ビタミンB1が不足すると高拍出性心不全が発症する事が有ります。



にんにく注射と脚気心


【にんにく注射と脚気心】
滋養強壮で有名なにんにく注射 によって補給する事が出来るビタミンB1が、 著しく欠乏する事で、高心拍出性心不全である脚気心が引き起こされる事が有り、 中でも劇症型の衝心脚気では心原生ショックで死亡するケースも有ります。
脚気心は過去の病気と思ってませんか? 確かに脚気心は食糧事情の悪いアフリカ、 東南アジアなどで発生する事の多い疾患ではあります。 しかし、過去においては食糧事情の悪かった時期の日本でも多発している状況が有りました。
一方、現代の日本は如何でしょうか? 本邦は高度先進国家として、むしろ飽食状態と言えます。 しかし脚気心は未だにこの日本で発症が見られています。
なぜに飽食の先進国なのに、ビタミンB1欠乏で発生する脚気心が発症するのでしょうか? その答えは、先進国ならではの非常に高度に多様化したライフスタイルにあります。 我々の構築した、先進的なライフスタイルはその予備力自体が大きな多様性を許容する土壌となって、 従来では考えられなったようなレベルの偏食や特異な生活スタイルを、 特に都心を中心に生みだすようになって来ました。
例えば、何時でも好きな時に好きなだけ、 自分が好む食事内容・飲料内容を購入できる現在の都心部の状況は、 長期的には、非常に極端な偏食状態を形成してしまう危険性をはらんでいます。 特に現在、独居で働いている成人に関しては、食育という概念が教育上希薄だった世代も多く、 気がつけば、若い身でありながら生活習慣病になったり、より極端な例においては、 脚気心などの代謝性障害による疾患によって救急搬送されたりする事が有ります。
また国家としてのゆとりは、例えば過剰すぎるトレーニングの時間を、 個人に許容する事が出来るようになり、 昨今の筋トレブームの中には過剰な肉体の酷使による、 相対的なビタミンB1欠乏による脚気心などの発生が危ぶまれる所が有ります。
本項では、脚気心を引き起こす可能性のある状況や脚気心の病態生理に関して、 また脚気心の予防などに関して記載しております。どうぞご参照くださいませ。


【脚気心が引き起こされ得る状況】
脚気心は、にんにく注射で補給される栄養素のビタミンB1が、 大きく欠乏する事で発生する高拍出性の心不全の事です。
このにんにく注射で補給する事が出来るビタミンB1は、 糖分の代謝に必須の補酵素なのですが、 人間の体で合成する事が出来ないので、 外部から摂取するしか確保する方法の無いものです。
つまりこの脚気心が本邦において引き起こされやすい典型的な状況とは、 甘味の強い清涼飲料水や炭水化物つまり糖質の比重の高い食事である、 インスタント食品・スナックフード・ファーストフード主体の極端な偏食が、 そのベースになり易い傾向が有ります。
糖質含有量が極端に高い食事で、かつビタミンB1が乏しい食事を慢性的に継続する事で、 糖質の代謝によってビタミンB1がどんどん代謝されるにも関わらず、 ビタミンB1が補給されないので、結果として極端なビタミンB1欠乏が発生し、 その結果、脚気心が引き起こされる事が有ります。
また激しい肉体の疲労もまたビタミンB1の需要が高まりますので、 連日の激しい筋肉トレーニングや肉体労働にも関わらず、 ビタミンB1の補給がされない状況においても同様に脚気心が引き起こされやすくなると言えます。
また最近よく耳にする極端なダイエット方法も見方を変えれば、 偏食と激しいトレーニングに他ならないので、これも脚気心を引き起こす可能性が想定されます。
なお欧米においては慢性的なアルコール中毒の患者にこうした脚気心が多いとされていますが、 本邦では上記の通り糖分過剰摂取をベースにした発症の傾向が強いと考えられています。


【脚気心の病態生理】
にんにく注射によって補給する事の出来るビタミンB1は、およそ3カ月以上の欠乏によって、 脚気心が引き起こされる可能性が高くなると言われています。
脚気心の病態生理においては、脚気心の発症機序はまず末梢血管抵抗の低下と、 心臓の高拍出状態が発生し、その結果、全身倦怠感を伴う頻脈/動悸・息切れが症状として始まります。 その状況が更に進行する事で、その結果右心不全が発症し、 全身の浮腫みや心拡大の発生に至ります。 末期においては末梢血管は収縮し、最終的には低心拍出性の心不全化します。
特に脚気心の劇症型である脚気衝心は急激な血圧低下、 乳酸アシドーシスの進行により心原生ショックが発生して数時間で死に至るようなケースも有り、 栄養摂取に配慮する事が如何に大切かを物語っています。


【脚気心の予防に】
日常の不摂生の先には脚気心のような恐ろしい疾患が待っている事がおわかりいただけたでしょうか?
しかしビタミンB1の体への取り込みには、調理上の損失分、 ならびに消化管からの吸収ロスがあるとされており、 なかなか忙しい日常生活の中で、食物から経口で摂取する事が難しい状況もあるかと存じます。
にんにく注射はその傑出した滋養強壮効果が独り歩きしがちな保険外医療行為ですが、 実の所、にんにく注射はこうしたとても重要だけど、 日常生活で吸収しにくい栄養素である、 ビタミンB1の効率的な摂取方法である事が元々のにんにく注射の本分になります。
にんにく注射などの経静脈投与で有れば、 調理上の損失分も消化管からの吸収ロスも関係ありません。
また、にんにく注射の場合はスーパーへ食材のお買いものに行く手間や、 調理する手間などの必要もなく、 ご来院するだけで、わずか数分でチャージする事が出来ます。
当 新宿ライフクリニックは朝10時から夜20時まで休憩無く、 休日も土日も新宿駅の目の前で毎日開業しています。 当院ではにんにく注射を良心的価格でご提供させて頂いております。
食生活の偏りの自覚のある方、休んでも休んでもだるさのとれない方、 これは脚気の初期症状かも知れません。 是非、内科専門医が投与する新宿ライフクリニックのにんにく注射をお試し下さいませ。


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠