ビタミンB1の多い食事内容に関して記載しております。



にんにく注射とビタミンB1の豊富な食事


【にんにく注射とビタミンB1の豊富な食事 】
にんにく注射に含まれるビタミンB1は、実は食事でも摂取する事が出来ます。 この栄養素は小麦の胚芽、ナッツ、豚肉、ウナギ等に豊富とされています。 しかし、これらの食材の加熱や調理・加工する過程で殆どのビタミンB1は失われてしまうので、 食材として表示されたビタミンB1の全てが体に吸収される訳ではありません。
にんにく注射に含まれるビタミンB1は滋養強壮において一般性のある補酵素です。 この栄養素は実は甘いものや炭水化物などの糖質類の代謝に必要不可欠な必須栄養素で、 かつ人体内では合成が出来ないので、人間は外部からこれを定期的に摂取する必要が有ります。
これを摂取しないと、人体内では通常の糖質の代謝がうまく出来ない為に、 乳酸などの大量に人体内に存在すると不都合な物質が蓄積してしまったりと、 様々な弊害を招き、その結果さまざまな疾病の発生に至るとされています。
なんと明治時代の頃の日本では、このビタミンB1欠乏による疾病が国民病とされていました時期も有ります。
にんにく注射に含まれるビタミンB1が不足しがちな典型的状態は、 糖質の過剰な摂取が有るのに、この栄養素をあまり摂取していない状況です。
例えば、あるハンバーガー屋さんのセットメニューを参考にいたしますと。 ハンバーガーはパン、すなわち糖質です。フライドポテトのイモも、ほぼ糖質です。 そして大量のソーダ水、これも大量の糖分を内包しています。 しかしこのセットメニューにおいてはビタミンB1は非常に希薄です。 つまりこれはこの栄養素が希薄で糖質が殆どという典型的な食事の一つになります。
こうした高糖質、低ビタミンB1の食事を継続的に食べ続けると、 糖質の代謝の為に人体内にストックされたこの栄養素を浪費し続け、 かつ補充がされない状況が続いていきます。
それではこれを三食食べ続けたらどうでしょうか? これらのお店では24時間営業もざらなので、自己選択でそれは十分に可能です。
するとこの食事スタイルを続ければ続けるほど、人体内のビタミンB1はどんどん減っていって、 早々にこの栄養素の欠乏による症状が出現してきます。 こうした症状には主に、全身倦怠感(だるさ)、集中力の欠如、頭痛、不眠などが代表的です。
もしあなたが、三食もしくは殆どの食事をハンバーガー屋さんで補っているとしたら、 あなたが感じている最近の「集中力の低下」などの症状は栄養障害からきているの可能性が危惧されます。


【ビタミンB1の豊富な食事】
にんにく注射にはビタミンB1が豊富に含まれていますが、 この栄養素はにんにく注射で無くとも、食事から摂取する事がもちろん可能です。
どのような食材にビタミンB1が豊富なのかというと、 まず穀物類では小麦の胚芽、また玄米に豊富とされています。 お米は精米して白米になるとビタミンB1内包量がだいぶ低下してしまうとされています。 次に、豆類やナッツ類にも豊富な傾向が有ります。
一方食肉では動物のレバーや豚肉、魚類ではウナギ、また卵類にもビタミンB1が豊富とされています。
一方、二枚貝、おなじ川魚でもコイ・フナ等、わらびなどの山菜類には、 この栄養素を分解してしまう酵素である所のチアミナーゼという酵素が含有されており、 これらの食材を非加熱で大量に摂取するとビタミンB1欠乏を来たすとされています。
まあ、コイ・フナにしろわらびなど、非加熱で食べるケースはほぼないと思われますが。 また二枚貝も刺身というより。お吸い物で食べるケースの方が多いと思われますので、 これらを生で大量にというのは非常に特異的なケースと言えます。


【ビタミンB1の必要量】
それではにんにく注射に含まれるビタミンB1は人間にどれだけ必要なのでしょうか?
まず人体内での貯蔵量ですが、これは30㎎程が貯蔵されているとされています。 仮に、30㎎貯蔵されている状態から、 一切この栄養素の含有されている食事を取らなかったらとしたら、 人間は約18日で上述した全身倦怠感などの欠乏症状が出現する可能性が有ります。
とくに労働量が多かったり妊娠していたりするとビタミンB1の必要量(消費量)が上がるので、 より短い時間で欠乏症状が出現する可能性が有ります。
食事摂取基準において推奨されているこの栄養素の一日摂取量は、 成人男性で1.3~1.4㎎/日、成人女性で1.1mg/日になります。 この栄養素は女性よりも男性の方が需要が高いとされています。 これは身体活動度の差を反映しての事と思われます。


【食事によるビタミンB1摂取の問題点とにんにく注射】
しかしにんにく注射の含まれるビタミンB1は食事での摂取も若干難しい傾向にある栄養素です。
と申しますのも、上記に小麦の胚芽、玄米、豚肉、うなぎ、 豆類にビタミンB1が豊富に含有されると記載しましたが、 本栄養素は食品の加工・加熱で失われやすい不安定な物質です。
しかしこれらの食材を加熱せずに食べる人はほぼ居ません。 これらは加熱や加工が前提の食材ばかりです。 すなわち食品の栄養表示分の本栄養素のすべてが体に吸収されるわけでは有りません。
また忙しい毎日の中で上記のビタミンB1の豊富な食材を毎日そろえるのは大変です。 とくに自炊をしない若年男子なら猶更と思われます。
そこで当新宿ライフクリニックのにんにく注射です。にんにく注射は食材と違い、 準備段階での損失分がない為、100mgなら100㎎とほぼ表示通りのビタミンB1を体内に入れる事が出来ます。 またにんにく注射の場合、消化管における吸収ロスも有りません。
ちなみに上記のビタミンB1の豊富な食材をスーパーで買い求め、自宅で調理する手間や時間はどうでしょうか? これは一人暮らしのハードワーカーが毎日出来る労務量・時間でしょうか? にんにく注射の場合は、新宿ライフクリニックに来院し、投与し、 お会計を済まして帰るまでに10分もかかりません。
また上記のビタミンB1の豊富な食材の中にはウナギなど安くない食材も含まれております。 これらを全部そろえる場合、それは経済的とはとても言えません。 そこで当院のにんにく注射は他院のものに比較してかなりの良心価格です。 元々ED/AGAでご来院される患者様へのサービスとして始まったコンテンツの為、 価格もサービス価格のままになっております。
一人暮らしでとてもビタミンB1の豊富な食材からの同栄養素の摂取まで手が回らないあなた、 是非当院のにんにく注射をお試し下さい。 体の内側から疲れが抜けていきますよ!


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠