ビタミンB1は注射の方が体への吸収が断然高いです。



にんにく注射と吸収率について


【にんにく注射と吸収率】
にんにく注射とは滋養強壮に重要なビタミンB1を中心としたお注射になりますが、 注射による投与は、即効性以外にもその吸収率の高さというメリットが、 サプリメントや食事による摂取に比べて明確にあるとされています。
にんにく注射は非常に有名な保険外治療で、滋養強壮を目的とした栄養補給法として、 皆さまに愛されております。
しかし、にんにく注射の効果やメリットに関しては概念的な説明が多く、 詳細な説明が少ない傾向が有ると思われます。 もちろん、その上でこれだけにんにく注射が一般的であり、 皆さまに愛されているのは、にんにく注射の説明を凌駕する、 実際に体感できる滋養強壮効果によるものと思われます。
しかしレストランなどと同様、 そのメニューの具体的な説明が有るとさらに満足感がより深まる状況もあると思われ、 今回はにんにく注射の優れた吸収率に着目して記載させて頂いております。
人が何か栄養分を摂取するに当たっては、その摂取した栄養分が全てあまさず100%、 身体に吸収される事は理論的には有り得ず、 やはりその栄養分を体に入れる過程での言わば損失分がある事は否めない事実です。
本項で表現しております吸収率とはまさに、その損失分を除いて、 体に吸収される栄養素に関して語っているものであり、 当然この吸収率は同じ分量のビタミンB1だったとしても、 にんにく注射などの投与方法によって変動してくるのは致し方ない事と思われます。
それはごくごく一般的な例で言うと、カレーをティースプーンで食べるのと、 大きなおさじで食べるのでは、その摂取スピードが全然変わってきます。 ことほど左様に、何かの摂取にはその方法による、成果つまり吸収率の違いが当然存在します。 それはにんにく注射の主成分であるビタミンB1などの必須栄養分に関しても同様であり、 特にこうした有効成分は様々な摂取方法が存在しているので、 その方法を比較する事はその摂取を勘案するに当たり、非常に有意義と言えます。


【ビタミン摂取のいくつかの方法】
にんにく注射のような必須栄養素の摂取方法には、その他にいくつかの方法が有ります。 まず食事や飲料による吸収方法です。食材などの中にあるビタミンを、 調理加工された食物や飲み物を介して摂取する方法です。 ちなみにブタや人間はβ化と言って、 加熱された食べ物の方が吸収率が高い消化吸収機構を持っており、 これが後述致しますが、実はビタミン摂取上の一つの弊害とも言えます。
次にサプリメント、つまり錠剤やカプセルなどでビタミンなどの必須栄養分を摂取する方法です。 これは食事や飲料と同様に、口から投与して消化管から吸収するというやり方になるので、 上述した食事や飲料との違いはその製法につきます。
最後ににんにく注射などの注射による経静脈的投与方法です。 にんにく注射などの注射投与はその製剤からの調理や加工を必要とせず、 また消化管の影響などによる吸収率の低下を介する事無く、 そのまま血液内に必須栄養分をストックする事が出来ます。


【摂取方法による吸収率の違い】
それではにんにく注射などのビタミン摂取の、 方法による人体への吸収率の違いはどのように変わるものでしょうか?
まず食事や飲料によってビタミンを摂取する場合です。 これにはその調理、消化管からの吸収率、また摂取機会の問題が有ると思われます。
まずビタミンはおおよそ熱によって変性されやすい傾向が有ります。 上記に人間や豚は加熱した食事つまりβ化されたものを消化吸収しやすいと説明しましたが、 その調理などにおける加熱の過程でビタミンが変性してしまう事がよく有ります。
またサラダのような過熱を前提としない食事の場合は、 その切断+洗浄の過程でビタミンの流出があるとされています。
それでは、100%フルーツジュースならどうでしょうか? これは目の前でフルーツを絞ったものなどはビタミン摂取においては良い方法と思われますが、 缶入り、瓶入りのものは殺菌など様々な理由で加熱されている場合が有り、 その過程でビタミンが変性している可能性が有ります。
またこれら食事、飲料によるビタミンの摂取には、第二の問題点として消化管吸収上の問題が有ります。 お口に入れた食材や飲料中の栄養素はその全てが余さず、消化管から血液中に吸収される訳では無く、 消化管で吸収され切らなかった分、つまり損失分がやはり存在します。
とくに消化管に炎症や疲弊などの問題が有ればなおさら、 その消化吸収機能は低下し、 結果として血液中に取り込まれるビタミン量は減少します。
そして食事などの経口摂取には、最後に摂取機会の問題が有ると思われます。 理想的かつ代表的な食事によるビタミン補給には新鮮なフルーツなどの摂取が有りますが、 例えばお仕事の忙しい独身男性が定期的にフルーツを購入し、 自宅で皮をむき、摂食する事が容易いか? 答えは否です。
適切かつ深夜も営業しているスーパーなどが帰宅路にあるならいざ知らず、 都会におけるビジネスシーンの過酷さは、 まず食事の準備・摂取にかける時間をしぼりとってしまいますので、 大多数のハードワーカーは新鮮なフルーツや野菜の摂取機会が少ないと考えられます。
次にサプリメントの場合です。 これは食事のように調理における損失分や摂取機会の希薄さによる、 吸収率の低下は少ないと思われます。
しかし食事や飲料同様に、サプリメントであっても消化管からの吸収する限りは、 消化管からの吸収ロスは食事同様に存在すると思われます。 上述もしましたが、激しい労働で体が疲弊している時は当然消化管も疲弊しております。 消化管の疲弊とはすなわち消化管からの消化吸収機能が低下するという問題でも有ります。
また吸収率においては消化管からの吸収の後に血液内に栄養素が運ばれるので、 当然サプリメントの内服からビタミンの血液中へのストックにはタイムラグが存在します。
最後ににんにく注射ですが、当新宿ライフクリニックを参考にすれば、 その投与には2分もかからないばかりか、 当院自体が朝は10時から夜は20時までと昼休みなく広いスパンでの営業時間を展開しているので、 お好きな時間にお好きなタイミングで滋養強壮に重要な必須栄養素、 ビタミンB1をにんにく注射で投与する事が可能です。
もちろん、にんにく注射などの注射製剤は、調理や加熱に伴う損失分も無く、 また消化管からの吸収にともなう損失分も無く、 表示通りの必須栄養素が血液中にローディングされます。
お忙しく、かつ過酷な都会のビジネスシーンには、 にんにく注射は時間を選ばず、吸収率が良く、 摂取スピードが速い、優れた必須栄養分の摂取方法と言う事ができると思われます。 新宿ライフクリニックでにんにく注射をどうぞ。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠