前立腺癌への密封小線源治療後のインポテンスにはバイアグラが好適です



密封小線源治療とバイアグラ

バイアグラの処方のご相談は新宿ライフクリニックへ。


【密封小線源治療と性機能そしてバイアグラ】
密封小線源治療という放射線を利用した腫瘍治療の処置が有ります。 この処置は腫瘍以外の健全な部位に対する侵襲が少ない為に重篤な合併症が少ないと言われています。 限局した前立腺癌への処置としてこれを使用した場合、 前立腺への処置に高頻度に合併しうるED/勃起不全の発生率が、 他の処置に比較して少ない事、 またED/勃起不全が処置後に発生したとしてもバイアグラによる改善の反応性が良いなど、 性機能の維持に関して優れていると報告されています。
密封小線源治療とは放射性同位元素を封入した針や管を、 悪性腫瘍組織に差し込んだりする限局的に治療影響を与える放射線処置の事で、 放射性同位元素から放出される、 ガンマ線や中性子線などの放射線によって悪性腫瘍細胞にダメージを与える事を主目的とした加療方法です。
もちろんこれは、大きな前立腺癌や高リスクの症例に選択される事は少ない、 局所性の高い加療方法で、限局性が高く、リスクが相対的に少ない前立腺癌がその加療対象として選択されます。
前立腺癌に対する密封小線源治療に関しては、 欧米などにおける報告や発表が多く、 本邦では加療の選択肢としてはそれほどメジャーなものでは有りませんが、 処置後の前立腺ならびに前立腺周囲が関連した生理機能の保全上、 望ましい側面が多く、その代表の一つとして性機能関連の生理機能の維持が有ります。
具体的に言うと処置後のED/勃起不全の発生が他の前立腺癌の処置に大して比較的少なく、 また発生したとしてもバイアグラの改善の反応性が高い事が報告されています。
前立腺癌に対する密封小線源治療の発表や報告が欧米からによるものが多い理由としては、 やはり前立腺癌の発症頻度が欧米の方が高い事が有ります。 しかし、本邦も高度経済成長に伴い、 純和風の食生活から欧米型への遷移がどんどん進み、 乳脂肪分の摂取量と比例関係があるとも言われる前立腺癌の発生頻度は年々上昇傾向を示しています。
本稿では前立腺癌に対する密封小線源治療の実際、また本邦における報告、 また処置後に発生したED/勃起不全に対するバイアグラ加療に関して記載しております。 ご参照くださいませ。


【密封小線源治療の実際】
密封小線源治療とは上記しましたが、 放射性同位元素から放出されるγ線などの放射線を悪性腫瘍に局所的に照射して、 これにダメージを与える腫瘍に対する加療選択肢の一つになります。
細かくは組織内密封小線源治療と管腔内密封小線源治療に分類され、 前者は放射性同位元素を金属の容器に封入したものを針状などにして癌組織に挿入する加療方法で、 後者は食道や子宮などの有腔臓器の腔に放射性同位元素を封入した容器を挿入するという加療方法です。
前者は脳腫瘍、口腔癌、頚部腫瘍、乳癌、肺癌、膵臓癌、膀胱癌 直腸癌などに、 後者は食道癌、気管支癌、胆管癌、子宮癌などに適応されます。 本稿のメインテーマである前立腺癌は有腔臓器の癌ではないので、 前者の組織内密封小線源治療が適応されます。
前立腺癌に対する密封小線源治療は、入院期間が3泊4日程度と非常に短い期間での施行が可能で、 かつ重篤な合併症が少ないという処置施行上のメリットのみならず、 もちろんその適応が限定されますが、口腔癌、子宮がん、前立腺癌では、 手術と同等かそれ以上の加療成績が示されるケースも有ると報告されています。
この上、施行後のED/勃起不全の発生率の低いこと、 また縦しんばED/勃起不全が発生したとしても、 PDE5阻害薬のバイアグラが高い奏効率を示すなど性機能上保全上のメリットが有ると言う事です。


【本邦における密封小線源治療と性機能に関しての報告】
本邦での報告においては、密封小線源治療を1年以上施行した109例に対してその治療前後の性機能、 また性負担感に関して、専用の質問紙を使用した統計調査を施行したものが有ります。
それによると、性機能に関してはUCLA-PCIならびにIIEF-5という性機能スコアリング上で、 密封小線源治療前の性機能と施行一年後の性機能を比較すると、 性機能の低下、つまり勃起不全の発生の増加は施行後に否めないものの、 性負担感に関しては加療施行前後での変化は有意に無く、 前立腺癌への密封小線源治療の正常組織への侵襲性の低さを示す結果となったとの事でした。


【治療後発生したインポテンスのバイアグラによる加療】
バイアグラは泌尿器系手術、また交通事故、また密封小線源のような泌尿器科領域における放射線治療など、 勃起システムへの物理的ダメージを引き起こしているようなケースにおいても、 ある程度の改善効果が見込まれる陰茎局所の血管拡張薬です。
バイアグラは前立腺手術後のペニスのリハビリテーションに利用されるなど、 性機能を障害しうるとされる大きな処置における利用の検討が多数されており、 特に密封小線源治療によって発生したED/勃起不全にsildenafil citrateつまりバイアグラが効果的であると、 海外の発表にて報告されています。
もちろんバイアグラを安全に使用するためには専門家を介在させる事が、 バイアグラの副作用発生を防ぐ意味合いでも、 またバイアグラの有効な効果を実感するためにも必要と思われますが、 自分自身で性機能の低下に関してあきらめるを付ける前に、 専門家へ勃起機能の改善、バイアグラの使用を相談する事は非常に有意義な事です。
前立腺の処置後のED/勃起不全でお悩みの方は是非ともご相談くださいませ。 バイアグラの適応を勘案させて頂きます。


written by シアリスの使用のご相談は新宿ライフクリニックで.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠