にんにく注射のメインの成分であるビタミンB1の不足は検査にてチェックする事が出来ます。



にんにく注射とビタミンB1欠乏の検査


【にんにく注射とビタミンB1欠乏の検査】
にんにく注射の主な成分は滋養強壮にうってつけな栄養素のビタミンB1になります。 この栄養素は体内における必要量が厳密に規定されており、 これが欠乏してくると様々な自覚症状や疾病の原因になる場合が有り、 食事やにんにく注射などによる定期的な補給が必要と言えます。
近年の日本は飽食と表現されており、 およそ餓死者のような食糧供給が間に合わず死んでしまうような人は非常に少ないと言えます。 それでは栄養失調はもう過去のものなのでしょうか?
答えは否です。飽食で能動的に24時間好きなものを食べられる状況だからこそ、 重要な栄養素を欠いてしまうという先進国ならではの落とし穴が有ります。
みなさんが思い浮かべる美味しいものって何でしょうか? できればその思い浮かべた美味しいものの数々で日々の食生活を満たしたいですよね? それをある程度可能にしてしまったのが、我々 現代日本人の都市生活です。
重ねて質問しますが、先ほど思い浮かべた「美味しいもの」にビタミンB1は含まれていますか? そもそも、美味しいものを食べるときに 「これにはビタミンB1は入っているかな?」と考える人は希少でしょう。
人が美味しいと感じるものは、 基本的にビタミンなどでは無く、糖質、脂質、アミノ酸が主体である場合が多いです。
特に糖質は人間のエネルギーシステム上、美味しさを感じやすく設定された成分と言えます。 それがゆえに外食産業やコンビニエンスストアの扱うものは糖質の比重が高いものが多いのです。
にんにく注射のメインの成分であるビタミンB1は、 実は糖質の代謝上で消費される重要な栄養素なのですが、これは人間の体内で合成が出来ません。 つまり食事やにんにく注射などで同栄養素を摂取せずに、 糖質をとり続けていると、どんどん体内の同栄養素のストックが欠乏していき、 最初は全身倦怠感などの自覚症状から始まり、 さらに欠乏が行きすぎれば、ウェルニッケ脳症や乳酸アシドーシスなどの恐ろしい状態を引き起こし得ます。
このように都心型の近代日本の食生活には落とし穴が有ります。 世界的に見ても、こんなにたくさんの外食産業を抱える国は日本くらいのものです。 外食は確かに美味しいです。逆に言えば美味しくない外食産業は淘汰されてしまいます。
それでは「それらは毎日食べ続けても安全なものなのでしょうか?」 もしくは「長期的な栄養を考えて作られたものなのでしょうか?」 自分がメニューから選択しているものは「数年間食べ続けても平気なものでしょうか?」
「食の安全」という言葉は非常に深い意味を持っています。 それは食糧の生産者、並びに加工者の責任、 また食事内容を自己選択する消費者の自分の体への自己責任が含まれていると思われます。
言いかえれば、毎日ハンバーガーとポテトとコーラで三食を補っている人が、 数カ月後に何らかの必須栄養素の不足で疾患を引き起こしたとしたら、 それは選択者の自分の体に対する責任の不徹底とも言えます。


【ビタミンB1欠乏の検査】
それでは、そんな重要なにんにく注射のメイン成分であるビタミンB1。 この栄養素の欠乏はいったいどのように調べるのでしょうか?
ビタミンB1の欠乏を生化学的に判定する方法には主に3種類あります。 一つは赤血球トランスケトラーゼの活性を見る方法、 その他にはTDP添加による活性の増加率を見る方法、 また、全血中の総ビタミンB1濃度の低下を見る方法などが有ります。
また我々、日本人が発見した方法として沢田反応というものも有り、 これは果糖を負荷する事でピルビン酸の体内での蓄積が増えてくれば 総体的にビタミンB1の欠乏の有無を判定できるという方法です。
一方、ビタミンB1を食事やにんにく注射できちんと摂取していて、欠乏はしていないのに、 それが体内で利用されていない方がいます。 こうした利用障害を精査する方法としては、 ビタミンB1を注射によって体内に負荷して、 その後の全血総ビタミンB1濃度の速やかな低下と尿中ビタミンB1排泄量を時系列的に、 確認する事でビタミンB1の利用障害を判定する事が出来ます。
つまりビタミンB1の利用障害がある人は、 ビタミンB1を食事やにんにく注射によって摂取しても、 それが殆ど利用されずにすぐにおしっこにリリースされてしまうという事です。


【にんにく注射によるビタミンB1欠乏の予防】
にんにく注射のメインの成分であるビタミンB1は、 食材では小麦の胚芽、玄米、ナッツ類、豆類、豚肉、レバー、うなぎ、卵類に多く含まれています。
つまり前出の牛肉のハンバーガー、フライドポテト、コーラのセットには、 糖質の代謝に必須のビタミンB1は殆ど含まれておりません。
その割に糖質はコーラ、ポテト、ハンバーガーのバンズにたっぷり含まれているので、 これはビタミンB1が日々目減りするメニューとも言えます。
しかも前出のビタミンB1の豊富な食材を取っていたとしても、 ビタミンB1は熱に不安定な物質なので調理の際の加熱によって失われてしまうという傾向があります。 ちなみに前述の食材において加熱しないで食べれるものは殆ど有りません。
ローストしていない生のナッツを食べる事など早々あるものではありませんよね?
つまりビタミンB1は摂取が比較的難しく、欠乏しやすい栄養素と言えます。
そこでにんにく注射です。新宿ライフクリニックのにんにく注射は豊富なビタミンB1を内包しており、 その投与には5分もかかりません。 上記の食材と違って、加熱などの調理による栄養素自体の消失の心配も有りません。
都会の食生活に慢性的に曝されている方には、 にんにく注射は非常に有効なビタミンB1摂取方法と言えます。
休んでも、休んでも取れない疲れ、連日続く外食・コンビニ食、 このような状況に合致する方は新宿ライフクリニックのにんにく注射を是非お試しくださいませ!  良心価格で素早くにんにく注射によるビタミンB1チャージさせて頂きます。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠