関節痛がビタミンB1の欠乏などを原因として発生する事が有ります。



ニンニク注射と関節の痛みの改善


【ニンニク注射と関節の痛みの改善】
ニンニク注射 はビタミンB1の不足もしくは同物質の代謝障害を原因とした関節の痛みに対しての改善効果、 ならびに適応が有ります。
ニンニク注射とはビタミンB1の補給を主目的とした保険外医療の通称であり、 このニンニク注射はおもに滋養強壮を目的としたものです。
滋養強壮とは聞きなれていながら、その意味にいわゆる一般性が希薄なキーワードですが、 この意味としては要は体を元気にする事を示していると言う事が出来るかと存じます。
労働量の増加などによって体への負担が増えると、 ニンニク注射の主成分であるビタミンB1の需要量は増加し、 その状態でビタミンB1の補給がされないと、 全身の倦怠感や不眠、集中力の低下を引き起こす場合があり、 しかもこうしたケースの全身倦怠感は寝たり体を休めても改善しない場合が多いです。
「しっかり日曜日休んだのに、月曜日の朝からだるい…」など、 栄養摂取に熱心でない方で、休んでも取れない全身倦怠感などは、 こうした栄養障害性のものの可能性が有ります。
こうした状態にある方に ニンニク注射を投与すると、 不足していたビタミンB1が補充されて、すっきり元気になります! ここがまさにハードワーカーを中心ににんにく注射のヘビーユーザーが多いポイントです。
税理士、外資系金融、職業的スポーツ選手など肉体に負担の多い職種に、 ニンニク注射が人気である主な理由がこうしたところだと思われますが、 実はニンニク注射にはその他にも重要な役割が有るのです。
それがビタミンB1の不足もしくは代謝障害を原因とした関節の痛みや神経痛、筋肉痛などに対する改善効果です。
日常的に出現する関節の痛みなどは、生活をするうえで、蓄積し続ける慢性的なストレスの原因です。 ひいてはこうしたストレスの蓄積が仕事のクオリティの低下にもつながる事が危惧されます。
「栄養に気を使ってないな~」と言う方で慢性的な関節の痛みを感じている方、 それはひょっとするとニンニク注射の主成分であるビタミンB1の不足が原因かもしれません。
本項ではビタミンB1の不足もしくは代謝障害が原因となる、 関節の痛みに対するニンニク注射の効果に関してなど記載しております。 是非ともご参照くださいませ。


【関節の痛みとは】
日常的に継続する膝や腰、肩などの痛みはとても辛いものです。 あるいはこの状態が日常化して慣れ切ってしまっている方もいらっしゃるかと思われますが、 こうした継続する疼痛は、実は日常のストレスの中でも大きなウェイトを占めるものです。
しかし実のところ関節は肘や膝など可動域の大きな、 視界に入り易いものがイメージの主体になりがちですが、 これは広い定義で言うと骨の連結全てを指し示す言葉なので、 可動しなくても、たとえば我々の頭を形成する頭蓋骨の継ぎ目などもその概念に内包されます。
詳細な医学名称では肘や膝などの動きのあるものを可動性の関節、 一方 頭骨などの動きの無いものを不動性の関節と言います。 この可動性のものは骨の間に関節腔と呼ばれる隙間があり、 ここは関節胞と呼ばれる組織で包まれています。 この組織はその内面が滑膜でおおわれていますので、 これは滑膜性の連結とも呼ばれています。
こうした組織や近傍の靭帯などにおける障害が、 我々の主観で感じられる関節の痛みの原因です。
関節の痛みには、炎症、退行性疾患(変形などによるもの)、 骨折や脱臼、捻挫などの外傷、腫瘍(滑膜にできるものや白血病を原因としたもの) など多くの原因がありますが、 その中に今回のテーマであるビタミンB1の不足や代謝障害などを原因とした栄養障害性のものが有ります。


【関節の痛みに対するニンニク注射の効果】
実はニンニク注射の主成分であるビタミンB1は人間にとってのメインのエネルギー源である、 糖質を利用する上で非常に重要な補酵素であり、 この物質の体内における極端な不足は生命の存続にかかわる重要な問題です。
過去、栄養状態の悪い時代の日本において、 ニンニク注射のメイン成分であるビタミンB1の不足は今よりもポピュラーな問題で、 いわゆる国民病とされていた時代もあります。
この補酵素の極端な不足は全身倦怠感などの症状以外にも、 神経痛、筋肉痛、末梢神経障害、心筋障害、胃腸機能障害など種々の身体障害を引き起こす事が有り、 関節の痛みはこうした症状の中の一つです。
栄養素の不足による関節の痛みの治療の主体は、あくまでその栄養素の補給です。 つまりビタミンB1の不足を原因とした関節の痛みにはニンニク注射は特効薬です。
関節痛があるけど、外傷の心当たりもなく、関節の変形もなく、 白血病を罹病しているでもなく、関節をレントゲン等の画像で調べるも原因が明確にならない。 このような状況で栄養補給をあまりされていない方、ニンニク注射をお試しになられては如何でしょうか?
ニンニク注射で関節の痛みが和らぐようであれば、ニンニク注射による滋養強壮効果も合わせて考えると、 忙しく疲れがちなオフィスワーカーにとっては様々な意味合いで非常に合目的な治療です。


【新宿でニンニク注射をどうぞ!】
新宿ライフクリニックのニンニク注射は、 内科専門医が中心となって行われている安心の保険外治療です。
また当院のニンニク注射にかかる費用は、この大きな新宿全体で見ても指折りの良心価格です。 安全性と経済性を両立させている新宿ライフクリニックのニンニク注射を、 是非一度トライして見て下さい!そして、その滋養強壮効果を是非実感してみて下さい!


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠