高血圧やメタボリックシンドロームによる全身的影響でインポテンスが発生します。



慢性疾患とED/勃起不全の関係

新宿でバイアグラ購入のご相談なら、新宿ライフクリニックへ。


【慢性疾患とED/勃起不全】
慢性疾患、つまり高血圧のような生活習慣病やメタボリックシンドローム、 慢性腎機能障害などはED/勃起不全をその副次的影響下に引き起こします。 それは、インポテンスという局所の症状が、 慢性疾患による全身的な影響の一環として出現すると言う事で有り、 また重症合併症に至る前の警告症状として、ED/勃起不全が出現して来ているという事でも有ります。
慢性疾患とは高血圧、糖尿病、脂質異常症、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病、 また慢性腎不全などの腎機能障害などを示す言葉で、 医療施設にて定期的な検査、生活習慣指導、投薬が必要な場合が多い疾患群です。
慢性疾患において代表的な糖尿病は日本人に1000万人以上いるとされており、 一方の高血圧に至っては日本人に4000万人以上いるとも言われています。 現在日本人は1億3000万人弱存在しますので、 高血圧を罹患している患者さんは日本人の約3人に1人の計算になります。
一方、ED/勃起不全患者さんもまた日本人の中に1000万人以上存在すると言われており、 少子高齢化によって生産人口の低下が危惧される本邦においては、 ED/勃起不全の高い有病率は大きな問題の一つです。
なぜにこれほどの数のED/勃起不全患者さんがいるのかと言うと、 このED/勃起不全は心因性以外の発症原因のものは、 多数の患者さんが存在する慢性疾患を母体として発症しているものが多い事が一つ考えられます。
上記に高血圧の患者さんは4000万人以上いると申し上げましたが、 多数派疾患の高血圧はED/勃起不全をその病状の進行過程で発症させます。 それは糖尿病やメタボリックシンドロームなども同様です。
これらの動脈硬化を引き起こす疾患は、 その発症契機としてまた進展の結果として血管機能障害が有ります。 この血管機能障害はED/勃起不全の発症に直接的関係が示唆されています。 また動脈硬化の進行に従い末梢血流が悪くなる事によって、より重症のED/勃起不全を発症する事が有ります。
母体数の多い疾患がED/勃起不全を引き起こす傾向が有るので、 結果としてED/勃起不全もまた罹病者数を多く発生します。
本項ではこの慢性疾患とED/勃起不全の関係性を中心に、 その対策などに関して記載しております。どうぞご参照くださいませ。


【慢性疾患におけるED/勃起不全の調査報告】
慢性疾患にて内科通院中の患者131名を調査したED/勃起不全の報告が有ります。 この調査では対象者の71.7%が中等度、もしくは重度のED/勃起不全である事が分かりました。 つまりこうした状態で内科に通院している方のほとんどがインポテンスだったという事です。 また通院中の慢性疾患として一番多かったのが高血圧で、これは全体の78.6%を占めました。
本発表では収集した対象者のデータに対してMann-Whitney U-test、 ロジスティック回帰分析という統計解析を実行しており、 結果として、勃起不全と強い相関関係にある慢性疾患としては、 メタボリックシンドロームと腎機能障害等が有意に選択されたとの事です。 またロジスティック回帰分析上では、 勃起不全の重症化に関してメタボリックシンドロームが大きく影響を与えている事が示唆されました。


【慢性疾患への対応上のED/勃起不全の取り扱い】
メタボリックシンドロームや高血圧などの慢性疾患の本質的な問題は、 症状の希薄なこれら慢性疾患の延長線上に心筋梗塞や脳梗塞などの、 致命性が高く、一旦発症すると本質的な改善が難しい大病が有る事です。
症状が希薄である、つまり病状の悪化や深刻度が体感を持って把握しにくい事は、 本疾病カテゴリーの大きな問題であり、内科などの外来の医師が何故にあれほど口うるさいのかと言えば、 本質的に脳梗塞や心筋梗塞などの重病の発生を回避させてあげたいと言う気持ちが根底に有ります。
しかし患者さんにとっては食事や運動の適正化は毎日の事なので、 こうしたモチベーションを持続させる事もまた困難な要素が有ります。
最近の報告によるとED/勃起不全は、 慢性疾患をベースにした心筋梗塞などの致命性の高い疾患の警告症状としてその存在が認識されつつ有ります。
これはED/勃起不全が、罹患している慢性疾患の延長線上に出現したという強い自覚を喚起する事で、 本疾病カテゴリーによる影響が実感できるレベルにまで至っている事を患者さん自身に認識してもらい、 また更にその延長線上に、 心筋梗塞などの深刻な病状が控えている事を患者さんに悟ってもらうという、 重症疾患を回避するためのモチベーションの礎としてED/勃起不全が扱える可能性を示唆しています。
高血圧やメタボリックシンドロームを罹患している方でED/勃起不全を自覚されている方は、 今こそが生活習慣を抜本的に変えるべきタイミングであると申し上げさせて頂きます。 今一度食事内容を是正し、運動習慣を適正化しましょう。


【今後のED/勃起不全、慢性疾患のコントロール】
高血圧などの慢性疾患における終末像が心筋梗塞等の重症疾患としたら、 ED/勃起不全は終末像に至るまでの自覚されやすいマイルストーンとも言えます。
そして、体重のコントロール、適正な運動習慣の導入、食事内容の是正で、 ED/勃起不全は改善出来得るとの報告が多数あります。
ED/勃起不全を只のマイルストーンとしてでは無く、 慢性疾患の改善の指標とする事は生活習慣改善のモチベーションの維持にとっても非常に望ましい事と思われます。
慢性疾患に対する生活習慣改善における、 長射程の目標として心筋梗塞等の致命性の高い疾患の回避を置き、 短射程の目標として、その為にまずED/勃起不全を改善すべく、 生活習慣の是正を進める。
これは慢性疾患によるED/勃起不全という疾患の理想的取り扱いである可能性が有ります。


written by 新宿でシアリス購入をご希望なら、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠