ビタミンB1の注射と夏バテ対策の関係性



にんにく注射と夏バテ


【にんにく注射と夏バテ】
夏バテによる食欲低下や疲労感の改善に、にんにく注射がお役に立ちます。
夏といえば、子供にとっては非常にイベントの多い楽しい季節ですが、 大人にとっての夏は、毎年大量の人々が熱中症で搬送されるなど、 体に堪える厳しい季節でもありますね。
そんな夏のネガティブな問題の一つとして夏バテがあります。
夏バテは労働の気力も奪う、日常生活上の大きな問題とも言えますが、 そんな夏バテの対策には様々なものが有りますが、 夏バテによる諸症状の改善にはにんにく注射がおすすめです。
夏に摂取が低下しがちな必須栄養素を多分に内包した新宿ライフクリニックの 「プレミアにんにく注射」は夏バテ対策として当院が自信を持ってお勧めする にんにく注射の決定版です。


【夏バテとは?】
夏バテという言葉は実は正規の医学用語には該当せず、またこれに相当する類似の言葉もありません。
しかし夏バテは誰しもが経験した事がある非常にポピュラーな日常生活上の問題であり、 これによって業務効率が下がってしまったり、 せっかくの旅行が楽しくなくなってしまったりと、生活への被害が非常に大きいと言えます。
夏バテとは概念的には日本の夏の気候、 すなわち高温多湿な環境が原因となって発生する、 易疲労感(疲れやすいという事です。)、 倦怠感(だるさ)、 食欲低下、体重減少などの症状がそれに該当すると思われ、 社会通念的上もおおよそこれに合致すると思われます。
夏バテという言葉は民間の用語としてはその他、 「暑気あたり」なども同様な意味を示すようです。
夏バテという言葉は比較的近年のものと思われますが、 その概念自体は昔からあって、土用の丑の日にウナギを食べるという習慣は、 平賀源内が考案したもの等、諸説ありますが、 基本的には暑い夏を乗り切る為に滋養強壮に良いとされるウナギを食べるというもの、 つまり夏バテ対策だったようです。
この夏バテ対策的な意味合いでウナギを食べる習慣は、 安永・天明の頃、つまり1700年台後半からとの事ですが、 現代日本においてはウナギは超高級魚と言えます。 今の日本で国産・天然物のウナギなど夏バテを自覚する度に食べていたら、 もの凄い散財になってしまう可能性が有りますね。
しかしご安心下さい、現代にはにんにく注射のように安価でスピーディーな滋養強壮の手段があります。 それに、にんにく注射はウナギに比較しても圧倒的なビタミンB1含有量です。


【夏バテの原因の考察】
夏バテの原因を現代医学の目線で考察してみると、 その原因は昔よりも現代の方が複雑になって来ている可能性が浮彫になります。
医学的に想定される夏バテの原因としては、 ①高温多湿による脱水 ②多汗による電解質不足 ③高温多湿による夜間の不眠  ④空調による室内と屋外の寒暖の極端な差 ⑤食欲不振による慢性的栄養失調 などが考えられます。
それぞれの解釈に則って夏バテの改善、また予防的対策を考えると
①高温多湿による脱水に関して:こうした状況での脱水は発汗や不感蒸泄量の増加による、 体内の水分の不足なので、適切な水分補給が望ましいと思われます。 この場合、大切なのは喉があまり乾いてなくても、コンスタントに水分を補給する事と思われます。
②多汗による電解質不足に関して:人間の汗には多量の電解質が含まれているので、 多汗は体外への電解質の大きな流出とも言えます。 電解質の不足は熱中症を招く原因でもあるので、 適切な塩分などの電解質補給が非常に大切です。 その昔、佐渡の金山では、もちろん電解質という概念はなかったのですが、 高温環境下での塩分の摂取が作業を元気に続ける上で、 非常に大切である事が経験的に知られていて、 坑内での作業時に岩塩の塊を持っていったとの事です。
③高温多湿による夜間の不眠に関して:④にも係る話ですが、空調による体の冷やし過ぎも、 また夏バテの原因と思われるので、熱帯夜とは言え、空調の多用は避けた方が望ましく、 寝具・寝間着・風通しなど、睡眠に関連したデバイスの工夫が、 その対策上、望ましいと思われます。
④空調による室内と屋外との寒暖の極端な差に関して:この短時間で極端な寒暖の差は、 天然自然には存在しない非常に人工的な環境なので、 やはり肉体に対するストレスとして、悪影響を及ぼす可能性が高いと思われます。 特に夏バテの倦怠感などはこうした環境ストレスによる肉体の疲弊が関連している可能性は高く、 やはり空調も出来るだけ控えめの運用の方が望ましいと思われます。
⑤食欲不振による慢性的栄養失調:「夏バテで食欲がなくなり、そうめんしか暫らく食べてない」、 そんな状況が盛夏には折々に見られると思われますが、 こうした栄養摂取への配慮の低下が夏バテの増悪を招いてしまう可能性が大いにあります。 厳しい夏だからこそ、適切な栄養分の摂取がより必要と言えます。


【にんにく注射による夏バテ対策】
上記の⑤に栄養摂取への配慮の低下が夏バテの増悪を招きうると解説しましたが、 これは飽食なれど偏食傾向にある現代日本では、 折々に見られる状況とも言えます。 とくにそうめんなど夏場に好まれる食事の傾向として、 ビタミンなどの必須栄養素が比較的少ない事があり、 慢性的栄養失調から、さらなる倦怠感の増悪を招きかねません。
新宿ライフクリニックのにんにく注射はこうした必須栄養素を多分に内包しており、 夏場のスピーディかつリーズナブルな栄養補給に非常におすすめです。
またにんにく注射に内包されるビタミンB1は肉体の疲弊時における補給が推奨される、 滋養強壮を目的とした有効成分です。
土用の丑の日のウナギの話を上述しましたが、 実は元々ウナギはビタミンB群が豊富な食材であり、 そうした側面もあり、長年、ウナギが滋養強壮に良いとされてきた所があります。
しかしウナギは非常に高価なのでビタミンB群の摂取目的での定期購入は 難しいものがあります。
そこで新宿ライフクリニックのプロデュースするにんにく注射です。 ウナギよりも圧倒的に豊富なビタミンB1を内包するにんにく注射は、 ウナギを食べるよりも安価でかつ効果的な滋養強壮のための医療メソッドです。 夏バテ対策にはぴったりと言えます。
「土用の丑の日にはウナギではなく、にんにく注射を!」 21世紀の夏バテ対策習慣としていかがでしょうか?


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠