アンドロゲンの投与が男性の痴呆症状の改善に有効であったとの報告が有ります。



認知症の改善と男性ホルモンの関係

新宿でバイアグラ購入なら新宿ライフクリニック。


【認知症の改善と男性ホルモン】
アルツハイマー型認知症や加齢性性腺機能低下症候群に伴う認知症に男性ホルモンが、 改善効果を示したという報告がされております。 また、その一方で男性ホルモンの血液中の複数の値において、 本疾患との明らかな関係性が見られなかったとも報告されております。
認知症とは認知機能が障害されている状態であり、 以前までは痴呆症とも呼ばれていました。 基本的に本疾患は、不可逆の状態である事が多く、 つまり一旦発症するとそれが抜本的に改善を見せる事は非常に稀です。 本疾患の発症は本人にとっても家族にとっても、 発症者の尊厳、ケアにかかる時間と手間そして金銭的問題と、 複数の問題を同時に発生させる事から、 本人と家族に大きなストレスを強いる状態と言えます。
現在、日本における65歳以上の全高齢者のうち、 認知症と確認されている人は総体の約15%と推定されており、 2012年時点の調査では約462万人に上ると報告されております。
しかしこうした認知症の中にも可逆の状態、 すなわち認知機能が改善に至る状態が稀少ながらも確認されており、 男性ホルモン補充による本疾患の改善報告はその中の一つです。 基本的に認知症のお薬は進行を抑制するポジションのものが主体であり、 認知症を継続的に改善させる薬剤として認知を得ているものは希薄と言えます。
そのような状況において、いまだ肯定的な報告、否定的な報告が混在はしてますが、 男性ホルモン補充による認知症の改善は、各種学会において大きな期待を寄せられている状況です。
本稿では認知症の解説とともに、 男性ホルモン補充による認知症改善に肯定的な報告、 また否定的な報告、そして今後の認知症の改善を目的とした治療に関してなど、 私見を添えて記載させて頂いております。


【認知症とは】
認知症とは上述の通り、認知機能の障害が主体の疾患です。 認知機能とは、難しい表現ですが、 これは一般には論理、理解などの知的機能の事を示す言葉で、 精神医学上は知能とほぼ同等の意味合いで扱われています。 一方、心理学領域において認知機能は判断、想像、推論、決定、記憶、言語理解と言った要素に加えて、 知覚なども内包されるより大きな概念になります。
一般的によく認識されている認知症の特徴は、 物忘れに代表されるような記憶の障害になると思われますが、 症状はそれだけに留まらず、 判断・計算・理解・学習・思考・言語など様々な脳の高次機能が障害されて行きます。
認知症は上述したように65歳以上の高齢者の15%近くに発症していると報告されていますが、 これの初発症状は記銘力や見当識の障害が初発症状になる場合と、 人格-行動障害が初発症状になる場合とに大きく分けられます。
認知症のテストとしては日本においては長谷川式簡易知能スケールが有り、 一方、国際的にはMMSEと呼ばれるスコアリングが代表的です。
認知症は基本的には不可逆性であり、改善が難しい疾患です。 その症状の伸展の消長や揺り戻しのようなものは有れども、 基本的には進行性の疾患と認識されています。


【認知症への男性ホルモンの効果への肯定的報告】
そんな進行性疾患の認知症にとって男性ホルモンによる症状改善の報告は、 喜ばしい朗報であり、男性ホルモンを利用した認知症の改善報告には各学会から大きな期待が寄せられています。
男性ホルモンの認知症への効果に関して、 肯定的な報告としては、まず男性ホルモンの値と認知機能についてのものが有り、 Rancho Benardo studyにおいては、男性ホルモンの総テストステロンと活性型テストステロンの値は、 年齢と教育の程度とは関係なく、言語の記憶に相関していると報告されております。 (テストステロンは代表的な男性ホルモンの事になります。) また、その他の報告においては、男性ホルモンは言語の記憶だけでなく、 空間の認識力に関してその有意な相関性が報告されております。
また男性ホルモン補充療法の認知症への治療効果に関しては、 男性ホルモンが欠乏している加齢性性腺機能低下症候群による認知症の改善のみならず、 軽症のアルツハイマー型認知症に対しても認知機能の改善効果が確認されております。


【認知症への男性ホルモンの効果への否定的報告】
上記のような男性ホルモンの投与による認知症改善への肯定的な報告の一方で、 男性ホルモンと認知症の改善に関しての関係性については否定的な報告も有ります。
有る報告では男性ホルモンの総テストステロン値と遊離テストステロン値は、 認知機能との間に明らかな相関性が見いだされなかったと報告されており、 上述した空間の認識能力に関しても総テストステロン値ならびに遊離テストステロン値との相関性が、 有意に見られなかった報告している発表も有ります。
また本邦においては前立腺癌に対して、 男性ホルモンを抑制する去勢療法目的の治療をされている去勢群5名に対して、 こうした治療をされていない非去勢群6名をコントロールに、 認知機能を上述したMMSEにて時系列的に追跡した報告が有ります。 この報告でもMMSEにおける去勢群と非去勢群との間では、 認知症の改善に明らかな差が見いだされなかったとの事でした。


【今後の男性の認知症治療】
なぜに男性ホルモンにおける認知症の改善報告に、 こうした肯定的意見と否定的意見が混在しているかと言うと、 これは認知機能の査定方法に報告間のばらつきが大きい事が一因として考えられます。 また前提として人の認知機能は類推する事は可能でも、 定量的に評価する事が難しいという精神機能上の特性もこれに関与していると考えられます。
しかし報告に肯定的なものと否定的なものが混在していれども、 少なくとも加齢性性腺機能低下症候群に伴う認知症に関しては、 男性ホルモン補充療法の効果は肯定的な意見が多数を占めると思われます。
認知症はその原因分類において非常に広範な疾患であり、 アルツハイマーはその中の代表格と言えます。 これらの他には血管性の認知症や、 上記のような男性ホルモンの相対的欠乏によるものなど沢山のバリエーションが有ります。
そしてこれらを精査上、分類をつける検査もまたそれぞれ別な検査方法になっていく傾向は強く、 認知症と一言に申し上げても、これは今や総合的疾患病名になると思われ、 その治療なるものはその原因に応じたオーダーメイド的なものに遷移していくものと思われます。
つまり認知症の改善に効果が高いかも知れない治療方法は、 局所的な原因に対応したものである可能性が高く、 男性ホルモンによる認知症への改善効果は、 潜在する加齢性性腺機能低下症候群への治療効果によるものである可能性が高いとも思われます。
そこを踏まえますと、認知症の治療は今後、その詳細な原因精査に基づくオーダーメイド的なものに、 どんどん遷移していくとも思われ、 それに応じて認知症の治療は内科、脳神経外科、泌尿器科、神経内科、精神神経科など複数の科にまたがった、 横断的なものになっていく可能性が高いと思われます。


written by 新宿でシアリス効果のご相談なら、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠