ビタミンB1やビタミンB2は厳しい就労で減少しがちな栄養素です。



にんにく注射と激しい肉体労働


【筋肉痛と激しい肉体労働】
にんにく注射の中心成分であるビタミンB1は、 激しい肉体労働などで体内から減少しやすい栄養素であり、 また当新宿ライフクリニックのスーパーにんにく注射に内包されるビタミンB2もまた、 激しい肉体労働で減少しやすい栄養素です。
激しい肉体労働は体力や精神力を減らしてしまいます。 しかし、減るのは体力や精神力だけでなく、 実は体内にストックされた重要な栄養素も激しい肉体労働で消費されてしまうんですね。
激しい肉体労働の後はついつい、 脂っこいものとともに米・パンなどの糖質をたっぷりと摂りたくなってしまいますが、 激しい肉体労働によって消費してしまった重要な栄養素も補給しないと、 疲れが取れないばかりが、その傾向が継続すれば病気を発症してしまう場合もあります。
激しい肉体労働とは、著しく肉体を酷使した時間が長く続いた場合を表現してますので、 これは何らかのハードなスポーツの大会や、 歩く機会の多い旅行、大がかりな引っ越しなど労働以外のプライベートなシーンにおいても、 食事の際には消費したビタミンB1やB2などの栄養素を再補給した方が望ましいという事です。
これは、忙しいときはついついおろそかになってしまう キチンとしたお食事、 でも疲れなどを持ちこさないためにも、 本当の所は、こうした時ほどキチンとしたお食事が必要と言う事です。
「そうはいっても、時間がない…」そうですよね。時間が無いからこそ忙しい、 「激しい肉体労働」なのであり、 「激しい肉体労働」がかさんでいる時に時間を捻出して、 栄養価のあるしっかりとしたお食事をするのは難しいものかもしれません。
そんなときににんにく注射は、とても忙しいあなたのお役に立ちます。 本項ではこうした激しい肉体労働など、 著しく肉体を酷使した状況に減少しがちな にんにく注射の中心成分であるビタミンB1、 ならびに当院のスーパーにんにく注射に内包されるB2に関してそれぞれ記載しております。 是非とも、ご参照くださいませ。


【にんにく注射のビタミンB1とは】
にんにく注射の中心成分であるビタミンB1は補酵素と呼ばれるものであり、 滋養強壮に非常によく用いられる医療用成分です。
もともとこの栄養素は本来は炭水化物や甘いものなど、 人間の活動エネルギーの中心たる食物である糖質から有効にエネルギーを引き出すために必要なものです。
一方で人体には他のエネルギーの引き出し方もありますが、 こっちの方は、蓄積すると人間の体に有害な物質を副次的に蓄積してしまうわりに、 引き出せるエネルギーは少ないので、あくまで非常用のエネルギーシステムです。 しかしにんにく注射の中心成分である、ビタミンB1が補給されなかったり、 かつ激しく消費されてしまって、体内におけるストック分がなくなってしまったりすると、 この効率の悪い方のエネルギーシステムに人体は依存せざるを得なくなってしまうので、 その結果、継続するだるさや集中力の低下、不眠などの症状を引き起こしてしまう事が有ります。
これだけならまだしも、にんにく注射の中心成分であるこの栄養素の欠乏が行き過ぎると、 病気になってしまったり、さらに行き過ぎれば死んでしまう事も有り得ます。
つまりにんにく注射の中心成分であるビタミンB1は人体にとって非常に大切な栄養素と言う事が出来ます。 もちろんこうした栄養素は食事からとるのが望ましいです。 バランスの良い食事には非常に広範な意味があり、この場では書ききれませんが、 この重要な栄養素ですらその重要性の一部にすぎないです。
しかしビタミンB1が豊富に内包されている食材は、 小麦胚芽、玄米、豆類、ウナギなど、あまり一般性の無い食材が多いうえに、 熱を加えるとこの栄養素が失活してしまう傾向がある為、 この栄養素は何かと摂取が難しいところがあると言えます。 それは、お仕事が忙しければ尚更かも知れません。
そんな激務な毎日を支える事が出来るアイテムとして当院の「にんにく注射」はあります。 「百聞は一投与に如かず」。 当院のにんにく注射はビタミンB1などの栄養成分は十分量補充しながらも、 その値段に関してはだいぶ良心的になっております。 激しい肉体労働が続いている方、是非一度当院のにんにく注射をお試しくださいませ。


【スーパーにんにく注射のビタミンB2とは】
激しい肉体労働で減少するのは実はビタミンB1だけではありません。 実は同じく補酵素であるB2も激しい肉体労働で減少するとされています。
ちなみに当院のスーパーにんにく注射にはB1もB2も内包されているばかりか、 その上、B6、ビタミンCも内包されています。
上記にビタミンB1は糖質の代謝上で非常に重要な役割を果たしていると申し上げましたが、 スーパーにんにく注射に内包されるB2はどのような作用を果たしているのでしょうか?
実はビタミンB2はB1の糖質の代謝に対して、 主に脂肪の代謝を介してエネルギーを引き出すという、 B1に比肩しうる重要な役割を果たしています。
難しい表現をすると脂肪からエネルギーを引き出すのにβ酸化という代謝過程が必要なのですが、 これを進行させる重要な要素としてB2が必須であるという事です。
このB2もB1同様に激しい肉体労働など著しく肉体を酷使した場合に、 消費が亢進してしまう栄養素です。
B2も補給が長期に渡ってされなかったり、 激しい肉体労働が継続したりすると、 体内のストック分がなくなってしまう事が有り、 その結果、脂肪の代謝がうまくできなくなってしまう事で、 成長障害、結膜炎、鼻咽頭粘膜の充血・浮腫、舌炎、口唇・口角炎、落屑、 鼻唇溝・陰嚢の脂漏性皮膚炎、正球性正色素性貧血などの症状や疾病の発生につながる場合があります。
このB2はウナギ・ドジョウ・サバ・イワシ等の魚、 レバー、脱脂粉乳、チーズ、魚卵、鶏卵、一般的に動物性食材に内包量が多いとされていますが、 アルカリと光に不安定であるばかりか調理時に水中に失われやすいです。
忙しくてB1もB2も食事での摂取が難しいというあなた。 当新宿ライフクリニックのにんにく注射メニューの中で人気No1のスーパーニンニク注射は、 前述したB1またこのB2も内包するばかりか、 神経機能に重要なB6、 また抗酸化物質の代表格であるビタミンCも豊富に内包しており、 忙しいうえに疲れが取れないような状況にふさわしい栄養注射です。
是非とも新宿ライフクリニックのスーパーにんにく注射をお試しくださいませ。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠