余分なビタミンB1はおしっこに出て行きます。。



にんにく注射と過剰摂取について


【にんにく注射と過剰摂取】
にんにく注射を摂取するにあたって、 「たくさん摂取をする事で何か弊害があるかな?」 という心配をされる方がいらっしゃると思われます。 しかしご心配いりません。にんにく注射の主原料であり、 滋養強壮に重要な栄養素であるビタミンB1は水溶性ビタミンゆえに、 体に不必要な分は体の方でおしっこに逃がしてくれます。
にんにく注射は滋養強壮で有名になりました保険外医療による代表的な栄養摂取方法です。 非常に忙しい時や精神・身体のストレスが強い時、 人はビタミンB1の要求量が通常の生活時よりも大きくなります。 しかしビタミンB1はもともとが分解されやすく、その上 消化管吸収がされにくいとされる栄養素です。 調理による損失分や消化管からの吸収ロスを考えると、 にんにく注射のように経静脈による摂取は非常に合目的と言えます。
しかしにんにく注射のように経静脈で摂取するものに、 付きまとう本質的な問題が有ります。 それは安全性です。にんにく注射を摂取するにあたって、 みなさんが、その安全性をご心配なさる気持ちは非常に理解できます。 中でもこうした成分の過剰摂取に伴う不安は、 安全性を考えるにあたって、その中心に有るものと思われます。
詳しくは後述しますが、ビタミンA等の過剰摂取による ビタミン過剰症(hypervitaminosis)という病名も有るくらいですので、 こうした心配は至極当然と思われます。
しかしご安心ください。新宿ライフクリニックのにんにく注射に使用されるビタミン群は、 すべて水溶性ビタミンを選択しておりますので、 にんにく注射に含まれるビタミンB1、 スーパーにんにく注射に含まれるビタミンB1、C、B2、B6、 またプレミアにんにく注射に含まれるビタミンB12、C、B2、B6、 このいずれもが注射摂取によるビタミン過剰症を引き起こす事は、 健常の方においては、およそ無いと言う事が出来ます。
本稿においてはにんにく注射の過剰摂取面から見た安全性、 またビタミン過剰症に関しての詳しい説明、 また新宿ライフクリニックのにんにく注射の安全性に関して説明させて頂きます。 是非ともご参照くださいませ。


【ビタミンの過剰摂取とそれによる弊害】
上記のとおり、新宿ライフクリニックのにんにく注射は高度な安全性を念頭にした配慮によって、 ビタミンの過剰摂取の可能性をなくし、 安心して摂取する事ができる製剤となっております。
しかしみなさんの中には 「それでは、どのようなビタミンがビタミン過剰症を引き起こすの?」 という疑問を持たれる方もいらっしゃると思われます。 そこで本稿ではビタミン過剰症とこれを引き起こす各種ビタミンに関しての説明をさせて頂きます。
新宿ライフクリニックのにんにく注射には、 これらビタミン過剰症を引き起こす成分は含有されておりませんが、 いわゆる脂溶性ビタミンという系統のビタミンに、過剰症を引き起こすものが有ります。
上記した通り当院のにんにく注射は水溶性ビタミンを中心に調整・調合されているものになり、 これらは過剰に摂取しても余剰の部分が速やかに尿中に排泄される為に、 毒性が非常に低いとされています。
しかし、その一方で脂溶性ビタミンと呼ばれる栄養素は体内、 特に肝臓に蓄積されてしまうために、 その過剰摂取や過剰投与によりビタミン過剰症と呼ばれる状態が引き起こされる可能性が有ります。
こうしたビタミン過剰症のバリエーションとしては、ビタミンA、D、Kの過剰症がそれぞれ有ります。
まずビタミンAの過剰症は比較的小児の方に発症しやすく、 結果として脳圧更新症状を示す急性の過剰症と食欲不振、 めまいなどの偽性脳腫瘍症状、 手足の有痛性腫脹をともなう骨症、 また脱毛症などの慢性的な過剰症に伴う症状が有るとされています。
次にビタミンDの過剰症ですが、これは高カルシウム血症、また高リン血症を引きおこし、 特に前者は多尿、食欲不振、嘔吐などを引き起こし、 重症の過剰症では腎機能の低下や異所性石灰化などを引き起こします。
最後にKの過剰症ですが、小児の場合は核黄疸を来し、 それによって要血性貧血、高ビリルビン血症を引き起こす事が有ります。
このようにビタミンとは言え、盲目的な過剰摂取は恐ろしい事態を招きかねません。 やはり当院のように高度な安全性が検討されている施設でにんにく注射はすべきと思われます。


【安心・安全な新宿ライフクリニックのにんにく注射】
新宿ライフクリニックのにんにく注射は過剰摂取等を引き起こさないよう、 その内容また成分面からも十分な安全性への検討がされていますが、 こうした成分や内容以外にも多岐にわたる安全性への配慮が重ねて検討されております。
その内の一つをご紹介させて頂きますと、 当、新宿ライフクリニックのにんにく注射を調合し、正しい適応を判断し、にんにく注射を投与し、 止血作業を一貫して行うのは、日本内科学会認定の内科専門医になります。
内科専門医とは十分な臨床経験、内科医としての学識、 医師になってからの年数など各種条件がそろわないと取得する事が出来ない、 いわば内科のプロフェッショナルの資格になります。 上記のような細部に亘る各条件の他に、 難しい専門医試験を経てその資格を問われる内科専門医は、 その維持にも定期的な学会への参加、5年に一回ペーパーテストなど各種要件が有ります。
この内科のスペシャリストが準備・調合から止血まで一貫して担当する事で、 新宿ライフクリニックのにんにく注射はさらにその安全性が引き上げられております。
当院のにんにく注射の摂取にご興味のある方は、 新宿ライフクリニックのホームページ料金表から今月の にんにく注射対応曜日をご確認の上、ぜひご相談にいらっしゃって下さいませ。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠