性の不妊症治療の内容としては、 勃起機能などの男性機能障害が主体の場合、 バイアグラ・レビトラ・シアリスなどのPDE5阻害薬によるED/勃起不全の治療や、 また適応が有れば男性ホルモン補充療法などが不妊症治療として選択される事が多いです。
一方、本質的な生殖補助としての不妊症治療は、受精し易いタイミングでのセックスを指導するタイミング法の指導、 また人工授精の適応、顕微鏡受精の適応などが有ります。
高齢男性の生殖機能といっても、 不妊に至る因子は非常にバリアブルあり、 その人によって不妊に至る男性側の原因の主体は非常に可変的です。 どの不妊症治療が全人的に良いというより、 それぞれの状況を詳細に検討して、 最も適合した不妊症治療を選択して行くというオーダーメイド的な対応が主体であり、 またそれが最も望ましい不妊症治療の形と思われます。
とくにED/勃起不全は罹病人口が1000万人を超すという、言わば国民病であり、 その内訳において高齢者人口層は多数派と思われます。 ED/勃起不全の治療は上述のようにバイアグラのようなPDE5阻害薬が主体になりますが、 これらは基礎疾患と服薬内容が確認されている状況においては高度な安全性が確認されており、 高齢者の不妊症治療上も非常に重要な選択肢とです。


【今後の高齢男性の結婚と子作り】
こうした60歳以上の高齢男性による結婚や子作りは、 傾向としては今後さらに増加してと考えられています。
本邦における少子高齢化の対策として、子作り・出産に意欲的な男性の年齢層を拡大していく事は 一つの非常に有効な対策として認識する事が可能であり、 医学会や社会によって、こうした高齢男性もしくは高齢カップルを支えていく事は、 少子高齢化に対する国策としても望ましいものと思われます。
医学がこうした高齢者を支えていく医学的システムを扶育する為には、 老年医学における性機能領域の研究や調査などの活動が欠かせないと思われます。 こうしたものを律速させる方策としての一例としては、 例えば日本老年医学会と日本性機能学会などの学会の垣根を越えた、 学会のコラボレートなども、客観的には非常に有意義かと思われます。
また高齢男性による子育てには、生まれた後の実生活上の助成が必要と思われ、 自治体などからのアプローチもまた必要なものと思われます。


written by 新宿でシアリス効果を実感したいなら、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠