肝機能不全においてはビタミンB1の補給は適宜行うべきとされています。



にんにく注射と肝不全による消耗


【にんにく注射と肝不全による消耗】
ビタミンB1はにんにく注射の有効成分であり、 肝不全のような消耗性疾患においては、その摂取は積極的にすべきと推奨されています。 肝不全のような慢性疾患は、代謝的な問題を中核に様々な要因で肉体の消耗を招きやすく、 そうした状況においてはにんにく注射の有効成分である同栄養素の需要量が増加いたします。
我々が罹患する疾患の中で慢性的に肉体の消耗を引き起こすものは多数です。 たとえば癌や慢性感染症、慢性アルコール中毒、また生活習慣に基づく疾患などがそれに該当します。 こうした慢性的に肉体の消耗を引き起こす疾患の中で、 その代表格ともいえるのが肝不全などの肝臓の機能障害を母体にした疾患です。
これらの慢性疾患は通常の状態に比較して、様々な要因をもって肉体の消耗を誘います。 肉体の消耗が増大すると、肉体の主要なエネルギー源である糖質の消費が増大し、 そうなると、糖質の代謝に重要なにんにく注射の有効成分である、 ビタミンB1などの肉体内の栄養素が相対的に低下し易くなります。
このにんにく注射の有効成分であるビタミンB1は人間は肉体内で合成できない、 すなわち体外からの摂取が前提となる必須栄養素の一つになり、 適切な補給が無ければ肉体に備蓄されている必要量をほとんど消費してしまう事もあり得ます。
糖質の代謝に必須の栄養成分が足りなくなるとどうなるのでしょうか?
これらの極端な不足は時にひどい肉体の障害を引き起こすこともあります。 行き過ぎれば、生命にかかわるような事態も想定されます。
このように我々が日常何気なく触れている栄養素の中には生命を存続させるために、 非常に重要な意味をもつものが有ります。
本項ではにんにく注射の有効成分であるビタミンB1と肝不全による消耗を中心に、 栄養素と健康、そして疾病の関連に関して記載いたします。 どうぞ、ご参照くださいませ。


【肝不全とは】
にんにく注射の有効成分であるビタミンB1の積極的な投与を必要とする消耗性疾患の肝不全とは、 どのような疾患なのでしょうか?
肝不全とは、肝臓が様々な疾患によってその構成細胞が障害される事で発生する言わば機能障害です。 肝臓は肉体における一番の生産工場であり分解工場です。 つまり肉体の代謝の首座をつかさどる非常に重要な臓器です。
この肝不全は急性と慢性に分類されます。 にんにく注射の有効成分であるビタミンB1の積極的な投与が主題の一つとなるのは、 どちらかと言えば慢性肝不全の方です。
この肝不全は、発症原因としては、この臓器を障害するウィルスや薬物、アルコール、癌などが代表的です。
この臓器は上述の通り、肉体の代謝システムの首座にあるものなので、 その障害である肝不全は結果として全身的に様々な症状を引き起こします。
まず全身のだるさや吐き気などの消化器症状、 肝性脳症と言われるアンモニアの代謝の低下などが影響して発生する意識障害、 血液中のビリルビンという物質の蓄積による黄疸と言われる症状、 血液中のたんぱく質濃度の低下による腹水の蓄積、 血液中の凝固因子の低下による出血傾向など、 このように肝不全は非常にバリエーションに富んだ症状を示します。
すなわち肝不全のフォローとは全身的な管理に他ならず、 この消耗によるにんにく注射の有効成分であるビタミンB1の適切な補給はその一環です。


【肝不全におけるビタミンB1摂取】
さて、上記に肝不全のような消耗性疾患ではにんにく注射の有効成分であるビタミンB1は、 適切な投与が必要であると述べましたが、 それではどのくらいこの栄養素を補給すべきなのでしょうか?
ビタミンB1をチアミンにて換算すると、摂取する食事のカロリーにおいて、 そのカロリー1000kcalあたり0.35mgのチアミンが必要です。 すなわち一日の摂取カロリーが2000kcalなら0.7mgのチアミンの摂取が必要です。
しかし消耗性疾患である肝不全などにおいては、その消耗を勘案し、 より多くの量を摂取する必要性があるとも言われています。
ちなみに肝不全などの消耗性疾患が無い通常の人でも18日間、 にんにく注射の有効成分であるこの栄養素を摂取せずに過ごすと、 欠乏症状として全身倦怠感や食欲の低下、体重減少、集中力の低下、頭痛、 不眠症等が見られるとされています。
また肉体における体内のビタミンB1の貯蔵量はチアミンに換算すると約30mgとされています。


【にんにく注射によるビタミンB1の摂取】
それでは「ビタミンB1をとって下さい!」と言われても、 何を食べればいいのか?と言った疑問があると思います。
この栄養素を豊富に含んでいる食材は小麦の胚芽、玄米、ナッツ類、豚肉、レバー、 ウナギと言われています。この中では比較的豚肉やナッツは手に入り易い食材です。
しかしこれらの調理上で注意すべきなのは、この栄養素は調理の際の過熱で失われてしまう事です。 上記の食材の殆どは過熱しなければ食べられないものばかりですので、 これらの食材が内包するビタミンB1が余すところなく体に吸収されるわけでは無いと言うことになります。
そこでにんにく注射です。にんにく注射はビタミンB1を主な有効成分とする栄養注射であり、 上記の食材における過熱による消失などは全くありません。 ほぼ表示通りのビタミンB1が肉体内に投与されると言えます。
忙しくて食事を自分で調整できない方、また肝臓の慢性疾患にてお悩みの方、 新宿ライフクリニックのにんにく注射は内科専門医がプロデュースする、栄養注射の決定版です。 新宿でも指折りの良心的価格にて、どうぞご気軽にいらっしゃってくださいませ。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠