DMにおけるED発症の要因は若い人と高齢者で違う傾向が有ります。



糖尿病/DMによるEDの原因とは?

新宿でバイアグラ購入なら新宿ライフクリニック。


【糖尿病性EDの発症原因】
糖尿病患者さんに糖尿病性のEDを発症させる原因に関して、 若い方と高齢者で検討した報告が有ります。 これによると、若い患者で糖尿病性EDを発症している方は、 うつ症状、神経障害の存在が大きな関連を示し、 その一方、高齢の本疾患患者では年齢、 高血圧の存在などが糖尿病性EDの発症に大きな関連を示したとの事でした。
糖尿病=DMは非常に大きな罹患人口を抱えるメジャーな疾患と言えます。 つまり一般において非常にポピュラーであり、 家族・また周囲にDM患者さんのいる方は決して珍しくないことと思われます。 それもそのはずで、現在日本においてDMと認識されている方は、 2011年の報告では1067万4320人もいると確認されており、 おおよそ日本人の12人に1人はDMという状況です。
日本人は世界的に見ても、DM患者さんの割合が多く、 全世界にはDM患者さんが3億8,200万人(有病率 8.3%)ほどいますが、 日本人のDM患者数は各国の調査上、上から6番目とかなりの上位にいます。 これは我が国の背景として、 本邦は国際的にも富裕な為、 食料自給率が高く、余剰のカロリーを摂取しやすい環境が有るという事、 またモータリゼーションの発達、並びに電車等の公共交通機関が高レベルに配置されている事によって、 個人の歩行などによる運動量が低下している事、 また日本人は国際的に見ても勤務への就労時間が長い影響もあって、 スポーツなどのカロリー消費につながるレクリエーションに時間を割きにくい事など、 我々の国における先進国としての環境が、糖尿病など生活習慣病の発症に大きく影響している可能性が有ります。
そんな多数派疾患である本疾患の30%に糖尿病性ED:勃起不全は合併すると報告されています。 糖尿病性EDは本疾患が引き起こす合併症の中では、 心筋梗塞や脳梗塞などのように致命性が高いものではありませんが、 問診表を利用した統計調査によると、 EDの発症は大きくQOL(生活の質)を下げる原因として認識されており、 やりがいのある日々を維持する為にも性機能は非常に大切な生活要因と言えます。
そんな糖尿病性EDにおいて、同じDM患者さんであっても、 発症している患者さんと発症していない患者さんがいます。 基本的にはDMの増悪に伴い糖尿病性EDなどの合併症は増加する傾向にありますが、 それでもDMがかなり増悪しても、EDをまったく発症しない方が存在します。
今回ご紹介させて頂く報告はこうした 「糖尿病の患者さんでは何が原因となってEDを発症するのか?」 という疑問に対応したものになります。
また本稿では糖尿病性EDの発症要因やその原因への対策などに関しても記載させて頂いております。 どうぞご参照くださいませ。


【糖尿病とED発症の原因】
下段でご紹介させて頂く報告は、 糖尿病=DM患者における糖尿病性ED発症に関連が深いと統計学的に判断される原因についてのものです。
それではDMにおける糖尿病性ED発症原因はロジカルにはどのようなものが想定されるのでしょう?
これに関して報告されているものには、 大きく三種のロジカルな原因が示唆されています。 まず、これには動脈硬化性疾患としてのDMによる血管内皮機能障害が挙げられます。 次に同じく動脈硬化の影響によって、 勃起に必要とされる血流量が物理的な血管の狭窄により供給できない事が挙げられます。 そして最後にDM固有の合併症と言える、 DM性神経障害による勃起の神経連絡の障害が挙げられます。
本疾患に糖尿病性ED合併が多い理由の中には、 このようにDM患者がED発症の原因を多く保有している事も影響していると思われます。
こうしたDMにおけるEDのロジカルな原因には、 可逆的状態すなわちDMへの加療によって糖尿病性EDの改善が十分に見込める状態と、 不可逆的状態すなわちDM加療しても糖尿病性EDの改善が見られない可能性が高い状態が有ります。 これらを2分する大きな要因としては、 DMの発症早期であるかどうかが有り、 DM発症早期であれば、DMの積極的治療により、 合併したEDすなわち性機能の改善ができる可能性は高いものと思われます。


【統計的に検討された糖尿病性EDの原因因子】
本報告は愛媛県における複数の施設にて共同で検討された大きな疫学調査であり、 非常に大がかりなものです。
男性糖尿病患者316名において、EDが合併している患者さんを判別し、 その方々において、エピソード上独立して関連した原因因子を統計的に検討したものです。
ちなみに高齢者と非高齢者の境界は60歳に規定しているとの事です。
調査の結果として、 非高齢者の本疾患患者さんで糖尿病性EDを合併している方では、 独立して関連する原因因子として「うつ症状」、「神経障害」、「飲酒歴なし」が有意に選択され、 また一方で高齢の患者さんでは、独立して関連する原因因子としては「加齢」、「BMIが低い」、 「高血圧が有る」が有意に選択されたとの事です。


【糖尿病患者におけるED原因への対策】
本疾患における糖尿病性ED発症原因への対策として、 まず何よりも大切な事は、原疾患のコントロールすなわち、糖尿病の改善です。
糖尿病の改善とはすなわち血糖値の適正化であり、 これは端的には空腹時、食後と、治療目標とされる血糖値に、 現状の血糖値を近づけていく事になります。
糖尿病の改善において望ましい方法は、 基本的には運動療法、食事療法などの生活習慣の改善によるものです。 逆に言うと、運動が無い、食事が乱れているという状況においては、 仮に血糖改善薬を始めても有意な効果が無い、もしくはいったん良くなっても段々また悪くなる事が多く、 結果として投薬の種類・量が増加して行ってしまう可能性が高いです。
今回、ご紹介させて頂いた内容をフィードバックして、 本疾患患者さんにおける糖尿病性ED発症原因への対策を検討すると、 非高齢の患者さんにおいては、 うつ病併発の予防に努め、また本疾患自体のコントロール、 特に糖尿病神経障害の発生を予防する事が大切です。 また糖尿病性神経障害がすでに発症している方においては、 可逆的状態つまり発症早期の内にコレを改善すべく生活習慣改善などの治療を頑張る事が、 ED発症原因への対策として望ましいと思われます。
一方、高齢の本疾患患者さんにおいては、 高血圧が併発しないように、従前から運動や減塩などの高血圧発症の予防策に努める事、 また高血圧が既に併発している方においては、糖尿病同様に高血圧の適格なコントロールにも努める 事が糖尿病性EDの統計学的に確認された発症原因への対策として大事と思われます。


written by 新宿でレビトラ処方のご相談なら、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠