ニンニク注射の成分は消化管機能障害の改善にも作用すると報告されています。



にんにく注射による胃腸機能障害の改善


【にんにく注射と胃腸機能障害の改善】
にんにく注射 の主要構成成分はビタミンB1という必須栄養素の一つになるのですが、 この成分は実は、この成分の不足や代謝障害が原因となる胃腸機能障害の改善にも、 その適応が規定されております。
にんにく注射と言えば、滋養強壮、つまり端的に申し上げると、 「体を元気にする」目的で使用される事の多い保険外医療行為と言えます。 その所為か、肉体を酷使することの多いスポーツ選手や芸能人、 また外資系金融業者など、ある意味特定の職業層、 特にハードワークとされる業種の方に好んで用いられている傾向が有ります。
当院にも芸能人の方がお忍びでにんにく注射を打たれに来た事が多数あり、 やはりみなさんとてもお疲れの様子でした。 芸能界の労働状況は知るべくも有りませんが、当院ににんにく注射を投与に来られる方の中でも、 飛び切り疲れてらっしゃるという印象が心に残っております。
このように滋養強壮の側面がクローズアップされやすいにんにく注射ですが、 実はにんにく注射の主要構成成分であるビタミンB1は、なんと胃腸機能障害の改善にも、 適応が有ります。
これはビタミンB1自体が人間にとっての必須栄養素になるので、 その不足は実は様々な疾病や障害の原因になる事があるのです。 そうした障害の一つに胃腸機能障害があり、 にんにく注射の主要構成成分であるビタミンB1が補充される事で、 胃腸機能障害が改善する可能性があるという事です。
しかし、日常の生活上で「いや~。今日はビタミンB1たくさん摂ったよ~。」 と言う方はなかなかいらっしゃらないかと存じます。 つまりビタミンB1が食事の中にどれだけ内包しているか認識して食生活を形成している方は、 ほぼいないのではないかと存じます。
実はこの飽食日本において、外食比重、糖質摂取比重の極度に高い方の中には、 ビタミンB1の摂取量が相対的に足らない方が存在しており、 「寝ても寝ても疲れがとれない…」「何が原因か分からないけど集中力が上がらない…」 こうした不定愁訴の原因にこの栄養素の不足が関連している場合が有ります。
こうした状況の原因としては、ビタミンB1を内包している食材が比較的限定されている上に、 一般の方にとってビタミンB1が豊富な食材が主観的に解り難いという事が有るのかもしれません、 このような状況もあり、ビタミンB1の摂取量が相対的に下がってしまう状況が生まれるのだと思われます。
栄養に気を使われない日々が続いていて、継続的な胃腸障害に悩まされている方、 こうした方はひょっとすると、 にんにく注射の主要構成成分であるビタミンB1が不足しているのかも知れません。
本項では胃腸機能障害とその改善に関して、 また胃腸機能障害などの健康被害への予防を目的とした、 にんにく注射の主要構成成分のビタミンB1の推奨摂取量などに関して記載しております。 ご参照くださいませ。


【胃腸機能障害とその改善とは】
にんにく注射の主要構成成分のビタミンB1が、 胃腸機能障害の改善に関して適応が有る事を上述しましたが、 そもそも胃腸機能障害とはどのような状態なのでしょうか?
胃腸機能障害とはつまり胃と腸の機能障害、より分解して解釈すれば腸とは小腸と大腸の事です。 これらの機能に関してのごく一般的な共通認識としては、 これらは食物の消化・吸収に関連した臓器であり、 その機能もそうした事に関連したものであると言った感じだと思われます。
これをより詳細に述べると、 胃とは定義上、食道と小腸の間にある嚢状に拡張した消化管です。 この臓器の機能とは主に食物を胃液によって半液状にする事と、 次の臓器である小腸へ、それを流す速度の調節を行う事になります。
一方、小腸の機能とは胃液によって半液状になった食物をさらに様々な分泌物を使い、 最終段階までの消化を進めます。 そしてここでは水分、ビタミン類、塩類、単糖類、 脂肪酸、アミノ酸、グリセロールなどが血液中へと吸収されます。
最後に大腸の機能ですが、この臓器は小腸よりやって来た1~2リットル/日の食物残さ混じりの等張液から 水分を9割ほど、吸収して濃縮し、食物残さを糞便へと変化させて、これを一時的にストックします。
胃腸機能障害とは定義上は上記のそれぞれ、いずれかの機能が障害されている状態と言え、 胃腸機能障害の持つ意味が非常に広大であるとおわかりになるかと存じます。


【にんにく注射の主要構成成分であるビタミンB1の推奨摂取量】
それでは胃腸機能障害を引き起こさないようにするためには、 にんにく注射の主要構成成分であるビタミンB1をどのくらい摂取すれば良いのでしょうか?
「日本人の食事摂取基準」に従うとビタミンB1はチアミン塩酸塩に換算して、 摂取カロリー1000kcal(キロカロリー)に対して0.45mgの摂取が推奨量です。 厳密にはにんにく注射の主要構成成分であるビタミンB1は男女で推奨量が変わってくるのですが、 より詳細に申し上げると18から69歳の男性で一日1.3~1.4mg、 同じく18から69歳の女性で一日1.1mg程度が推奨量です。
ただし、アルコールの多飲、炭水化物(あるいは糖質)の過剰摂取、 妊娠中・授乳中、日常的な強い労作の継続、過剰な運動量などの状況の場合は、 この栄養素の必要量が増加しますので、上記の推奨量以上の摂取を必要とする場合が有ります。
ちなみに約半月程度、まったくビタミンB1を摂取しないでいると、 この栄養素の欠乏に関連した症状、 つまろ全身倦怠感や集中力の低下、また胃腸機能障害などが出現し始めると言われています。
それではにんにく注射の主要な構成成分であるビタミンB1を摂取するには、 どのような食材を食べれば宜しいのでしょうか?
一般的には小麦胚芽、豚肉、レバー、ウナギ、などが良いとされています。
しかし「必要量とか食材とかそんなの覚えてられない!」 こうしたニーズがあると思われます。というよりもこうしたニーズの方が主体なのではないかと存じます。 特に忙しい都市型の勤務スタイルの中で、栄養に気をつけながら、 日常の食事を構成して行くのはとても大変です。
そんな貴方には、当 新宿ライフクリニックのにんにく注射が有ります。 にんにく注射は、スピーディに、そして安価に、必要なビタミンB1をチャージする事ができる、 都市型生活者に特化した保険外治療です。滋養強壮の低下や栄養障害に悩まれている方、是非 一度新宿ライフクリニックのにんにく注射をお試しくださいませ。
当新宿ライフクリニックでは新宿髄一の良心価格で、内科専門医がにんにく注射を投与させて頂きます。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠