ビタミンB1の定期的補充は脳の疾患の予防になる事が有ります。



にんにく注射とウェルニッケ脳症


【ウェルニッケ脳症とにんにく注射】
にんにく注射で補給される必須栄養素、ビタミンB1の極端な不足は、 さまざまな疾病を引き起こしますが、 健忘症・失見当・記銘障害を主徴とするウェルニッケ脳症その内の一つであり、 本疾患はビタミン欠乏に伴う代表的な精神症状です。 にんにく注射の定期的摂取はこうした状態を予防できます。
暑い夏を乗り切る為、夏バテの改善や予防に頻用されるにんにく注射は、 皆さんのイメージでは滋養強壮を主目的とした医療注射だと思われますが、 実は様々な疾病の予防にも役立ちます。
みなさんが日常の食事で摂取しているビタミンの内のいくつかは体内で合成できず、 どうしても外部から、つまり体外から食事や錠剤、 またはにんにく注射のように注射で導入する必要が有ります。 こうした外部からの摂取が必須の栄養素は、そのまま必須栄養素と呼ばれています。
しかし、一体どれだけの人がビタミンB1やCの摂取量を考えながら、 日常の食事を決めているでしょうか?
家族の健康を預かるお母さんが家にいる場合は、 こうした重要な栄養素に関して考えながら、 献立を作ってくれていると思います。 しかし男性の一人暮らしなどはいかがでしょうか? 毎日、カップラーメンにビールとか、 糖質と脂質が過剰に入っているファーストフードとか、 とにかく安く、早く、美味しいものに食生活が偏ってしまって、 いつの間にか局所的な栄養失調を起されているのではないでしょうか?
カップめんにはまずビタミンB1は入っていません。 仮に入っていたとしても極少量と思われます。 つまりカップめんだけを延々と食べ続ければ、 いずれは相対的にしても必須栄養素の欠乏状態になり得ます。
「休んでも休んでも取れない疲れ…」、 これはひょっとすると必須栄養素の慢性的欠乏から来ている症状の可能性も有るかもしれません。
それだけで済めば、まだ良いかもしれません。 更に栄養素欠乏が行きすぎた場合、今度は疾病が発生します。 すなわち栄養素は疾病予防上も摂取する必要が有ります。
ウェルニッケ脳症はそんなビタミンB1欠乏によって発生する健忘症を主体とした脳の疾患です。 正常な認知機能をもって普通に働いていた人が、 出血性脳炎を原因とした脳機能の低下を来たす…。 とても恐ろしい病気ですね? 本項ではこのウェルニッケ脳症とにんにく注射に関して、 その病態や治療など、またにんにく注射を活用した発症予防などに関して記載しております。 ご参考にどうぞ。


【ウェルニッケ脳症とは】
ウェルニッケ脳症は上部出血性仮性脳炎とも言われる疾患で、 ビタミン欠乏に伴う精神症状を来たす脳の疾患です。 にんにく注射などのビタミンB1の定期的摂取により、予防する事も可能です。
このウェルニッケ脳症はにんにく注射の主成分であるビタミンB1の相対的欠乏によって、 脳の視床下部や小脳に不完全壊死と小血管の増生を来たす事で、 眼筋麻痺つまり眼を動かす筋肉の麻痺。 また記銘障害つまり新しい事を覚える能力の障害。 空間と時間に対する失見当つまり時間や場所に対して正しく把握する能力の障害など たくさんの症状を引き起こす可能性が有ります。
この眼筋の障害と精神症状を合わせた状態はウェルニッケ-コルサコフ症候群と言います。
ウェルニッケ脳症を発症する典型的な状況としては、 アルコールの慢性的な過剰摂取つまりアルコール中毒の状況における栄養摂取不足が有ります。 そうした関連もありウェルニッケ脳症はアルコール性脳症としても認識されています。
また上記のとおりウェルニッケ脳症はビタミン欠乏に伴う精神症状として認識されていますが、 ビタミン欠乏に伴う精神症状には、 ビタミンB1の他にもニコチン酸(タバコのニコチンでは無く、ビタミンB複合体の事です。) の欠乏による脳症が認識されております。同疾患も必須栄養素の定期的摂取で予防する事が可能です。


【ウェルニッケ脳症の治療】
ウェルニッケ脳症の治療に関しては、ウェルニッケ脳症の原因は正にビタミンB1の不足から来ているので、 同栄養素の補給がその主体です。
しかしこのビタミンB1は吸収効率が悪く、 経口摂取つまりこれらの錠剤による治療では、 治療上必要とされる同栄養素の吸収が難しい事もあり、 初期治療は静脈からの点滴・注射もしくは筋肉注射が選択されます。
このビタミンB1の静脈からの注射は正に「にんにく注射」と成分的に同じものです。
つまりウェルニッケ脳症の治療には、 にんにく注射と同じ成分のものをかなり大量に投与する事になると言うことです。
ちなみにウェルニッケ脳症はその推定死亡率は17%ほどと報告されており、 発症が確認されてた状況においては緊急入院・緊急治療の適応です。


【ウェルニッケ脳症を予防する為に】
ウェルニッケ脳症を予防する為には、 もちろん、普段からの食事の栄養バランスに気をつける事、 また節酒や禁酒、休肝日の設定が前提として大切です。
しかし、この忙しい都心部の現代社会においては、 食事の時間がまず最初にその繁忙の犠牲になりやすいと言って良いと思われます。
疾病や栄養障害を予防するために、 仕事で忙しい合間に品揃えの良いスーパーに行き、 栄養バランスのとれた食事を作り、それを適切なタイミングで食べる。 これは食生活上、非常に望ましいと言えますが、 これを仕事の忙しい独身の男性がこなすには少し無理があるように思われます。
特に上述しましたがビタミンB1は必須栄養素の中でも吸収効率の悪い傾向がある事もあり、 現代の都会生活においては相対的に不足しがちな栄養素とも思われます。
そこで新宿ライフクリニックのにんにく注射による栄養障害・疾病の予防です。 当院は毎日、休日・週末を問わず、昼休みもとらず、 朝の10時から夜の20時まで診療しており、 にんにく注射に関しては、問診から投与終了そしてお会計まで10分とかかりません。 (混み合っている時は少し超過する事も有ります。)
連日の飲み会、基本的なハードワーク、 一人暮らしで毎日コンビニorファーストフード、 こんなライフスタイルに心当たりの有る方で、 休んでもとれない疲れにお悩みのようならば、 是非、新宿ライフクリニックのにんにく注射をお試し下さいませ。 疾病や栄養障害の予防になるばかりか、にんにく注射は体の芯からの疲れを癒す可能性も有ります。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠