年齢別特殊出生率の説明



年齢別特殊出生率と不妊治療

written by 新宿でバイアグラなら新宿ライフクリニック



【年齢別特殊出生率とは】
年齢別特殊出生率とは、集団の中で生殖年齢女性、つまり妊娠可能な女性の出産の傾向を示す臨症統計値 の事になります。 年齢別特殊出生率の公式は該当年齢別特殊出生率=該当年齢の母による年間出生数÷該当年齢の女子の総人口 によって算出されます。ここでの該当年齢とは女性の生殖年齢として規定される15~49歳の間が それに相当します。 この該当年齢を、5歳分の年齢階級にて算出する年齢別特殊出生率もあります。


【年齢別特殊出生率の低下傾向】
日本は現在、史上類を見ない超高齢化社会に向かって突き進んでいます。高齢者の健康寿命の延長などが原因 とされますが、その原因の一つとして出生率の低下も大きく関連しています。 そうした出生率の低下の一指標として年齢別特殊出生率は使用され、生殖年齢女性の未婚率の上昇や 女性の専従業務従事の増加によって、年々、年齢別特殊出生率は低下傾向にあります。 社会構造上、専従業務従事する女性が出産・育児をしやすくする改革や工夫が求められており、 改革のモデルケースとして欧米の出産女性の勤務状態などが挙げられます。 ただ日本の場合は男女雇用機会均等などの社会整備は進んでいるものの、実際に出産・育児しながら 常勤を続けられる仕事は少ないと言え、年齢別特殊出生率の上昇の為には企業の自助努力ならびに国の法整備が必要とされています。 なお男性のEDもまた不妊症発生の関係上、年齢別特殊出生率の低下には関連があり、 こうしたナイーブな悩みに対応する男性専門医院・病院の増加も本邦にて求められています。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠